常永駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
常永駅*
駅舎(2006年1月)
駅舎(2006年1月)
じょうえい - Jōei
小井川 (1.4km)
(2.3km) 国母
所在地 山梨県中巨摩郡昭和町上河東922
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 身延線
キロ程 78.9km(富士起点)
電報略号 シエ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
343人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1928年昭和3年)3月30日
備考 無人駅
* 1938年に西条常永駅から改称

常永駅(じょうえいえき)は、山梨県中巨摩郡昭和町上河東にある、東海旅客鉄道(JR東海)身延線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。北側から駅舎、1番線、2番線の順番に並び、1番線に甲府方面の列車が、2番線に富士方面の列車が発着する。

ホームの小井川方の端のスロープを通り、1番線の線路を横切って駅舎に行く。安全のため線路の手前に構内踏切があり、遮断機と警報機がついている。

駅舎はコンクリート造りだが小ぶりで簡便なもの。内部には待合所のほかに小さな窓口も設けられているが無人駅であるのでシャッターが下りている。また、自動券売機等は設置されていないのでこの駅で切符を購入することは出来ないが、毎年8月7日市川三郷町神明の花火大会が開催される時に限ってこの窓口で乗車券を購入することができる。この駅舎は1999年平成11年)3月に出来たものでそれ以前には木造の駅舎があった。南甲府駅管理。

常永駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 身延線 下り 甲府方面[1]
2 身延線 上り 身延富士方面[1]

駅周辺[編集]

中巨摩郡昭和町にある駅だが駅の南西すぐに中央市との境界線が走っている。昭和町役場はこの駅と国母駅の中間付近にあるが、わずかながらこの駅からのほうが近い。

あたりには田畑が広がっているほか住宅も見られる。

バス路線[編集]

常永駅バス停は常永駅前ではなく、常永駅横の跨線橋にある。また、上河東四つ角バス停は常永駅から数分歩く必要がある。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
常永駅   56 国母小学校・千秋橋・甲府駅県立中央病院 敷島営業所 山梨交通
58 昭和町役場入口・飯豊橋南・甲府駅・一高前 敷島団地 山梨交通
  56・58   山梨大学医学部附属病院 山梨交通
上河東四つ角   53 国母小学校・千秋橋・甲府駅 県立中央病院 山交タウンコーチ
56 国母小学校・千秋橋・甲府駅・県立中央病院 敷島営業所 山梨交通
58 昭和町役場入口・飯豊橋南・甲府駅・一高前 敷島団地 山梨交通
  53 山の神入口・花輪・浅原・南湖小学校・青柳 鰍沢営業所 山交タウンコーチ
56・58   山梨大学医学部附属病院 山梨交通

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は以下の通りとなっている。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2006 323
2007 332
2008 358
2009 342
2010 354
2011 343

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
身延線
小井川駅 - 常永駅 - 国母駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]