とよたおいでんバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とよたおいでんバス(日野ポンチョ:名鉄バス)
とよたおいでんバス(日野レインボーII:豊栄交通)
とよたおいでんバス(日野ブルーリボンシティハイブリッド:名鉄バス)

とよたおいでんバスは、愛知県豊田市の市内を走るコミュニティバスである。

概略[編集]

豊田市の豊田市公共交通基本計画に基づき、2007年11月1日に名鉄バス渋谷線・旭バス稲武バスの3者を再編・引き継いで発足した基幹バス。豊田市駅から旭地区・稲武地区の内外を結ぶ。名称は市民の公募によるもので(おいでんとは三河地区の方言でいらっしゃい)、車両は水戸岡鋭治+ドーンデザイン研究所が手がけた白とオレンジ色の日野・ポンチョ日野・レインボーIIが導入されている。 又、2009年4月1日の改正で日野・ブルーリボンシティハイブリッドが小原・豊田線に2台、下山・豊田線に1台、2010年には豊田東環状線に8台、2011年4月には4台導入された。

なお、一部路線は豊田市が実施している「とよたエコポイント制度」の付与対象となっており、該当路線のバス車内にはICカードリーダーが設置されている。Felica規格のICカードをタッチすることでポイントが蓄積される[1]

現在運行されている路線[編集]

1藤岡・豊田線(加納経由)[編集]

主な停留所:豊田市・医療センター・豊田高校南・亀首金山・加納・深見・飯野・藤岡支所

2小原・豊田線[編集]

主な停留所:豊田市・四郷・西中山・飯野・加茂丘高校前・小原大草・上仁木

2藤岡・豊田線(西中山経由)[編集]

  • 名鉄バスの藤岡線を引き継いだ路線。豊田市駅から藤岡中学校前までの間を結ぶ。
  • 途中の木瀬口まで小原・豊田線と同じ系統を走る。
  • レインボーIIで運行。
主な停留所:豊田市・四郷・西中山・飯野・加茂丘高校前・藤岡中学校前

5旭・豊田線[編集]

  • 旭バスの旭・藤岡線の一部区間を引き継いだ路線。豊田市駅から小渡までの間を結ぶ。
  • 2010年10月より、東山町五丁目経由から平井町経由へ変更になり、東山町五丁目方面へ向かうバスは「豊田・渋谷線」となった。
  • レインボーIIで運行。
主な停留所:豊田市豊田スタジアム東・平井町・勘八・広瀬・上川口・笹戸・小渡

6旭・足助線[編集]

  • 旭バスの旭・足助線の一部区間を引き継いだ路線。小渡から足助病院までの間を結ぶ。
  • 2011年4月より新盛から足助病院まで延伸した。
  • エコポイント付与制度の対象外で、乗車してもエコポイントは付与されない[1]
主な停留所:小渡・杉本・新盛・玉野・萩野小学校・香嵐渓足助病院

7稲武・足助線[編集]

  • 稲武バスの稲武・足助線を引き継いだ路線。稲武から足助病院までの間を結ぶ。
  • エコポイント付与制度の対象外で、乗車してもエコポイントは付与されない[1]
主な停留所:稲武・どんぐりの湯・伊勢神・新盛・足助・香嵐渓・足助病院

8さなげ・足助線[編集]

  • 旧来はさなげ足助バスとして運転された区間。
  • 2008年1月より豊田厚生病院(旧・加茂病院)の浄水移転に伴い、四郷駅から浄水駅へ延伸した。
  • 更に2009年4月1日より、浄水駅から豊田厚生病院へ延伸した。
  • なお、11月の紅葉期に香嵐渓の渋滞問題が発生する(さなげ足助バス#香嵐渓渋滞問題を参照)。
  • エコポイント付与制度の対象外で、乗車してもエコポイントは付与されない[1]
  • 日野ポンチョ、日野リエッセで運行

10下山・豊田線[編集]

  • 名鉄バスの九久平線の一部区間を引き継いだ路線。豊田市駅から大沼までの間を結ぶ。
  • 名鉄バスが運輸局に提出した廃止区間は九久平~大沼間であったが、名鉄バス時代と同じく豊田市駅発着となっている。豊田市~新双竜橋北(九久平)間は名鉄バス九久平線(豊田市⇔中垣内系統)と競合区間であるため、おいでんバス他路線で導入している乗車距離制運賃ではなく前述の区間内では名鉄バス運賃体系が採用されている。そのため、豊田市~新双竜橋北(九久平)間のみ特例として名鉄バスmanaca定期券で乗車することができるが、競合区間内であっても名鉄バスカード、manaca(定期券除く)、得々パスなどは使用不可能である。
  • 日野・ブルーリボンシティハイブリッドレインボーIIで運行。
主な停留所:豊田市・神池町・松平橋・松平郷・切二木・大沼

