パリところどころ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パリところどころ
Paris vu par...
監督 ジャン=ダニエル・ポレ
ジャン・ルーシュ
バーバラ・ウィルキンド
エリック・ロメール
ジャン=リュック・ゴダール
クロード・シャブロル
製作 バルベ・シュローデル
撮影 アラン・ルヴァン
エチエンヌ・ベッケル
ネストール・アルメンドロス
アルバート・メイズルス
ジャン・ラビエ
配給 ヘラルド
公開 フランスの旗 1965年5月19日
日本の旗 1993年6月5日
上映時間 97分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

パリところどころ』 (仏語Paris vu par...、「...から観たパリ」の意) は、1965年フランス映画ヌーヴェルヴァーグを代表する6人の監督による、パリの6つの場所を舞台にした短編オムニバス映画

概要[編集]

パリの街区
ルヴァロワの位置。17区の北西に隣接している。

1962年バルベ・シュレデール(バーベット・シュローダーは米国読み)ともにエリック・ロメールが興し、同年、連作「六つの教訓話」を撮り始めた「レ・フィルム・デュ・ローザンジュ」社の製作したオムニバス映画である。パリ市内に実在する場所 - サンドニ街(1-2区、Rue Saint-Denis)、北駅(10区)、サンジェルマン・デ・プレ(6区、Saint-Germain-des-Prés)、エトワール広場(8区、16-17区の境界線の交点、現シャルル・ド・ゴール広場)、モンパルナス(14区)、ラ・ミュエット(16区、La Muette)、およびパリ郊外オー=ド=セーヌ県ルヴァロワ(17区の北西に隣接、Levallois)をそれぞれのタイトルにとり、原題通り、それぞれの場所「から観たパリ」をテーマにそれぞれの物語を展開する。

シュロデールの助手として現場に参加していたスタッフには、ステファーヌ・チャルガジェフピエール・コトレルといったのちの映画プロデューサーとして大成する人材がおり、また若き日のネストール・アルメンドロス撮影監督ジャン・ラビエの助手として参加していた。俳優のパトリック・ボーショーがアソシエイト・プロデューサーとして参加している。

1964年秋に撮影され、1965年第15回ベルリン国際映画祭で上映された後、フランスで同年5月19日より公開された。

日本では古くからのシネクラブ上映・ホール上映を経て、日本ヘラルド映画の配給で1993年6月5日 - 7月9日に東京・六本木シネ・ヴィヴァン六本木で初公開された。2004年11月20日紀伊國屋書店からDVDが発売されたが、2005年7月20日にフランスでリバイバル上映されたのを受けて、日本でもザジフィルムズの配給で同年10月8日 - 11月18日に東京・池袋シネマ・ロサで公開され、その後全国で順次上映された。

構成[編集]

関連作品[編集]

外部リンク[編集]

全体
各話 - BiFi(フランス語)