ジャラール・ウッディーン・ルーミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャラール・ウッディーン・ルーミー

ジャラール・ウッディーン・ルーミーペルシア語: جلال‌الدین محمد رومی‎、Mawlānā Jalāl ad-Dīn Muḥammad Balkhī-e-Rūmī; トルコ語: Mevlânâ Celaleddin-i Rumi、1207年9月30日 - 1273年12月17日)はペルシャ語文学史上最大の神秘主義詩人である。同時代のスーフィーイブン・アル=アラビーと並ぶ、イスラーム神学、スーフィズムの重要な人物の一人と見なされている[1]。「沈黙」を意味する「ハムーシュ」を雅号とした[2]。ルーミーの父バハーウッディーンをはじめとする人々は、「識者」を意味する「ホダーヴァンデガール」と彼を呼んだ[3]

ルーミーの思想の一つとして、旋回舞踏によって「神の中への消滅」という死に似た状態に陥る神秘体験の実行が挙げられる[4]。1273年のルーミーの没後、コンヤの墓廟を拠点としてかれの弟子によってコマのように回って踊るサマーウ(セマ)という儀式で有名なメヴレヴィー教団が形成された。メヴレヴィー教団では同教団の始祖と仰がれている。主な著書はペルシャ語の詩集『精神的マスナヴィー』(Masnavī-ye Ma'navī; مثنوی معنوی)。

名前の語源[編集]

イランではアラビア語で「我らの師」を意味するマウラーナー مولانا mawlānā のペルシア語形であるモウラーナー mowlānā 、同じく「我が師」モウラヴィー mowlāvī で呼ばれ[2]トルコでもトルコ語形であるメヴラーナー mevlânâ と呼ばれる。アナトリア(ルーム地方)で主に活躍したため、単に「ルーミー」とも呼ばれる[2][5]。ルーミーとはローマの人のことで、後年に住んだアナトリアが以前東ローマ帝国(アラビア語ではルーム)の領土だったことによる。「マウラーナー」と尊称された高名はウラマースーフィーは史上数多いが、イランからトルコまでの地域では、ペルシア語文学史上に多大な功績を残しかつ偉大なスーフィーであったため、「マウラーナー」といった場合特にこのジャラール・ウッディーン・ムハンマド・ルーミーを指す場合が一般的である。「メヴラーナ・ジェラレッディン・ルミ」と表記されることもある。

生涯[編集]

集団で旋回しながらサマーウを行うメヴレヴィー教団の修行風景

1207年ホラーサーン地方の主要都市の一つバルフ(現アフガニスタン)において高名な説教師でもあった神学者バハーウッディーン・ムハンマド・ワラドの次男として生まれた。母はバルフの知事の娘で、祖母はホラズム・シャー朝の王女と伝えられている[6]。母方の祖父ルクヌッディーンは、第4代カリフアリーの子孫と伝えられる[7]。幼少期のルーミーは他の子どもと遊ぶことはほとんどなく、宗教的学問の探求と禁欲的な自己鍛錬に没頭していた[8]

バハーウッディーンはバルフに敵対者が多く、早い時期からモンゴル帝国の中央アジア侵入を予見していたといわれる[9]1217年頃にバハーウッディーンは家族とともに郷里のバルフを去り、西方のマラティヤへ移住した[10]。放浪の旅の中、一家は滞在した各地で温かい歓迎を受けた。旅の途中、ルーミーはニーシャープールで詩人アッタールと対面し、ルーミーの成功を予感したアッタールから彼の著書『神秘の書』を賜った伝承が存在する[11]。一家はバグダードを経由してメッカ巡礼を終え、ダマスカスを経由してエルズィンジャンに滞在した[12]。ジャラール・ウッディーンたちはエルズィンジャンを発ってカラマンに数年滞在するが、この地で母と兄アラーウッディーンが病没する[13]。また、ジャラール・ウッディーンはカラマンで父の高弟シュラフッディーンの娘と結婚し、2人の子をもうけた[13]

