バルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルフ

بلخ
ホワジャ・アブ・ナスル・パルサ・モスク
ホワジャ・アブ・ナスル・パルサ・モスク
座標 : 北緯36度45分 東経66度54分 / 北緯36.750度 東経66.900度 / 36.750; 66.900
行政
アフガニスタン
 州 バルフ州
 郡 バルフ郡
バルフ
人口
人口 (2012年現在)
  域 11万6300人
  市街地 1万4700人
  備考 [1]

バルフペルシア語: بلخ[2])は、アフガニスタンバルフ州の都市である。古代より交易路の要所として発展しバクトリア王国の都バクトラとしても繁栄したが、現在は小規模な都市となっている。

概要[編集]

バルフはアフガニスタン北部のバルフ川英語版の右岸に位置する街である。バルフ州に属し、郡としては州内で2位、市としては3位の人口規模である。街の中心にはホワジャ・アブ・ナスル・パルサ寺院(緑のモスク)があり[3]、直径約600mの環状の街区がある。1920年代の地図によると街の東側は旧市街で隊商の宿があり、西側は新市街、南側にはバザールユダヤ人街があったと言う[4]。そこから東・西・南(インド古道)・西南・東南の5方向に放射状の幹線が延びている。街の北部には巨大な丘があり、所々に城壁が残っている。中心部を抜けると田畑が広がる農業が盛んな地域である。

歴史[編集]

シルクロードとバクトラ(現・バルフ)。中央下あたりに位置する。

古代[編集]

青銅器時代、バルフ近郊のダシュリー・オアシスではバクトリア・マルギアナ複合文明が栄えた[5]。バルフの街がいつ出来たのかは定かでは無いが、バルフについて言及した最古の書物はゾロアスター教の経典「アヴェスター」である。ゾロアスター教では、バルフは主神アフラ・マズダーが作った16の土地の4番目に当たり、始祖ザラスシュトラが埋葬された場所でもある。アヴェスターが成立したのは少なくとも紀元前650年より前と考えられており、バルフもその頃には既にあったようである[6]。バルフはメソポタミア文明インダス文明を結ぶ交易路やシルクロードが通っていた為[7]オアシスの交易国家・都市国家として繁栄した。

前522年、アケメネス朝ダレイオス1世に対する大規模な反乱がマルギアナで起き、バクトリアの太守が出動して鎮圧した[8]。その後アレクサンドロス3世アケメネス朝に攻め入り、前334年にバルフを占領し、地元の豪族スピタメネスと戦う拠点とした。前331年、ガウガメラの戦いが起きた。バクトリアの太守ベッソスダレイオス3世の主力部隊の1つとして奮戦したが、後にダレイオス3世を殺害して自分が王になろうとした[9]。前301年のイプソスの戦いの後、セレウコス朝はバクトリアを征服し、バクトラに副王を置いた。これによってバクトリアでギリシャ人の入植が始まったという説がある[10]。前256年頃、ギリシア人のディオドトスがセレウコス朝に対して反乱を起こし、この都市(当時はバクトラ)を中心としてバクトリア王国が独立を果たした。この地ではギリシア文化が維持され、後世にも影響を与えたとされる[11]。その後は大月氏クシャーナ朝のもとで繁栄し、仏教の受容も進んでいった。バルフにはナウバハール寺院英語版があり、この地方の仏教の中心地として繁栄した。後にアッバース朝の宰相を輩出し、千夜一夜物語にも登場するバルマク家は、バルフの仏教徒集団の長だったと言う[12]。3世紀後半から4世紀頃、サーサーン朝はバルフにクシャーン・シャーを置いていた[10]。588年、サーサーン朝のバフラーム・チョ・ベーン将軍が突厥からバルフを取り返した[13]。629年、玄奘三蔵がインドを目指してを出発し、途中でバルフを訪れた。当時のバルフは縛喝国(ばかつこく[14])と呼ばれ、周囲20余里(約8.8キロメートル)の大都城があった。小乗仏教が盛んで100余の伽藍と3000余人の僧侶が居り、「小王舎城」と呼ばれていた。街の西南には納縛僧伽藍(なばそうがらん[14])があり、仏像のある北堂、聖遺物を納めた南堂、高さ200余尺(約67メートル)の卒塔婆(仏塔)と精舎(僧院)があったと言う[15]

