アブド・アッラフマーン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブド・アッラフマーン2世(Abd ar-Rahman II、790年 - 852年)は、後ウマイヤ朝の第4代アミール(在位822年-852年)。父は前アミールであるハカム1世トレドの出身。

アブド・アッラフマーン2世は、ウマイヤ朝の再建のためアッバース朝をモデルにした行政財政機構の整備を進めると同時に、国力の増強に努め、当時フランク王国下でイスラーム勢力の防衛地点であったスペイン辺境領(現在のカタルーニャ地方)へのジハードを断行、またこの頃から激化してきたノルマン人の侵入に対抗するために、沿岸側の防衛を強化し、アミール権力の強化に尽力する。

また彼は、後ウマイヤ朝の首都コルドバにあるメスキータと呼ばれる会衆モスクの礼拝室を間口11スパン,奥行12スパンから奥行方向に10スパン拡張。このモスクは後ウマイヤ朝初代アミールであるアブド・アッラフマーン1世が785年創建したものであり、イスラーム・スペイン建築の最高傑作と呼ばれる。このモスクはのちにアブド・アッラフマーン3世ハカム2世ヒシャーム2世らによってさらに拡張される。

先代:
ハカム1世(アミール)
後ウマイヤ朝君主一覧
822年-852年
次代:
ムハンマド1世