土橋駅 (愛知県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土橋駅
北口 (2012年8月)
北口 (2012年8月)
つちはし - TSUCHIHASHI
上挙母 (2.8km)
(2.6km) 竹村
所在地 愛知県豊田市土橋町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称山線)
キロ程 11.1km(知立起点)
駅構造 橋上駅
ホーム 複式 2面3線
乗降人員
-統計年度-
5,435人/日
-2009年-
開業年月日 1920年(大正9年)7月5日

土橋駅(つちはしえき)は愛知県豊田市土橋町にある、名鉄三河線である。

駅構造[編集]

島式・単式の複合型2面3線の橋上駅で、2010年3月27日に当駅の橋上駅舎化が完了した。豊田市方面行ホームが島式となっている。駅員も終日配置されている。ホームセンサーは2・3番線に設置、1番線は設置していない。

橋上駅舎化に伴い、東側から西側へ1番線、2番線と付番されていたものが、西側から東側へと変更された。また、各番線ともにホームの知立方に上屋が延伸されたほか、バリアフリー化対応に伴う嵩上げも行われた。2010年までは、上りは上屋の設置・嵩上げが完了していなかったが、2011年に完了した。上りの増線(4番線新設による2面4線化)が可能な構造になっている。各ホームと改札外にエレベーターと階段が設置されている。また、改札外は、東側と西側の2ヶ所にエスカレーターと階段が並んで設置されている。

構内西側には豊田線用の100系を留置する留置線が3本存在する。早朝には前日深夜に当駅に留置された車両を用いて、当駅1番線始発の電車が設定されている。ダイヤ上では土橋駅発豊田市行として運転し、豊田市駅到着後に上小田井方面行として延長運転する形をとる。また、深夜に豊田市駅から土橋駅に留置するために運転される電車は客扱いをせず回送電車で運転される。なお、昼間の時間帯でも100系が留置されていることがあり、この場合にも豊田市駅 - 土橋駅間は客扱いを行わず回送電車で運行される(一応100系には普通 土橋行の方向幕は入っている)。

のりば
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 三河線 下り 豊田市猿投方面 6両長
2 三河線 下り 豊田市・猿投方面 6両長
3 三河線 上り 知立方面 4両長

配線図[編集]

土橋駅 構内配線略図

豊田市・
猿投方面
土橋駅 構内配線略図
知立方面
凡例
出典:[1]



バス路線[編集]

土橋駅(南口) - 三河豊田駅 - トヨタ町 - トヨタ記念病院を結ぶ路線。

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

豊田市統計書によると、当駅の一日平均乗降客数は以下の通り推移している。

  • 2004年度 5,380人
  • 2005年度 5,585人
  • 2006年度 5,567人
  • 2007年度 5,615人
  • 2008年度 5,805人
  • 2009年度 5,435人

名鉄三河線の駅では、知立駅豊田市駅刈谷駅の次に利用者が多い。

歴史[編集]

旧駅舎

隣の駅[編集]

名鉄
三河線
上挙母駅 - 土橋駅 - 竹村駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」

関連項目[編集]