ガザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガザル (アラビア語/ペルシア語/ウルドゥー語: غزل, ヒンディー語: ग़ज़ल, パンジャーブ語: ਗ਼ਜ਼ਲ, トルコ語: gazel, ベンガル語: গ়জ়ল, グジャラート語: ગ઼ઝલ )は、抒情詩の一形式をさす。

概要[編集]

アラビア語の古典の定型詩に由来し、他の言語に伝わり、各地に広まった。短い定型詩であり、5詩句から10詩句が一般的である。主題としては恋愛が最も多く、求愛者の片思いを歌う。感情の表現には様式化された象徴や物語が用いられる。また、イスラーム神秘主義の影響もあり、恋人を神と解釈できる場合がある。

現在のような詩型となったのはペルシア文学の影響による。ペルシア・ガザルの大家としては、ルーダキージャラール・ウッディーン・ルーミーハーフィズがいる。インドでは、ウルドゥー語によってガザルが広まった。まず南インドにおいて、南のウルドゥー語を指すダキニーを用いてインド風の表現を用いたダキニー・ガザルが作られ、中でもワリー・モハメド・ワリーデリーの詩壇に影響を与えた。18世紀にはペルシア文学を取り入れつつ、デリーやラックナウでウルドゥー・ガザルが盛んになり、ミール・タキー・ミールガーリブ (Ghalibらの詩人が活躍した。この他、ペルシア語やウルドゥー語の詩人ムハンマド・イクバール、ベンガル語の詩人カジ・ノズルル・イスラム (Kazi Nazrul Islamらによってガザルが作られた。

インドやパキスタンでは、現在も恋愛詩として鑑賞されている。特にウルドゥー語のガザルはカッワーリーなどの歌曲に用いられ、映画で使われることも多い。

出典・参考文献[編集]

  • ハーフィズ『ハーフィズ詩集』 黒柳恒男訳、〈平凡社東洋文庫〉、1976年。 - ハーフィズを中心にペルシア・ガザルの歴史を解説。
  • 『ミール狂恋詩集』 松村光耕訳、〈平凡社東洋文庫〉、1999年。 - ウルドゥー・ガザルを中心にガザルの歴史を解説。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]