アンジャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 アンジャル
レバノン
Anjar.jpg
英名 Anjar
仏名 Anjar
登録区分 文化遺産
登録基準 (3),(4)
登録年 1984年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
アンジャルの位置
使用方法表示

アンジャルアラビア語: عنجر‎)は、レバノンの東部、ベカー高原にあるレバノン唯一の城塞都市遺跡。ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された物件でもある。

概要[編集]

アンジャルは、ベイルートの東、約50km、レバノン山脈の麓にある。ウマイヤ朝ワリード1世の命により、8世紀に建設されたといわれている。ダマスカスベイルートの中継地点に位置して古くから繁栄。イスラムの権力者達の保養用の宮殿、モスク、公共浴場などの跡が残る。

主な史跡[編集]

  • アーチ
  • 列柱道路

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部サイト[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg レバノンの世界遺産
World Heritage Sites in the Lebanese Republic

文化遺産
アンジャル | バールベック | ビブロス | ティルス | カディーシャ渓谷と神の杉の森
世界遺産 | アジアの世界遺産 | レバノンの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、レバノンの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。