イスラム教を奉じるアラブ軍が最初にバルフを占領したのは、642年のニハーヴァンドの戦いの後である。その後、653年にウマイヤ朝が成立し再びバルフを占領した[16]。この頃、バードギース州を根拠地とするエフタルのタルハン・ネザーブが反アラブ連合を組織し[16]広域な反乱を起こしたと言う。ウマイヤ朝は700年にタルハン・ネザーブを倒し、736年にバルフに正式な行政府を作った[16]。しかしシルクロード貿易を巡る争いに吐蕃が参戦し、750年にアッバース朝、821年にはターヒル朝が興るなど戦乱が続いた[16]。この二百年に及ぶ戦乱の中で、ナウバハール寺院が破壊されたようである[11]。9世紀後半、アフガニスタンにおける初期のモスクの1つである「ノ・グムバード」が建設された[16]。900年頃になるとサーマーン朝がこの地を征服して勢力を拡大させた。12世紀の地理学者イドリースィーによると、バルフはホラーサーン地方の主要都市の1つとして繁栄し、商業や教育が盛んだったと言う[11]

中世[編集]

ティムールの攻撃

1135年、セルジューク朝のスルターンのアフマド・サンジャルがマザーリシャリーフでハズラト・アリーの遺体を発見し、墓を作ったと言う。1173年、ゴール朝がバルフを奪回したが[17]、1215年にホラズム・シャー朝に滅ぼされた。1218年、チンギス・カンがホラズム・シャー朝を攻撃し、バルフを破壊した[18]。チンギス・カンに仕えた耶律楚材は「大河に臨んで斑城なる町あり、すこぶる富盛なり」と記している[19]。13世紀後半、中国に向かう途中のマルコ・ポーロがバルクを訪れた。その頃のバルクは巴里黒と呼ばれており[20]、ヨーロッパではアレクサンダー大王とダリウス王の娘ロクサーナが結婚した町として知られていた。タタール(モンゴル)の攻撃によって壮麗な宮殿や大理石造りの美しい邸宅が破壊され廃墟になっていたが、それでも立派な都市であり、モンゴルと他の勢力を分ける国境地帯の街として栄えていたと言う[21]。1318年から26年頃、チャガタイ・ハン国のケベクハーンがバルフを再興した[18]1333年イブン・バットゥータがバルフを訪れて、チンギス・ハンの破壊によってすっかり荒廃してはいるものの、堅固で壮大な市街地やモスクマドラサの遺跡から往時の繁栄の跡が偲ばれると記録している[11]。その後、チャガタイ・ハン国は滅亡したがチャガタイ・ウルスは存続し、バルフなどのアフガニスタン北部はスルドゥス族が支配した。1369年、ティムールがバルフ近郊でチャガタイ・ウルスのアミールであるフサインを破り、新しいアミールになった[22]。この際にティムールによって街の城壁が破壊されたようである(バルフ包囲戦英語版[11]15世紀初頭、永楽帝の命を受けた陳誠が「八剌黒」(バルフ)を訪れた[23]1447年には再びバルフ包囲戦英語版があったと言う[11]。1480年頃、スルターン・フサイン・バイカラがマザーリシャリーフのハズラト・アリー廟を修復した[24]。1507年、南下を続けてきたキプチャック・ハン国のウズベク人達(シャイバーニー朝)がアフガニスタンに到達し、サファヴィー朝と衝突した。1510年のマルウ近郊の戦いで敗北し一旦は押し戻されたものの、1568年にシャイバーニー朝のアブドゥッラー・ブン・イスカンダルがバルフを占領した[25]

近世[編集]

1646年、ムガル帝国がアフガニスタン北部に侵攻し、ジョウズジャーン州のシェベルガーンでジャーン朝に勝利しバルフを支配下に置いたが、ゲリラ戦により撤退した[26]。1751年、サドーザイ朝アフマド・シャー・ドゥッラーニーがバルフなどを征服した[27]

近代[編集]

