ユハ・カンクネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユハ・カンクネン
トヨタF1チーム訪問にて
トヨタF1チーム訪問にて
基本情報
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
WRCでの経歴
活動時期 1979 - 2002
所属チーム トヨタプジョーランチアフォードスバルヒュンダイ
出走回数 161
チャンピオン回数 4(1986,1987,1991,1993)
優勝回数 23
表彰台回数 75
ステージ勝利数 700
通算獲得ポイント 1136
初戦 1979 1000湖ラリー
初勝利 1985 サファリラリー
最終勝利 1999 ラリー・フィンランド
最終戦 2002 ラリーGB
テンプレートを表示

ユハ・カンクネンJuha Kankkunen, 1959年4月2日 - )は、フィンランドラリードライバー。フィンランド・ラウッカ生まれ。コリン・マクレーが1995年にタイトルを獲得するまで、史上最年少のタイトルホルダーだった。

経歴[編集]

カンクネンはユヴァスキュラの近くの農場で育った。 1978年フォード・エスコートRS2000を操りラリーデビュー。WRCには1979年1000湖ラリーが初参戦である。1983年トヨタ・チーム・ヨーロッパに移籍。1985年サファリラリーでWRC初優勝。1986年プジョーに移籍、同年初の世界タイトルを得る。翌年ランチアに移籍、世界タイトル連覇。その翌年トヨタに復帰する。1988年1989年は古巣トヨタでセリカST165を駆り、89年はオーストラリアで復帰以来初の優勝を飾ると、1988年にはプジョーからパリ・ダカール・ラリーに出場し総合優勝した。

1990年に再びランチアに移籍、1991年カルロス・サインツとの激戦を制し、3度目の世界タイトルを得る。

1992年はポルトガルの1勝にとどまるものの、堅実な走りでランチアのメイクスタイトル6連覇に貢献する。しかしながら最終戦終了時点で翌年のシートは決まっていない状態だった。ところがサインツの個人スポンサーであるレプソルとトヨタが新たにスポンサーシップを結んでいたカストロールが同業種ということでバッティングしたため急遽ランチア(ジョリー・クラブ)へ移籍し、それに伴いトヨタ移籍が実現した。

1993年は長年のパートナーであるユハ・ピロネンが脳震盪で倒れ、急遽他のコ・ドライバーと組むアクシデントに見舞われるが、フォード勢との熾烈な戦いを制し、見事4度目の世界タイトルを獲得。そして、トヨタに日本メーカーとして初のメイクスタイトルをもたらした。

1994年には前年の中盤に組んだニッキー・グリストをコ・ドライバーとする。緒戦のポルトガルで勝利を飾るが、ニューマシンの開発兼務のため、これが唯一の勝利となる。そのニューマシン、セリカST205はサンレモ・ラリーからカンクネンの手によってデビューするが、搭載していたスーパーストラットサスペンションの不調と車重に悩まされ続ける。1995年のカタルニア・ラリーは序盤はリードするも、2日目の終盤にコースアウトでリタイア。チームメイトのディディエ・オリオールが4位でフィニッシュするが、再車検でターボ・リストリクターへ不正な細工が行われていたのが発覚。オリオールのリザルトは無効となり、カンクネンも同ラリーまでポイント・ランキングでトップに立っていたものの、国際自動車連盟(FIA)によってポイント無効の処分がなされ、さらにトヨタは一年間ワークス活動を禁止される事態となった。

1996年はワークス活動を停止したトヨタに残留し、プライベート体制で4戦に出場。1997年はシートを得られなかったが、フォードのアルミン・シュバルツがシートを得る前提条件であったスポンサードを得られなくなり解雇されるとその入れ替わりで第7戦アルゼンチン・ラリーから参戦。基本設計が古く、三菱、スバルよりも戦闘力の劣るエスコートWRCを駆りながら、コンスタントに上位入賞する活躍をみせ、マシン開発が終わった1998年のフィンランドで熟練した走りで勝ち取った3位は特筆に価する。フォード時代の最高位は7回の2位。

