三河一色駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三河一色駅
旧三河一色駅舎(2004年)
旧三河一色駅舎(2004年)
みかわいしき - MIKAWA ISHIKI
西一色 (1.5km)
(2.0km) 松木島
所在地 愛知県幡豆郡一色町
(現、西尾市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線(通称海線)
キロ程 30.2km(知立起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
168人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1926年(大正15年)9月1日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日

三河一色駅(みかわいしきえき)は、かつて愛知県幡豆郡一色町(現、西尾市一色町)前野にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

駅の構造[編集]

晩年はホーム1面1線の停留場であったが、1984年まではホーム島式1面2線で列車の行き違いが可能であった。また最盛期には貨物側線が2本あった。駅舎はコンクリート製で、廃駅後は数年間代替バスであるふれんどバスの事務所として使われていたが、2008年に解体された。1984年4月1日付けで名鉄の駅員の配置はなくなったが、2003年7月31日までは名鉄東部観光による管理委託駅で、切符を販売していた。

配線図[編集]

三河一色駅 構内配線略図

碧南方面
三河一色駅 構内配線略図
吉良吉田方面
凡例
出典:[1]



利用状況[編集]

愛知県の統計によれば、2003年度の乗車人員は1日平均168人であった。

駅周辺[編集]

  • 西尾市役所一色支所
  • 一色町公民館

バス路線[編集]

歴史[編集]

ホームより碧南方面を望む。ホーム右側には貨物側線跡がある。(2004年撮影)

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
三河線(廃止区間)
西一色駅 - 三河一色駅 - 松木島駅

脚注[編集]

  1. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」

関連項目[編集]