1849年、ドースト・ムハンマド・ハーンの息子のムハンマド・アクラム・ハーンがバルフを占領した[28]。1879年、シール・アリー・ハーンがバルフで死去した[29]

産業[編集]

バルフ州は農業が盛んで、アフガニスタンでも屈指の小麦・大麦の産地である。バルフ郡はショールガラ郡と並んでアサゴマタバコオリーブマスタード(パシュトゥー語とダリー語でSharham[30])など商品作物の産地であり、絨毯の製造も行っている[31]

史跡[編集]

街の歴史は非常に古いが戦乱によって破壊されたりして保存状態が悪く、廃墟になっている物が多いようである。

街の内外で仏教遺跡が見つかる。

  • タフト・イ・ルスタム(英語: Takht-e Rustam)- 南門の外にある遺跡。大唐西域記に記されている納縛僧伽藍という説がある[36]
  • トープ・イ・ルスタム(英語: Tepe Rustam)- ルスタムの円塔という意味。大唐西域記に記されている納縛僧伽藍の仏塔(窣塔婆)という説がある[36]。発掘調査によると、四方に階段のある二重の方形基壇の上に円筒基壇があり、その上に伏鉢があったと思われる。
  • テペ・ザルガラン - 街の東側の旧市街地の中にある仏教伽藍址[36]
  • チャルキ・ファラク - 東門の外にある遺跡。仏塔の可能性[36]

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Central Statistics Organization (2013年). “Settled Population of Balkh province by Civil Division , Urban, Rural and Sex-2012-13”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年2月8日閲覧。
  2. ^ ペルシア語ラテン翻字: Balkh
  3. ^ google mapで確認
  4. ^ 「玄奘三蔵、シルクロードを行く」P120
  5. ^ ヴィレム・フォーヘルサング 『アフガニスタンの歴史と文化』 明石書店2005年、110頁。ISBN 978-4750320700
  6. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P150
  7. ^ 加藤九祚 『シルクロードの古代都市』 岩波書店2013年、29, 30。ISBN 978-4004314448
  8. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P161
  9. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P187
  10. ^ a b 「アフガニスタンの歴史と文化」P205
  11. ^ a b c d e f 出典は『アフガニスタン紀行』か?
  12. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P290
  13. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P263
  14. ^ a b 「アフガニスタンの歴史と文化」P265
  15. ^ 前田耕作 『玄奘三蔵、シルクロードを行く』 岩波書店2010年、107-118頁。ISBN 978-4004312437
  16. ^ a b c d e f 「アフガニスタンの歴史と文化」P275, P294
  17. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P309
  18. ^ a b 「アフガニスタンの歴史と文化」P318
  19. ^ 耶律楚材「西遊録
  20. ^ 「元史」巻一63
  21. ^ マルコ・ポーロ、愛宕 松男 『完訳 東方見聞録1』 平凡社2000年、166頁。ISBN 978-4582763263
  22. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P320
  23. ^ 陳誠、李暹「西域番国志
  24. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P325
  25. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P329~331、P335~338
  26. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P335~338
  27. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P355
  28. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P394
  29. ^ 「アフガニスタンの歴史と文化」P404
  30. ^ Tony Winch. “Growing Food: A Guide to Food Production”. 2014年3月5日閲覧。
  31. ^ Ministry of Rural Rehabilitation and Development (2013年). “Balkh Provincial Profile”. Islamic Republic of Afghanistan. 2014年2月3日閲覧。
  32. ^ a b c d e 観光名所”. アフガニスタン大使館. 2014年2月3日閲覧。
  33. ^ google mapで確認
  34. ^ Mathias_Schroeder. “Balkh, ancient bactrian walls”. panoramio.com. 2014年3月5日閲覧。
  35. ^ HAJI PIYADA MOSQUE (NOH GUMBAD)”. WORLD MONUMENTS FUND. 2014年2月3日閲覧。
  36. ^ a b c d 「玄奘三蔵、シルクロードを行く」P113

参考文献[編集]

  • マルコ・ポーロ『東方見聞録』(1969年、現代教養文庫)
  • クラヴィホ『チムール帝国紀行』(1967年、桃源社)
  • 岩村忍『アフガニスタン紀行』(1992年、朝日文庫)

関連項目[編集]