1999年スバルに移籍。序盤はマシンとタイヤの開発が他チームに遅れて苦戦するも、中盤戦に入ると熟成も進み、アルゼンチンでは6年ぶりの勝利を飾ると、地元のフィンランドでも安定した速さで勝利をあげた。2000年リチャード・バーンズを中心としたチーム運営に変わり、走りも精彩を欠くようになり、この年限りでスバルを去った。2001年ヒュンダイでフィンランド・ラリー一戦のみに参加、翌2002年はヒュンダイのレギュラーシートを得る。しかしながら目立った成績を上げることなく翌2003年にはシートを失い、実質的なWRC引退となった。なお、2010年にはラリー・フィンランドにフォード・フォーカスWRCでスポット参戦し、総合8位の結果を残している。

カンクネンは活躍の場を再びラリーレイドに移し、2004年はUAEデザートチャレンジに参加した。彼はコ・ドライバーのユハ・レポとともに2005年のダカール・ラリーにフォルクスワーゲンから出場したもののリタイアに終わった。

フィンランド出身の著名なスポーツ選手は「フライング・フィン」と呼ばれるが、彼もそのように呼ばれ、彼はまた2002年3月に創立したフィンランドの低価格航空会社「フライング・フィン」航空(2004年に経営破綻)に出資もしている。

エピソード[編集]

  • フィンランド出身のドライバーであるが、コ・ドライバーが走行中にコースの特徴を知らせるために読み上げるペースノートは母国語のフィンランド語ではなく英語であったため、どの国のコ・ドライバーとの仕事も支障をきたすことはなかった。そのため、1993年に勝利したラリーの一つ、アルゼンチンでも、倒れたパートナー、ユハ・ピロネン(フィンランド出身)の代役を務めたニッキー・グリスト(イギリス出身)とのコンビネーションもスムーズに進んだと言われる。ちなみに、97年にフォードに移籍した際に組んだユハ・レポは同じフィンランド人であるが、彼が読み上げるペースノートも英語であった。この時期のTVインタビューにおいて、フィンランド人同士なのにペースノートが英語なのはなぜかと問われ、「1984年から英語のペースノートを使っているから」と答えている。また、ピロネンが急病の際に代役のコ・ドライバーを探すにあたりカンクネンは「英語のネイティブスピーカーを」と要求したと言われ、ウェールズ訛りがあるものの英国人であるグリストに白羽の矢が立った。当時グリストはアルミン・シュバルツのコ・ドライバーだったが、シュバルツはアルゼンチンに参戦していなかったため、シュバルツの合意のもとスポットでカンクネンと組むことになった。その後グリストは正式にカンクネンのコ・ドライバーとなった(正式移籍以前の1000湖ラリーではデニス・ジロウデがカンクネンのコ・ドライバーを務めている。また、シュバルツはグリスト移籍後同じドイツ出身のペーター・スールと組んでいる)。
  • フィンランド出身でありながらも、地元ラリー・フィンランドとは決して相性が良かったとはいえず、初優勝を遂げたのは3度目のタイトルを決める1991年になってからだった。その後も1993年と1999年に優勝するものの、直後にトミ・マキネンが94年から98年まで5連覇したため、その陰に隠れる形となってしまった。
  • どのラリーを走らせても極めてミスが少なく、それがマキネンと並ぶWRCで4度のチャンピオンにつながったといっても過言ではない。その反面、トヨタ時代のチームメイトであったサインツがマシンの開発に時間と労力をラリー直前まで費やしていたのとは対照的に、マシンの開発・テストには熱心ではなく、これが後年、ハイテク化したWRカーに対応できなくなったとの見方もある。ただし、基本的にどのマシンも乗りこなせたため、それがタイトル獲得につながったともいえるかもしれない。また、サインツが一回のテスト走行で百数十箇所の改善要求を出したのに対し、カンクネンは調子の悪いマシンでも本番でそこそこ速く走らせたためマシンの欠点が見えにくく、双方とも逆の意味で開発者泣かせと言えた。
  • 昔の北欧ドライバーが得意としていた滑りやすいグラベルを得意としていた反面、ターマックは苦手であった。そのため、かつてのポルトガルやサンレモ(イタリア)、カタルニア(スペイン)といったミックスサーフェスのイベントでは、前半のターマックで後方にいても、後半のグラベルで一気に追い上げて上位に食い込むというラリー運びがよく見られた。ちなみに、4度目のタイトルを決めたのは1993年からオールターマックに変わったカタルニアだった。また、セリカのリストリクター違反でポイントを失ったものの、1995年のカタルニアではクラッシュするまでトップを独走した。
  • 1992年はランキング2位となったが、チャンピオン争いのライバルであったサインツとオリオールは、年間出場数いっぱいの10戦に参戦したのに対し、カンクネンはランチアの資金繰りが厳しくなったことを理由に、予定されていたアルゼンチンへの出場をキャンセルせざるを得なくなり、年間9戦しか出場しなかった。カンクネンは、この年出場したすべてのラリーで表彰台を獲得する抜群の安定感を示しているだけに、もし予定通り10戦に出場できていれば、カンクネンがタイトルを獲得していた可能性は十分考えられる。
  • フィンランド人ラリードライバーの先輩であり、友人でもあったヘンリ・トイボネンが1986年に事故死したことから、フランスのツール・ド・コルス・ラリーを極端に嫌っていた。カンクネン自身がターマックを苦手にしていたこともあるが、年間出場数に上限があった1990年代前半は、毎年このイベントをスキップしていた。
  • 1988年にパリ・ダカールラリーでプジョーから参戦し優勝するが、その年に終盤までトップを走っていたアリ・ヴァタネンのマシンが、モーリタニア共和国内で何者かによって略奪され(後に首都バマコ市内で発見される)、失格するというアクシデントが発生し、それに抗議するためか、ダカールでのゴール後に完走したドライバーがマシンと共に上がるウイニングランプを、シャンパンファイトやインタビューもせず、観客や取材陣を押しのけて素通りして行くという行動を見せた。
  • その豪快かつ堅実な走りと強さから、「ラリー界の帝王」の異名を賜った。
  • 葉巻をこよなく愛する。

