交響曲第72番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第72番ニ長調 Hob.I:72は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲した交響曲

概要[編集]

進んだ番号が付されたにもかかわらず、現在では、実際1764年前後の作品と推定されている。 編成、構成共に交響曲第31番ニ長調『ホルン信号』と酷似しており、2曲とも同じ時期に、エステルハージの楽団のホルン奏者の技巧を誇示するために書かれたとされる。ただしこの曲の方が先に書かれたとされる。

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット1、ホルン4、ティンパニー弦五部。 ティンパニーのパートは後から加えられた。

楽章編成[編集]

第1楽章 Allegro[編集]

ホルンのパートは第1奏者から第4奏者までが対等に扱われており、高音や急速なパッセージで掛け合い、難易度が高い。

第2楽章 Andante[編集]

ホルンは休止し、独奏フルートと独奏ヴァイオリンが掛け合う。

第3楽章 Menuetto-Trio[編集]

再びホルンが活躍する。トリオは弦楽器が休止し、管楽器のアンサンブルとなる。

第4楽章 Finale.Theme and Variations(Andante)-Presto[編集]

八分音符の刻むような音型を主体とした主題と、6つの変奏、急速なコーダからなる。第4変奏までは、弦楽器の伴奏にそれぞれフルート、チェロ、ヴァイオリン、コントラバスが独奏楽器として歌い、第5変奏はオーボエ、ホルンを加え、第6変奏でフルートを加えた全合奏となり、半終止の後、プレストのコーダに突入する。