10年以上の流浪の末、一家はルーム・セルジューク朝のスルターン・カイクバード1世に招かれてアナトリア(ルーム地方)中南部の都市コンヤに定住し、コンヤに到着したバハーウッディーン一家はカイクバード1世から手厚い歓迎を受けた[14][15]。ジャラール・ウッディーンは居住地のルーム地方にちなみ、ルーミーと号した。1231年に父バハーウッディーンが亡くなった後[11]、その高弟ブルハネッディンに伴われてハラブ、ダマスカスなどの都市に留学し、留学先ではイスラーム神学(カラーム)やハナフィー派法学を修めた[2]。帰国後は部屋に籠って祈りと瞑想に身を捧げる潔斎を開始し、修行を終えた後にブルハネッディンから学問の修了を言い渡され、イルシャード(精神的指導者)の地位を認められた[16]。父の後継として自らも説教師の仕事に就き、コンヤではイスラム教徒以外にギリシャ正教の修道士とも交流を持った[17]。ルーム・セルジューク朝末期の実力者である宰相ムイン・アッディーン・スライマーンもルーミーに師事し、ルーミーは彼から保護を受けた[18]

1244年[2]、コンヤを訪れた放浪のスーフィー修行者シャムスッディーン・タブリーズィー(シャムセ・タブリーズ)と出会うと、彼の感化を受けてそれまでの形式的説教や生活態度を破棄し、彼を師匠と仰いでスーフィーの修行者として一生を捧げる事を誓ったという[5][11]。タブリーズィーに神の愛の具現像を見い出し、これ以降師に日夜仕えながらサマーウアッラーフの神名を唱えつつ音楽や踊りを通じて忘我・陶酔境に至るスーフィーの修行法のひとつ)などに日夜没頭した。ルーミーは人前に出ずに自宅に籠り、またタブリーズィーが傲慢な態度をとったために、ルーミーの弟子やコンヤの市民はタブリーズィーを憎悪したという[19][20]。この時代にタブリーズィーによって詩的才能の開眼を受け、1247年12月5日の夜[21]にタブリーズィーが突如失踪した後までに神秘主義的熱情から多くの抒情詩群を生み出した。この時の詩を編纂したものがルーミーの初期の作品『シャムセ・タブリーズ詩集』になる。

タブリーズィーが去った後、ルーミーは彼の教えを自身の心中に見出し、詩作に没頭していく[22]1261年(一説には1258/59年[2])に愛弟子フサームッディーンの懇願によって神秘主義詩の傑作となる『精神的マスナヴィー』(مثنوي معنوي Mathnawī-yi Ma'nawī) の執筆が始まる。これは、自我の滅却によって人間存在を本源的真理へ帰還させることを唱った作品冒頭に掲げられる18句を主題として展開された全6巻、約2万5000句におよぶ長大なマスナヴィー形式の叙事詩である[2]

1273年12月17日の夕方にルーミーはコンヤで没する[23]。翌18日の葬儀にはイスラム教徒だけでなく、ギリシャ人やアルメニア人も参列した[23]。ルーミーが眠る霊廟の設計はタブリーズ出身の建築家バドルッディーンが手掛け、費用はムイン・アッディーンとその妻が負担した[24]。1274年に完成した廟は「緑のドーム」の名前で知られ、今日でも多くの参拝者が訪れている[10]オスマン帝国時代には、ルーミーの生涯を題材とした細密画が多く描かれた[25]

作風と思想[編集]

簡潔かつ平易であるが抒情性に富む文体が特徴的であり、詩を読む者に深い感銘を与える[11]。特に1244年から1261年までの作風を指して「抒情詩の時代」と呼ばれ、『シャムセ・タブリーズ詩集』には、師シャムセ・タブリーズへの陶酔の感情が表れている。[5]。また、その内容には新プラトン主義キリスト教神秘主義からの影響も見て取れる[11]

