一色町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一色町
廃止日 2011年4月1日
廃止理由 編入合併
一色町幡豆町吉良町西尾市
現在の自治体 西尾市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
幡豆郡
団体コード 23481-8
面積 22.53km².
総人口 23,775
推計人口、2010年2月1日)
隣接自治体 西尾市吉良町
町の木 クロマツ
町の花 カーネーション
一色町役場
所在地 444-0492
愛知県幡豆郡一色町大字一色字伊那跨61
外部リンク 一色町公式サイト

一色町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

一色町(いっしきちょう)は、愛知県の中南部にあった町。2011年4月1日に西尾市に編入された。 カーネーション生産やウナギ養殖で知られる。

地理[編集]

三河湾に面しており、三河湾内の佐久島も町域に含む。矢作川三角州先端部の干拓地上にあるため、町全体が低平地。矢作川は1605年に開削された流路により西尾市碧南市の境から流れ出ているが、それ以前は一色町と東の吉良町との境に下流部があった。かつての本流は現在は矢作古川と呼ばれる。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

中世には足利氏の支族・一色氏が本拠を置いた。江戸時代、町域の大部分は西尾藩の所領であった。大塚村、松木島村、佐久島村は大多喜藩領であり、千間村、生田村、酒手島村は松平筑後守領であった。

沿革[編集]

行政[編集]

  • 町長:都築譲(つづき ゆずる、2006年2月18日 - 2011年3月31日)

経済[編集]

産業[編集]

大消費地名古屋市を背景にした近郊農業地域で、野菜や花卉の生産が中心。カーネーション生産は市町村別生産額でトップクラス(2001年度に全国一)を誇る。

漁業はウナギ、カキノリなどの養殖漁業を主とする。ウナギ養殖は1904年以来行われていたが、1959年伊勢湾台風で大被害を受けた際、海岸近くの田畑を養鰻池に転換して以降発展し、1983年からは市町村別生産量日本一を続けている。年に6,000トン前後を生産し、これは日本全体の約4分の1に相当する。底引網漁も行われており、えびせんべいをはじめとする水産加工、漁網製造など、漁業関連工業も盛ん。

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

教育・保育[編集]

保育園

  • 一色町立生田保育園
  • 一色町立一色保育園
  • 一色町立東部保育園
  • 一色町立中部保育園
  • 一色町立西部保育園
  • 一色町立南部保育園
  • 一色町立佐久島保育園

幼稚園

  • はずみやこ幼稚園(学校法人青山学園)

小学校

  • 一色町立東部小学校
  • 一色町立中部小学校
  • 一色町立西部小学校
  • 一色町立南部小学校
  • 一色町立佐久島小学校

中学校

  • 一色町立一色中学校
  • 一色町立佐久島中学校

高等学校

郵便局[編集]

  • 一色郵便局(集配局・取扱局番号:21041)
  • 西一色郵便局(無集配局・21608)
  • 松木島郵便局(無集配局・21317)
  • 佐久島郵便局(無集配局・21142)

警察署[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • ふれんどバス
    • 名鉄三河線の区間の廃止に伴う代替輸送機関として、一色町を含む旧沿線自治体が名鉄バス東部に委託する形で運行されている。碧南駅吉良吉田駅、吉良高校を結び、町内には一色高校西、味浜西、大宝橋、一色町公民館東、松木島の5停留所が置かれている。
  • 名鉄東部交通バス
    • 西尾駅方面と結ぶ「一色線」があり、一色さかな広場・佐久島行船のりば〜三河一色〜一色大宝橋〜一色中町〜満国寺前を経て、西尾駅、西尾市民病院前に至る。(便により総合体育館・西尾東高前に至るもの、西尾駅、三河一色止まりのものがある。)自治体が運行補助金を拠出し路線を維持している。名鉄三河線廃止前にもこの系統は運行されており、当時の終点は三河一色駅前だった。
    • 一色町内を通るバス路線では唯一、トランパスが利用可能であった。manacaは利用できない。

道路[編集]

船舶[編集]

  • 佐久島行き町営連絡船
    • 通常期ダイヤは2時間ごとに計6往復運行されるが、7月20日~8月20日の夏期特別ダイヤは8〜10往復に増便される。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

諏訪神社の提灯
  • 佐久島
  • 一色さかな広場
  • 大提灯祭り
    • 例年8月26・27日に諏訪神社で開催される。直径約3.6〜5.6メートル、高さ5.9〜10メートルの大提灯が6組12張吊される。海の平穏と豊漁を願って1564年頃始まったとされるが、当初は篝火であり100年ほど後に提灯に変わった。年を経るごとに奉納する6組が大きさを競うようになり、今のような大きさになった。県の有形民俗文化財に指定されている。なお、最も大きな提灯のレプリカが一色学びの館で常設展示されている。
  • YOMISE ウキウキ通り - 毎年7月の最終土曜日に行われる商店街のお祭り

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]