パリはわれらのもの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリはわれらのもの
Paris nous appartient
監督 ジャック・リヴェット
脚本 ジャック・リヴェット
ジャン・グリュオー
製作総指揮 クロード・シャブロル
フランソワ・トリュフォー
出演者 ベティ・シュナイダー
ジャンニ・エスポジート
フランソワーズ・プレヴォー
ダニエル・クロエム
フランソワ・メーストル
音楽 フィリップ・アルチュイス
撮影 アンドレ・ムルガルスキ
撮影監督
シャルル・L・ビッチ
編集 ドニーズ・ド・カザビアンカ
製作会社 AJYMフィルム
レ・フィルム・デュ・キャロッス
配給 フランスの旗 MK2
公開 フランスの旗 1961年12月13日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 141分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

パリはわれらのもの』(仏語: Paris nous appartient)は、1958年(昭和33年)製作、1961年(昭和35年)公開、ジャック・リヴェット監督によるフランスの長編劇映画である。

略歴・概要[編集]

本作は、ジャン=リュック・ゴダールの出資とプロデュースで短篇映画を監督し、クロード・シャブロルの出資とプロデュースで1956年(昭和31年)中篇映画『王手飛車取り』を発表したジャック・リヴェットの長篇映画デビュー作品である。シャブロルが『王手飛車取り』の製作時に設立した製作会社AJYMフィルムは、シャブロルの監督作『美しきセルジュ』、『いとこ同志』のヒットでの収入をつぎこみ、本作とエリック・ロメールの長篇デビュー作『獅子座』を製作した。前年の1957年(昭和32年)にフランソワ・トリュフォーが設立したレ・フィルム・デュ・キャロッスとの共同製作となった。

脇役の出演陣が、フランソワーズ・プレヴォーダニエル・クロエムマルカ・リボヴスカポール・ビシリアと、同時期に撮影したロメールの『獅子座』と重なっている。『カイエ・デュ・シネマ』誌やシネフィルの仲間が多数参加し、撮影監督にシャルル・L・ビッチ、助監督にジャン・エルマン(ジャン・ヴォートラン)、シュザンヌ・シフマンがスタッフとして携わり、カメオ出演的にハンス・リュカスことジャン=リュック・ゴダールジャック・ドゥミ、プロデューサーのシャブロル、監督のリヴェットが顔を出している。トリュフォーは『突然炎のごとく』(1962年)のなかで、ジャンヌ・モローがこの作品のタイトルを叫ぶ演出をした。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ノンクレジット

ストーリー[編集]

1957年夏、パリ。若者たちがウィリアム・シェークスピアの戯曲『ペリクリーズ』(1607年 - 1608年)の上演準備をしている。準備するあいだに、さまざまな事件が巻き起こり、なかなか思い通りに物事が進行しない。ピエール・グーピル(フランソワ・メーストル)の妹アンヌ(ベティ・シュナイダー)がそれに区加わるが、劇団は分裂寸前になる。同時に、マッカーシズムの犠牲者であるアメリカ人のフィリップ・カウフマン(ダニエル・クロエム)が、劇団内で問題を起こす。

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]