三河御船駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三河御船駅
旧三河御船駅ホーム(2004年3月)
旧三河御船駅ホーム(2004年3月)
みかわみふね - MIKAWA MIFUNE
猿投 (1.5km)
(3.0km) 枝下
所在地 愛知県豊田市御船町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称山線)
キロ程 22.8km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
128人/日
-2002年-
開業年月日 1927年(昭和2年)8月26日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日

三河御船駅(みかわみふねえき)は、かつて愛知県豊田市にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

駅構造[編集]

ホーム1面1線の無人駅。山線の廃止区間の中では最も早く無人化されている。かつては豊田市運動公園の最寄り駅で、豊田マラソンなどのイベント開催時には賑わいを見せることもあった。その際は駅員が臨時に出張し、出札業務を行っていた。ただし、駅舎はないので机を持ち込んでの出札業務であった。

現在は駅前が広場となっている。ホームは立入禁止となっている。

配線図[編集]

三河御船駅 構内配線略図

西中金方面
三河御船駅 構内配線略図
猿投駅
凡例
出典:[1]


利用状況[編集]

豊田市の統計によれば、2002年度の一日平均乗降客数は128人であった。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
枝下駅 - 三河御船駅 - 猿投駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」

関連項目[編集]