ラリー・ド・ポルトガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WRC Portugal - Armindo Araújo (5559603396).jpg

ラリー・ド・ポルトガル(Rally de Portugal)はポルトガルアルガルヴェ地方で開催される世界ラリー選手権 (WRC) の一戦。1967年創設。1973年のWRC創設時からカレンダーの1戦として行われてきた。

特徴[編集]

熱狂的な観客がコース脇を埋め尽くすイベントとして知られ、1986年には観客を避けようとしたマシンが人垣に突っ込んで死傷者40数名を出す惨事が起き、グループB廃止の一因ともなった。

2000年には最優秀ラリー賞を受賞したが、観客整理の問題もあり、2002年には新設されたラリー・ドイチュラントと入れ替わる形でWRCカレンダーから外された。開催地をポルトガル北部のポルト周辺から最南端のアルガルヴェ地方へと移し、2007年よりWRCに復帰したが、その年にもシェイクダウン中に観客負傷事故が起きている[1]。2008年はインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ (IRC) のイベントとして開催され、2009年より再びWRCカレンダーに復帰した。

ラリーの拠点は南海岸の高級リゾート地ファロ。サッカー競技場のエスタディオ・アルガルヴェにサービスパークを設け、スーパーSSもここで行なわれる。SSは北側一帯の丘陵地を駆け巡るグラベルコースで、WRCの中でも難易度が高いコースのひとつとされる[2]。オープンな高速区間とタイトなテクニカル区間が混在し、タイヤの磨耗が激しい。土埃がひどいため、SSのスタート間隔を2分から3分に広げたこともある[3]

歴代優勝者[編集]

