交響曲第59番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲 第59番 イ長調(こうきょうきょく だい ごじゅうきゅうばん イ ちょうちょう)は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲した交響曲ホーボーケン番号は Hob.I: 59。「火事」(かじ、:Il fuoco、:Fire Symphony)の通称で知られる。


成立年代[編集]

ホーボーケン番号において、見当違いの大失態から進んだ番号が付けられた数少ない例の一つで、実際には1760年代後半の作品(同様の判断ミスの例としては、初期作品に進んだ番号を付けた『交響曲 第72番』や、熟年の作品にやや若い番号を付けた『交響曲 第61番』がある)。1769年以前の作品と見なされており、おそらく1767年に作曲され、遅くとも翌年には完成を見た。したがって、いわゆる「疾風怒濤期の交響曲」に属する一つとなっている。

楽器編成[編集]

オーボエ x 2、ファゴット x 1、ホルン x 2、チェンバロ弦楽五部

構成[編集]

  1. Presto. ソナタ形式イ長調
  2. Andante o più tosto Allegretto. イ短調ハ長調
  3. メヌエットとトリオ。イ長調。
  4. Finale: Allegro assai. イ長調。

通称の由来[編集]

通称の「火事」は、この作品の燃え立つように情熱的な情緒、なかでもプレスト楽章の威勢の良さや、短いながらも忙しいばかりの終楽章などを言い得て妙。その初出は後にウィーンで成立した筆写譜である。終楽章ではホルンファンファーレが目立っており、『交響曲第103番』に見られる同じような様式に先立つ例となっている。これら両端楽章の勇壮な情緒を、1774年にエステルハージで上演されたグスタフ・グロスマンの戯曲と関連づける見方もあるが、1769年に作成された自筆史料の存在から、その説を鵜呑みにすることは出来ない。

参考資料[編集]

  • Haydn : Symphony #59/ #39/ #45 "Farewell" [Sony Classical: SMK 64242]
  • Haydn : The "Sturm & Drang" Symphonies ; VOL.1 "Fire" [ARCHIV: 427 881-2]

外部リンク[編集]