イブン・ハズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イブン・ハズムأبو محمد علي بن احمد بن سعيد بن حزم, Ibn Hazm, 994年11月7日 - 1064年8月15日)は中世イスラーム世界の後ウマイヤ朝の人物。神学者、法学者、詩人。本名はアリー。通り名は、アブー・ムハンマド。

生涯[編集]

コルドバの名家に生まれる。父アフマドは、後ウマイヤ朝のカリフであるヒシャーム2世に仕える宰相だった。家庭では多くの侍女にかしずかれて育ち、この時の経験がのちの著作『鳩の頚飾り』に影響を与える。後ウマイヤ朝の内紛によりコルドバを逃れ、カリフアブド・アッラフマーン4世アブド・アッラフマーン5世ヒシャーム3世の宰相となるが、動乱のために数度の投獄を受ける。

イスラーム法学ではザーヒル派( Ẓāhirī )に属し、クルアーンハディースの内容を固守する論客だった。類推(キヤース)、個人的見解(ラーイ)、合意(イジュマー)などによる妥協を認める学説に反対し、当時のアンダルスで支配的だったマーリク派の法学者たちを攻撃したため、迫害を受ける。神学や法学を中心に400篇近い著述をしたとされるが、大半は存命中にセビリアで焼き捨てられ、ニエブラ( Niebla )で死去した。

代表的な著作として、ユダヤ教キリスト教イスラームについて書いた『諸宗派に関する書』(Al Kitab al-Muhallā bi'l Athār)がある。現存する唯一の文芸作品であり、恋愛論でもある『鳩の頚飾り』(Ṭawq al-Ḥamāmah)は、死後8世紀以上たってからライデン大学で写本が発見され、各国語に訳されている。

著書[編集]

黒田壽郎訳・解説、岩波書店<イスラーム古典叢書>、1978年1982年

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]