交響曲第97番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第97番ハ長調 Hob.I:97は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1792年の第1回ロンドン旅行の折りのために作曲した4楽章からなる交響曲で、最晩年の「ロンドン交響曲」の5つめの作品。全般的に和声進行や転調の創意とともに、安定感ある楽曲構成の巧みさが際立っている。 なお、第2楽章に当時としては珍しいal ponticelloの指定がある。

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2 Hr. 2 Timp. Vn.1
Ob. 2 Trp. 2 Vn.2
Cl. Va.
Fg. 2 Vc.
Cb.

構成[編集]

標準的な4楽章制による。

ハ長調 3/4拍子、序奏付きソナタ形式(提示部反復指定あり)。提示部、展開部、再現部、コーダが圧倒的なユニゾンを持つ第1主題で開始される。

ヘ長調 4/4拍子、変奏曲形式(主題と3つの変奏とコーダ)。主題は前後2部で出来ており、それぞれ反復されている。

ハ長調 3/4拍子、3部形式。この楽章は構成こそ反復記号付きのメヌエット楽章に準じているものの、通例の反復記号を一切持たないという特徴を持つ。

ハ長調 2/4拍子、ロンド・ソナタ形式。

外部リンク[編集]