はなればなれに

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はなればなれに
Bande à part
監督 ジャン=リュック・ゴダール
脚本 ジャン=リュック・ゴダール
原作 ドロレス・ヒッチェンズ
製作 アヌーシュカ・フィルム
オルセー・フィルム
出演者 アンナ・カリーナ
音楽 ミシェル・ルグラン
撮影 ラウール・クタール
編集 アニエス・ギュモ
配給 フランスの旗 ゴーモン / コロムビア
日本の旗 フランス映画社
公開 フランスの旗 1964年8月5日
日本の旗 2001年2月3日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
テンプレートを表示

はなればなれに』(Bande à part)は、1964年(昭和39年)製作・公開、ジャン=リュック・ゴダールによるフランスの長篇劇映画である。

概要[編集]

ゴダールの長篇劇映画第7作で、即興演出、ミュージカル風シーンもあるコメディ・タッチの犯罪ミステリーである[1]。原作はドロレス・ヒッチェンズのペーパーバック小説『愚か者の黄金』である。

有名なのは3人のダンス・シーンで、アンナ・カリーナクロード・ブラッスールのダンスにサミ・フレーが加わる形でダンスが始まり、音楽はミシェル・ルグランが本作のために書き下ろしたリズム・アンド・ブルースであるにもかかわらず、俳優たちは「マジソン・ダンス」と呼んでいたという[2]。このシーンは、クエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』(1994年)[3]ハル・ハートリー監督の『シンプルメン』(1992年)[4]等に影響を与えた。また3人でルーブル美術館を走り抜けて、ルーブルを一周する最短記録を更新するというシーンは後にベルナルド・ベルトルッチの60年代後半のパリを舞台とした映画『ドリーマーズ』(2003年)でも参照されている。

ゴダールは、本作について「不思議の国のアリス・ミーツ・フランツ・カフカ」(Alice in Wonderland meets Franz Kafka.)と表現している[5]

日本では、長らく未公開映画であり、東京日仏学院ホール等での特殊上映以外では観ることができなかった。2001年(平成13年)2月3日、製作以来37年ぶりに、日本で初めて劇場公開された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

アルファベット順

ストーリー[編集]

ある冬のパリ。2人の青年、フランツ(サミー・フレイ)とアルチュール(クロード・ブラッスール)は、推理小説マニアの親友どうしで、性格は正反対だが、英語学校に現れた美しい生徒オディル(アンナ・カリーナ)に2人とも一目ぼれしてしまう。オディルは、北欧の国からおばの住むパリにやってきたのだが、どうもおばの家には大金が隠されていることを知る。

フランツとアルチュールは、オディルを巻き込み大金を盗み取る計画を練る。いざ犯罪決行の日が来たが、次々に事態はおかしくなり、ついにアルチュールが撃たれてしまう。フランツとオディルは逃走、貨物船に乗り南米へ。フランツとオディルの冒険は続く。

関連事項[編集]

関連書籍[編集]

[編集]

外部リンク[編集]