ロンドソナタ形式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドソナタ形式(ロンドソナタけいしき)は、西洋音楽楽曲形式の一つ。大ロンド形式を発展させて、大ロンド形式の主部のBの調性を、ソナタ形式の第二主題と同じように第一主部では属調、平行調等に、再現主部では主調または同主調にしたものという。

大ロンド形式

A B A C A B A

ソナタ形式

提示部   展開部 再現部
第一主題 第二主題 第一主題 第二主題
主調 属調、平行調等   主調 主調、同主調

ロンドソナタ形式

第一主部 展開部 再現主部
A B A C A B A
主調 属調、平行調等 主調   主調 主調、同主調 主調

(第一主部、再現主部の呼称は普遍的なものではない。また、ロンドソナタ形式においては展開部の呼称は普遍的なものではない)

ロンド形式とソナタ形式の両方の性格を持ち合わせているため、古典派ソナタや、古典派ソナタに類似している交響曲、独奏協奏曲弦楽四重奏曲などの終楽章に多く見られる。

ロンドソナタ形式による著名な楽曲[編集]