ピエール・ブロンベルジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピエール・ブロンベルジェ(-ブローンベルジェとも、Pierre Braunberger1905年7月29日 - 1990年11月17日)は、フランス映画プロデューサー俳優

来歴・人物[編集]

1905年7月29日、フランスパリの医者の家庭に生まれる。

7歳のときに、父親とおなじ生業、つまり医者を継がないことをすでに決定されていた。ゴーモン劇場 (Gaumont Théâtre) で映画『ファントマ』のあるエピソードを観ているときに、映画館で働くことを決意する。

第一次世界大戦後、まだ15歳になったばかりであったが、彼の最初の映画作品 Francfort-sur-le-Main をプロデューサー兼監督としてドイツで撮影した。ベルリンへつづけて冒険に旅立ち、ロンドンへはブロックリスに働きに出た。

1923年アメリカニューヨークへ旅立ち、20世紀フォックス社で数週間働き、次に製作責任者として過ごす。フェルディナンド・H・アダムのところへ入り、俳優フランク・メリル(英語版)の映画を何本か監督した。ロサンゼルスでの撮影の間、アーヴィング・タルバーグのアシスタントの一人として、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーと契約した。彼は当地に18か月間留まり、当時最大の映画監督たちと接触し、その関係を定着させることができた。

フランスで演出や製作をすることを望み、パリに戻ってジャン・ルノワールと知己を得て、彼とともに『水の娘』(la Fille de l'eau)、『女優ナナ』(Nana)、『のらくら兵』(Tire-au-flanc) を撮る。

1929年、レ・プロデュクション・ピエール・ブロンベルジェ社および Néofilms社を設立、同社初のフランス語トーキー映画、ロバート・フローリー監督(英語版)La route est belle を製作。

1930年、映画館「シネマ・デュ・パンテオン(仏語版)」の責任者となり、以後60年間に渡りそれを続ける。ホールを修繕し、450席を設けてウェスタン・エレクトリック社製の音響システムを設置した。字幕スーパーがまだ発明されないのに対して、ブロンベルジェは原版で外国映画を流した最初の人物である。

その1年後、映画製作のために、映画監督ロジェ・リシュベー(仏語版)と組み「ブロンベルジェ=リシュベー事業所」を設立。ロバート・フローリー監督のLe Blanc et le Noirジャン・ルノワール監督の『牝犬』(la Chienne)、マルク・アレグレ監督のLa Petite ChocolatièreFanny など、いくつかの映画が生まれた。

1933年、28歳になり、単独で続けることを決意。「ビヤンクール撮影所(仏語版)」を新たに取得、同撮影所はのちの「パリ・ステュディオ・シネマ」である。

第二次世界大戦末、ゲシュタポ地方支署を撮影スタジオ「ステュディオ・ルモン」に改装、その場所がジャン=ピエール・メルヴィルジャン=リュック・ゴダールアラン・レネといったヌーヴェルヴァーグの新しい才能を彼に発見させた。

1966年第16回ベルリン国際映画祭の審査委員長を務める。

1990年11月17日、死去。

フィルモグラフィ[編集]

1920年代 - 1940年代

1950年代

  • Toulouse-Lautrec (1950年)
  • Histoire des pin-up girls (1950年、マルセル・ジボー監督)短編
  • ゲルニカ Guernica (1950年、アラン・レネ監督)短編
  • Gauguin (1950年、アラン・レネ監督)短編
  • Le Tampon du capiston (1950年、モーリス・ラブロ監督)
  • Station mondaine (1951年、マルセル・ジボー監督)短編
  • Palais royal (1951年、ジャン・ブランジェ監督)
  • La Course de taureaux (1951年、ピエール・ブロンベルジェ監督)ドキュメンタリー
  • Le Dictionnaire des pin-up girls (1951年、マルセル・ジボー監督)
  • L'Art du haut-rhénan (1951年、マルセル・ジボー監督)短編
  • Bertrand cœur de lion (1951年、ロベール・デリ監督)
  • En quête de Marie (1952年、マルセル・ジボー監督)短編
  • Avec André Gide (1952年、マルク・アレグレ監督)
  • Le Crime du Bouif (1952年、アンドレ・セルフ監督)
  • Jocelyn (1952年、ジャック・ド・カザンブロ監督)
  • Chagall (1953年)
  • Julietta (1953年、マルク・アレグレ監督)
  • Croissance de Paris (1954年、マルセル・ジボー監督)短編
  • Ballade parisienne (1954年、マルセル・ジボー監督)短編
  • Visages de Paris (1955年、フランソワ・レシャンバック監督)短編
  • Une lettre pour vous (1955年、アンドレ・ヴェチュスト監督)短編
  • New York ballade (1955年、フランソワ・レシャンバック監督)短編
  • Impressions de New York (1955年、フランソワ・レシャンバック監督)短編
  • Toute la mémoire du monde (1956年、アラン・レネ監督)短編
  • Houston, Texas (1956年、フランソワ・レシャンバック監督))短編
  • Le Grand sud (1956年、フランソワ・レシャンバック監督)短編
  • 王手飛車取り Le Coup du berger (1956年、ジャック・リヴェット監督)短編
  • Les Abeilles (1956年、ギイ・デュイ監督)短編
  • Moi un noir (1958年、ジャン・ルーシュ監督)
  • Elèves-maîtres (1958年、アンドレ・ヴェチュスト監督)短編
  • Le Chant du styrène (1958年、アラン・レネ監督)短編
  • Ces gens de Paris (1958年、アンリ・ファビアーニ監督)短編
  • Bonjour, Monsieur La Bruyère (1958年、ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ監督)短編
  • Au bon coin (1958年、ジャン・ケルシュブロン監督)短編
  • L'Américain se détend (1958年、フランソワ・レシャンバック監督)短編
  • 男の子の名前はみんなパトリックっていうの Charlotte et Véronique, ou Tous les garçons s'appellent Patrick (1959年、ジャン=リュック・ゴダール監督)短編

1960年代

1970年代

1980年代 -

逸話[編集]

ゴダールがブロンベルジェについてこう語っている。「多くの人々が映画を愛していました、親愛なるピエール。そして、ごくごく少数の人が映画に愛されていました。あなたはその後者です」。

外部リンク[編集]