交響曲第84番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第84番 変ホ長調 Hob.I-84は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲した6曲からなるパリ交響曲の第4曲目。

概要[編集]

パリの新しいオーケストラのコンセール・ド・ラ・オランピックからの委嘱により作曲された交響曲で、パリ交響曲の中では演奏されることが少ないが、ハイドン独自の創意と魅力に溢れた佳作となっている。

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約25分。

第1楽章 ラルゴ - アレグロ

ラルゴの導入部を持つソナタ形式の楽章。主部のアレグロ(2分の2拍子)は同じくソナタ形式。

第2楽章 アンダンテ

主題と4つの変奏からなる楽章。

第3楽章 メヌエット.アレグレット - トリオ

アレグレットのメヌエット楽章。メヌエット主題である16分音符と付点8分音符のリズムは、スコットランドシンコペーションである。

4楽章 フィナーレ.ヴィヴァーチェ

単一主題的な楽想によって構成されたヴィヴァーチェのフィナーレ楽章。推進力に溢れ、精細に富んでいる。

外部リンク[編集]