北条町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北条町駅
Hojomachi Station Kasai Hyogo pref Japan01n.jpg
ほうじょうまち - Hojomachi
播磨横田 (2.2km)
所在地 兵庫県加西市北条町北条駅前町
所属事業者 北条鉄道
所属路線 北条線
キロ程 13.6km(粟生起点)
電報略号 ホテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1915年大正4年)3月3日

北条町駅(ほうじょうまちえき)は、兵庫県加西市北条町北条駅前町にある北条鉄道北条線。同線の終点であり、同市の代表駅である。

駅構造[編集]

片面ホーム1面1線を有する地上駅。東側に安全側線(留置線として利用)、西側に検修庫へ繋がる分岐線が敷設され、夜間滞泊も設定されている。駅入口に待合室がある。

北条鉄道の本社が併設されている有人駅であるが、定期券・回数券以外の一般旅客は基本的に車内での現金精算のため[1]、駅構内に自動券売機・自動改札の設備はなく、また駅員による改札業務もない。ATS設置済。男女別の水洗式便所が置かれている。以前は機回し線が敷設されていた。

駅舎は2階建てで、その1階には観光案内所が併設されており、玄関脇のエレベータータワーおよび外階段でアスティアかさいとペデストリアンデッキで接続されている。

移転前の駅構造[編集]

蒸気機関車C12時代[編集]

蒸気機関車C12が活躍していた当時は混合列車が運行されていた。客車オハ61 120が使用されていた。駅構内の線路配置は旅客・貨物を合わせて5線あった。旅客ホーム島式で1面2線で、旅客上屋はなかった。駅本屋側には貨物ホームがあり、1面1線で、貨物上屋があった。駅本屋の向こう側にも貨物ホームがあり、ここには農業倉庫が建ち並んでいて、農業倉庫と線路の間のホームの幅は、オート三輪が通れる幅があった[2]

バス路線[編集]

「アスティアかさい(北条町駅)」停留所(駅前広場)

「アスティアかさい(北条町駅)」停留所(駅前広場)

  • 高速バス(西日本ジェイアールバス神姫バス
  • 一般路線バス(神姫バス)
    • 野里駅姫路駅方面(61:山下・山田・花北経由、62:大貫・山田・花北経由)
    • 砥堀駅姫路駅方面(81:山下・山田・江鮒経由)
    • 細工所北口・宝殿駅高砂方面
    • 明楽寺・花の宮・大和方面(10:市立加西病院経由、12:加西病院経由せず)
    • 別府・社町駅・社・兵庫教育大学・嬉野台生涯教育センター方面
    • 61・62・81・(系統番号なし):加西市役所・北条営業所方面
  • 加西市コミュニティバス(受託:神姫バス)
    • 1・3・5:イオンモール加西北条方面
    • 1・3:高速北条BS前方面(イオンモール経由せず)
    • 2:加西市役所・市立加西病院方面
    • 4:加西市役所・市立加西病院・中富口・中富方面
    • 6:加西市役所・市立加西病院・フラワーセンター南門前・兵庫青野原病院方面
    • 7:イオンモール加西北条方面
    • 7:高速北条BS前方面(イオンモール経由せず)
    • 8:加西市役所・市立加西病院・健康福祉会館・別府・東国正方面

高速北条バスストップまで徒歩10分ほどである。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北条鉄道
北条線
播磨横田駅 - 北条町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 窓口へ営業時間内に申し出れば、補充券による乗車券を発行する。
  2. ^ 『シーナリィ・ガイド』(p42、p198)より。

参考文献[編集]

  • 河田耕一「農業倉庫」および「スケール運転をたのしもう」『シーナリィ・ガイド』機芸出版社、1974年
  • 山中章外「10年ひと昔,あの駅は今」『鉄道模型趣味』No.364 1978年9月号、機芸出版社
  • 吉岡壮「35年目のシーナリィガイド,25年目のシーナリィストラクチャーガイド」『鉄道模型趣味』No.703 2002年11月号、機芸出版社

関連項目[編集]