三河楠駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三河楠駅
廃止後の三河楠駅(2007年)
廃止後の三河楠駅(2007年)
みかわくす - MIKAWA KUSU
三河平坂 (1.1km)
(2.0km) 寺津
所在地 愛知県西尾市楠村町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称海線)
キロ程 24.4km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
84人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1926年(大正15年)9月1日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日

三河楠駅(みかわくすえき)は、かつて愛知県西尾市楠村町にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

駅の構造[編集]

ホーム1面1線の停留場であった。昔あったと思われる交換設備の跡や、貨物用ホームが残っていた。駅南には県道を跨ぐ高架橋があった。なお、この高架橋については、寺津駅の頁で詳しく述べる。

配線図[編集]

三河楠駅 構内配線略図

碧南方面
三河楠駅 構内配線略図
吉良吉田方面
凡例
出典:[1]



利用状況[編集]

愛知県の統計によれば、2003年度の乗車人員は1日平均84人であった。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
三河平坂駅 - 三河楠駅 - 寺津駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」

関連項目[編集]