思想家としてのルーミーは、詩作の分野ほどの独創性は無いと評されることもある[11]。思想はイブン・アル=アラビーと似ているが、ルーミーの思想は体系化されていない点で差異がある[26]。彼の著作はモロッコから中国、インドネシアにわたる広範なイスラム世界で読まれ、様々な解釈がされてきた[27]

ルーミーの他の作品としては、散文作品に『ルーミー語録』、『七説話』がある。代表作の『精神的マスナヴィー』は「ペルシア語のクルアーン」と呼ばれるほど後世に絶大な影響を与えている。

家族[編集]

1226年にルーミーは父の高弟シュラフッディーン・ララ・サマルカンディーの娘ゴウハル・ハトゥンと結婚し、ゴウハルが没した数年後にキラー・ハトゥンと再婚した[28]。2人との間には4人の息子と1人の娘をもうけた[28]

  • ゴウハル・ハトゥン
    • スルターン・ワラド
    • アラーウッディーン
  • キラー・ハトゥン
    • ムザッファルッディーン
    • アミール・アーレム・チェレビー
    • マリカ・ハトゥン

代表的著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』、32-33頁
  2. ^ a b c d e f g 藤井「ルーミー」『岩波イスラーム辞典』、1057-1058頁
  3. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、5頁
  4. ^ ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』、38頁
  5. ^ a b c 黒柳「ルーミー」『新イスラム事典』、522-523頁
  6. ^ 那谷『トルコの旋舞教団』、69-70頁
  7. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、6頁
  8. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、11頁
  9. ^ 那谷『トルコの旋舞教団』、71頁
  10. ^ a b 井谷「トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代」『西アジア史 2 イラン・トルコ』、175頁
  11. ^ a b c d e f ヒル「ルーミー」『世界伝記大事典 世界編』12巻、241-242頁
  12. ^ 那谷『トルコの旋舞教団』、72-74頁
  13. ^ a b 那谷『トルコの旋舞教団』、74頁
  14. ^ 那谷『トルコの旋舞教団』、69頁
  15. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、10頁
  16. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、12-13頁
  17. ^ ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』、76頁
  18. ^ 那谷『トルコの旋舞教団』、65-66,85頁
  19. ^ 那谷『トルコの旋舞教団』、81-82頁
  20. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、16-17頁
  21. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、17頁
  22. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、17-18頁
  23. ^ a b 那谷『トルコの旋舞教団』、86頁
  24. ^ Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、29頁
  25. ^ ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』、35頁
  26. ^ ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』、34頁
  27. ^ ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』、33頁
  28. ^ a b Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』、9頁

参考文献[編集]

  • 井谷鋼造「トルコ民族の活動と西アジアのモンゴル支配時代」『西アジア史 2 イラン・トルコ』収録(永田雄三編, 新版世界各国史, 山川出版社, 2002年8月)
  • 黒柳恒男「ルーミー」『新イスラム事典』収録(平凡社, 2002年3月)
  • 那谷敏郎『トルコの旋舞教団』(平凡社カラー新書, 平凡社, 1979年6月)
  • 藤井守男「ルーミー」『岩波イスラーム辞典』収録(岩波書店, 2002年2月)
  • ロバート.N.ヒル「ルーミー」『世界伝記大事典 世界編』12巻収録(桑原武夫編, ほるぷ出版, 1981年6月)
  • ティエリー・ザルコンヌ『スーフィー イスラームの神秘主義者たち』(東長靖監修, 遠藤ゆかり訳, 「知の再発見」双書, 創元社, 2011年8月)
  • Emine Yeniterzi『神秘と詩の思想家メヴラーナ』(東京・トルコ・ディヤーナト・ジャーミイ監訳, 西田今日子訳, 丸善プラネット, 2006年6月)

読書案内[編集]

  • 『ルーミー語録』(井筒俊彦訳・解説, イスラーム古典叢書, 岩波書店, 1978年5月)