21保見・豊田線[編集]

主な停留所:浄水駅~乙部団地・保見団地~浄水駅(循環系統)・豊田市・伊保原団地・浄水駅

22中心市街地玄関口バス[編集]

  • 市中心部の公共機関等2Kmを循環する路線。
  • 日野ポンチョで運行。
主な停留所:豊田市駅西口・市役所・広路町(イオン豊田店前)・税務署南

23豊田東環状線[編集]

2012年秋まで豊田東環状線で運行されたFCHV-BUS
  • 2010年10月1日から新設。
  • 旧名鉄バス豊田東市内線の豊田市 - 五ヶ丘ニュータウン間の運行路線の一部変更、三河豊田駅前へ延長の上、引き継いだ路線。
主な停留所:三河豊田駅前トヨタ記念病院、五ヶ丘団地、広川町11丁目、豊田市
  • おいでんバス運賃を基本とするが、豊田市(喜多町4丁目を含む)発着で利用する場合、途中の美里1丁目から宝来町4丁目の区間では名鉄バス豊田東市内線(古瀬間町線)、泉町までの区間では名鉄バス九久平線、おいでんバス下山・豊田線と競合しているので遠方安改善設定のうえ、名鉄バスの運賃が採用されている。なお、前述の美里1丁目から宝来町4丁目の区間内で乗降車の場合も名鉄バス運賃となる。
  • 全車日野・ブルーリボンシティハイブリッドでの運行。但し、検査等による運用変更時には名鉄バス豊田営業所のレインボーIIブルーリボンIIにて運行される。
  • 2012年11月まで燃料電池バスが一ヶ月に一週間程度、昼間に運行されていた。

24土橋・トヨタ記念病院線[編集]

  • 2010年10月1日から新設。
  • 旧豊栄交通トヨタ本社線を路線延長する形で引き継いだ路線。
  • 日野リエッセ天然ガス車が2011年4月より運行している。
  • 日野リエッセ、日野ポンチョで運行。
主な停留所:土橋駅三河豊田駅前トヨタ記念病院

25豊田・渋谷線[編集]

  • 名鉄バスの豊田・渋谷線を引き継いだ路線。豊田市駅から市木・双美地区までの間を結ぶ。東山町五丁目止まりのバスも運行している。
  • 2010年10月より、旭・豊田線の経路変更に伴い誕生した。
  • レインボーIIで運行。
主な停留所:豊田市・豊田スタジアム東・東山町五丁目・市木小学校前

26上郷・若林線[編集]

  • 2011年10月1日から新設。
  • 愛知環状鉄道三河上郷駅から名鉄若林駅を結ぶ路線。
主な停留所:三河上郷駅・南豊田病院前・平池・若林駅

過去に運行されていた路線[編集]

3川口・飯野線[編集]

  • 旭バスの旭・藤岡線の一部区間を引き継いだ路線。藤岡支所前から加茂橋下間までの間を結ぶ。
  • 2009年4月より飯野経由から藤岡中学校前経由へ変更になった。
  • 2010年4月より上川口から加茂橋下まで延伸した。
  • エコポイント付与制度の対象外路線である[1]
  • 2012年4月より、藤岡地域バス「ふじバス」へ移管。
主な停留所:藤岡支所藤岡中学校前・加茂丘高校前・上川口・加茂橋下

運賃[編集]

  • 名鉄バス競合区間(下山・豊田線と豊田東環状線の一部区間)以外は、乗車する距離に応じて100円単位。最低運賃は100円、最高運賃は700円。
  • 小人、身体障害者は、半額。
  • 50円券・100円券・200円券・300円券の11枚綴り回数券(1割還元)がある。
  • 定期券も発売されている。
  • 名鉄バスのバスカードやトランパスおよびICカード乗車券「manaca」や「TOICA」などは利用できない。

運行会社[編集]

  • 名鉄バス:旭・豊田線、小原・豊田線、藤岡・豊田線(西中山経由)、保見・豊田線、豊田東環状線
  • 豊栄交通:下山・豊田線、藤岡・豊田線(加納経由)、稲武・足助線、さなげ・足助線、土橋・トヨタ記念病院線、中心地市街地玄関口バス
  • オーワ:川口・飯野線、旭・新盛線、上郷・若林線

その他[編集]

車両の定期検査時などの際には、運行会社の車両にマグネットを取り付け運行される。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e とよたエコライフ倶楽部 とよたエコポイント制度 豊田市 2011年3月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]