交響曲第8番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲 第8番 ト長調『夕』Hob.I:8は、ヨーゼフ・ハイドン交響曲交響曲第6番ニ長調『朝』交響曲第7番ハ長調『昼』との3部作の最後の曲に当たる。 1761年ニコラウス・エステルハージ侯爵の下に副楽長としてつかえることになった作曲者は、侯爵から三部作の作曲を依頼された。そこでハイドンは名手揃いの新しい楽団の技量を生かすためにあらゆる楽器にソロを与え、三部作は交響曲というよりバロック音楽的な合奏協奏曲の形をとることになった。


編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

前2曲に比べて協奏的な性格は少ないが、3/8拍子をとった、すっきりとしたソナタ。再現部は提示部より省略されている。

第2楽章 Andante[編集]

ハ長調。2本のヴァイオリンで、美しく、親しみやすい旋律が奏され、独奏チェロとファゴットがそれに続く。

第3楽章 Menuet[編集]

メヌエットトリオ。前2曲に続き、トリオでは独奏コントラバスが旋律楽器として扱われるが、ここでは伴奏が弦だけであり、無伴奏の箇所もあり、広い音域が使われ、よりソロ楽器としての性格が強い。

第4楽章 La tempesta,Presto[編集]

「嵐」と記され、オクターブの跳躍音型や鋭いリズムにより嵐の吹き抜ける様が描写されている。