タイトル[編集]

タイトル
1986 世界ラリー選手権 Peugeot 205 Turbo 16 E2
1987 世界ラリー選手権 Lancia Delta HF 4WD
1991 世界ラリー選手権 Lancia Delta Integrale 16V
1993 世界ラリー選手権 Toyota Celica Turbo 4WD


世界ラリー選手権での優勝[編集]

ラリー 開催国 コ・ドライバー
1985 Marlboro Safari Rally ケニア フレッド・ギャラハー Toyota Celica TCT
1985 Rallye Cote d'Ivoire コートジボワール フレッド・ギャラハー Toyota Celica TCT
1986 International Swedish Rally スウェーデン ユハ・ピロネン Peugeot 205 Turbo 16 E2
1986 Acropolis Rally ギリシア ユハ・ピロネン Peugeot 205 Turbo 16 E2
1986 Rally of New Zealand ニュージーランド ユハ・ピロネン Peugeot 205 Turbo 16 E2
1987 Olympus Rally アメリカ合衆国 ユハ・ピロネン Lancia Delta HF 4WD
1987 Lombard RAC Rally イギリス ユハ・ピロネン Lancia Delta HF 4WD
1989 Commonwealth Bank Rally Australia オーストラリア ユハ・ピロネン Toyota Celica GT-Four
1990 Rally Australia オーストラリア ユハ・ピロネン Lancia Delta Integrale 16V
1991 Martini Safari Rally Kenya ケニア ユハ・ピロネン Lancia Delta Integrale 16V
1991 Acropolis Rally ギリシア ユハ・ピロネン Lancia Delta Integrale 16V
1991 1000 Lakes Rally フィンランド ユハ・ピロネン Lancia Delta Integrale 16V
1991 Rally Australia オーストラリア ユハ・ピロネン Lancia Delta Integrale 16V
1991 Lombard RAC Rally イギリス ユハ・ピロネン Lancia Delta Integrale 16V
1992 Rallye de Portugal ポルトガル ユハ・ピロネン Lancia Delta HF Integrale
1993 Trustbank Safari Rally ケニア ユハ・ピロネン Toyota Celica Turbo 4WD
1993 Rally Argentina アルゼンチン ニッキー・グリスト Toyota Celica Turbo 4WD
1993 1000 Lakes Rally フィンランド デニス・ジロウデ Toyota Celica Turbo 4WD
1993 Telecom Rally Australia オーストラリア ニッキー・グリスト Toyota Celica Turbo 4WD
1993 Network Q RAC Rally イギリス ニッキー・グリスト Toyota Celica Turbo 4WD
1994 TAP Rallye de Portugal ポルトガル ニッキー・グリスト Toyota Celica Turbo 4WD
1999 Rally Argentina アルゼンチン ユハ・レポ Subaru Impreza WRC
1999 Neste Rally Finland フィンランド ユハ・レポ Subaru Impreza WRC


関連項目[編集]

外部リンク[編集]