万事快調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
万事快調
Tout va bien
監督 ジガ・ヴェルトフ集団
ジャン=リュック・ゴダール
ジャン=ピエール・ゴラン
脚本 ジガ・ヴェルトフ集団
(ジャン=リュック・ゴダール
ジャン=ピエール・ゴラン)
製作総指揮 ジャン=ピエール・ラッサム
出演者 イヴ・モンタン
ジェーン・フォンダ
撮影 アルマン・マルコ
編集 クヌー・ペルティエ
クローディーヌ・メルリン
製作会社 アヌーシュカ・フィルム
ヴィコ・フィルム
アンピール・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーカーズ・フィルム
日本の旗 広瀬プロダクション[1]
公開 フランスの旗 1972年4月28日
イタリアの旗 1972年11月30日
日本の旗 1996年7月20日[1]
上映時間 95分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

万事快調』(ばんじかいちょう、仏語 Tout va bien)は、映画監督ジャン=リュック・ゴダールジャン=ピエール・ゴランが「ジガ・ヴェルトフ集団」の名のもとに、1972年(昭和47年)に共同監督した映画である。

概要[編集]

1968年(昭和44年)、ゴダールの「商業映画との決別宣言」以降に結成し、9本の映画を製作した「ジガ・ヴェルトフ集団」の8本目の作品である。フランスの良心的左翼、スター歌手で俳優のイヴ・モンタン、アメリカのジョン・フォード映画のスター俳優ヘンリー・フォンダ令嬢で、国際的スター女優のジェーン・フォンダを「政治的戦略」として起用した[1]。共演にルイ・マル監督の『地下鉄のザジ』(1960年)やイタリアのパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督の『女性上位時代』(1968年)のヴィットーリオ・カプリオーリ、当時のゴダールの妻で「ジガ・ヴェルトフ集団」と行動をともにしたアンヌ・ヴィアゼムスキー[1]

フランスの二大映画資本ゴーモンパテからジャン=ピエール・ラッサムが出資を引き出し、4年ぶりで劇場用映画をゴダールは撮ったが、このあとゴランとともに「ジガ・ヴェルトフ集団」最後の作品『ジェーンへの手紙』(1972年)を製作して、同集団を解散、ヴィアゼムスキーとも別離した[1]

スチルカメラマンとして本作の製作に参加したアンヌ=マリー・ミエヴィルとともに、パリを離れ、グルノーブルへと移住、ビデオ作品を製作する「ソニマージュ」を設立する。その後、1979年(昭和54年)に『勝手に逃げろ/人生』で「映画大陸に帰還」するまで、さらに7年間、ゴダールは再び商業映画から遠ざかる[1]

本作は、ニューヨーク映画祭に出品され、同年10月10日に上映された後、翌1973年(昭和48年)6月の第23回ベルリン国際映画祭に出品され、ニューシネマ・フォーラム部門で「インターフィルム賞」をゴダールとゴランが受賞している。日本では長い間未公開作品であったが、1996年(平成8年)7月20日に劇場公開された[1]

ストーリー[編集]

アメリカのラジオ局からフランスに派遣された特派員のスーザン(ジェーン・フォンダ)は、夫で映画監督のジャック(イヴ・モンタン)をともない、フランスのとある都市の食肉工場へ、社長(ヴィットーリオ・カプリオーリ)インタヴューに赴く。同社では、当日の朝から無期限ストに突入、一部過激派の労働者が社長を監禁、スーザンとジャックも社長とともに社長室から出られなくなる。

同社の組合代表(ジャン・ピニョル)は、同社にまぎれこむ、女闘士(アンヌ・ヴィアゼムスキー)を含む極左過激派らの過激な闘争を批判、労働者に解散を呼びかける。労働者たちは、組合代表の指導を無視し、闘争をつづける。スーザンたちは社長に愛想を尽かし、労働者たちに労働条件についての取材を行なう。軍が導入され、社長は5日ぶりで開放される。

ジャックは、ゴダールがそうであったように、1968年5月の「五月革命」以降、商業映画を拒絶、コマーシャル・フィルムの演出で稼ぎ、政治映画の構想を立てている。スーザンの工場取材のレポートはラジオ局が没にした。夫婦仲は険悪、スーザンはジャックと口論になる。ジャックは今回の経験をもとに、政治映画を夢想する。スーパー・マーケットでの商品と客の解放を描き、映画は唐突に終了する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g キネマ旬報映画データベース内の「万事快調」の項の記述を参照。

外部リンク[編集]