ヤズィード2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤズィード2世687年 - 724年)は、ウマイヤ朝の第9代カリフ(在位:720年 - 724年)。本名はヤズィード・ビン・アブゥルマリク(يزيد بن عبد الملك‎)。

父は第5代カリフのアブドゥルマリク。彼が即位した頃のウマイヤ朝では外圧の存在や宗教争い、ウマイヤ家内部の抗争などが要因で没落の一途にあった。彼は即位すると人頭税を復活させたため、ベルベル人マワーリーらの反乱を招き、この反乱で北アフリカの総督を殺されるという大敗を喫するも、彼らを鎮圧できず、しかも彼らが推す総督を容認するほど無力だったという。

即位からわずか4年目に結核により死去し、弟のヒシャームがカリフを継承した。

参考文献[編集]


先代:
ウマル2世
ウマイヤ朝
720年 - 724年
次代:
ヒシャーム