ワリード1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワリード1世674年715年Al-Walid ibn Abd al-Malikالوليد بن عبد الملك‎)は、ウマイヤ朝の第6代カリフ(在位:705年715年)。第5代カリフであったアブドゥルマリクの子。

674年、ダマスカスに生まれる(生年には675年説もある)。705年、父の死により後を継いでカリフとなった。軍事面で優れた能力を持っていたため、中央アジアからインド北部、イベリア半島東ローマ帝国などに積極的に進出して王朝最大の版図を形成し、王朝の全盛期を築き上げた。内政面においても学校病院を多数建設し、聖ヨハネ聖堂をモスク(イスラムの寺院)に改造してウマイヤド・モスクと命名する。さらにメディナメッカなどにもモスクを建設し、文化面でも大きな発展を遂げた。 715年、42歳で死去した。

参考文献[編集]