シリーズ 優勝者 車輌
ドライバー コ・ドライバー
1967年 ポルトガルの旗 Carpinteiro Albino ポルトガルの旗 Silva Pereira ルノー・8ゴルディーニ
1968年 イギリスの旗 Tony Fall イギリスの旗 R. Cellin ランチア・フルビアHF
1969年 ポルトガルの旗 Francisco Romãozinho ポルトガルの旗 "Jocames" シトロエン・DS
1970年 フィンランドの旗 シモ・ランピネン イギリスの旗 ジョン・ダベンポート ランチア・フルビアHF
1971年 フランスの旗 ジャン=ピエール・ニコラ フランスの旗 ジャン・トッド アルピーヌ・ルノーA110
1972年 ドイツの旗 Achim Warmbold イギリスの旗 ジョン・ダベンポート BMW・2002TI
1973年 WRC フランスの旗 ジャン=リュック・テリエ フランスの旗 ジャック・ジュベール アルピーヌ・ルノーA110 1800
1974年 イタリアの旗 ラファエル・ピント イタリアの旗 Arnaldo Bernacchini フィアット・アバルト124ラリー
1975年 フィンランドの旗 マルク・アレン フィンランドの旗 イルッカ・キビマキ フィアット・アバルト124ラリー
1976年 イタリアの旗 サンドロ・ムナーリ イタリアの旗 シルヴィオ・マイガ ランチア・ストラトス HF
1977年 フィンランドの旗 マルク・アレン フィンランドの旗 イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1978年 フィンランドの旗 マルク・アレン フィンランドの旗 イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1979年 フィンランドの旗 ハンヌ・ミッコラ スウェーデンの旗 アーネ・ヘルツ フォード・エスコートRS1800
1980年 ドイツの旗 ワルター・ロール ドイツの旗 クリスチャン・ガイストドルファー フィアット・131アバルト
1981年 フィンランドの旗 マルク・アレン フィンランドの旗 イルッカ・キビマキ フィアット・131アバルト
1982年 フランスの旗 ミシェル・ムートン イタリアの旗 ファブリツィア・ポンズ アウディ・クワトロ
1983年 フィンランドの旗 ハンヌ・ミッコラ フィンランドの旗 アーネ・ヘルツ アウディ・クワトロA1
1984年 フィンランドの旗 ハンヌ・ミッコラ フィンランドの旗 アーネ・ヘルツ アウディ・クワトロA2
1985年 フィンランドの旗 ティモ・サロネン フィンランドの旗 セッポ・ハルヤンヌ プジョー・205T16
1986年 ポルトガルの旗 Joaquim Moutinho ポルトガルの旗 Edgar Fortes ルノー・5ターボ
1987年 フィンランドの旗 マルク・アレン フィンランドの旗 イルッカ・キビマキ ランチア・デルタHF 4WD
1988年 イタリアの旗 ミキ・ビアシオン イタリアの旗 カルロ・カッシーナ ランチア・デルタインテグラーレ
1989年 イタリアの旗 ミキ・ビアシオン イタリアの旗 ティツィアーノ・シヴィエロ ランチア・デルタインテグラーレ
1990年 イタリアの旗 ミキ・ビアシオン イタリアの旗 ティツィアーノ・シヴィエロ ランチア・デルタインテグラーレ16V
1991年 スペインの旗 カルロス・サインツ スペインの旗 ルイス・モヤ トヨタ・セリカ GT-FOUR
1992年 フィンランドの旗 ユハ・カンクネン フィンランドの旗 ユハ・ピロネン ランチア・デルタHFインテグラーレ
1993年 フランスの旗 フランソワ・デルクール フランスの旗 ダニエル・グラタループ フォード・エスコートRSコスワース
1994年 WRC
W2L
フィンランドの旗 ユハ・カンクネン ウェールズの旗 ニッキー・グリスト トヨタ・セリカ4WDターボ
1995年 スペインの旗 カルロス・サインツ スペインの旗 ルイス・モヤ スバル・インプレッサWRX
1996年 W2L ポルトガルの旗 Rui Madeira ポルトガルの旗 Nuno Rodrigues da Silva トヨタ・セリカGT-FOUR
1997年 WRC フィンランドの旗 トミ・マキネン フィンランドの旗 セッポ・ハルヤンヌ 三菱・ランサーエボリューションIV
1998年 スコットランドの旗 コリン・マクレー ウェールズの旗 ニッキー・グリスト スバル・インプレッサWRC
1999年 スコットランドの旗 コリン・マクレー ウェールズの旗 ニッキー・グリスト フォード・フォーカスWRC
2000年 イギリスの旗 リチャード・バーンズ イギリスの旗 ロバート・レイド スバル・インプレッサWRC
2001年 フィンランドの旗 トミ・マキネン フィンランドの旗 セッポ・ハルヤンヌ 三菱・ランサーエボリューションVI
2002年 フランスの旗 ディディエ・オリオール フランスの旗 Thierry Barjou トヨタ・カローラWRC
200年 ポルトガルの旗 Armindo Araújo ポルトガルの旗 Miguel Ramalho シトロエン・クサラ キットカー
2004年 ポルトガルの旗 Armindo Araújo ポルトガルの旗 Miguel Ramalho シトロエン・クサラ キットカー
2005年 スウェーデンの旗 ダニエル・カールソン スウェーデンの旗 マティアス・アンダーソン スバル・インプレッサWRX
2006年 ポルトガルの旗 Armindo Araújo ポルトガルの旗 Miguel Ramalho 三菱・ランサーエボリューションVII
2007年 WRC フランスの旗 セバスチャン・ローブ モナコの旗 ダニエル・エレナ シトロエン・C4 WRC
2008年 IRC イタリアの旗 ルカ・ロセッティ イタリアの旗 マテオ・キャルコッシ プジョー・207 S2000
2009年 WRC フランスの旗 セバスチャン・ローブ モナコの旗 ダニエル・エレナ シトロエン・C4 WRC
2010年 フランスの旗 セバスチャン・オジェ フランスの旗 ジュリアン・イングラシア シトロエン・C4 WRC
2011年 フランスの旗 セバスチャン・オジェ フランスの旗 ジュリアン・イングラシア シトロエン・DS3 WRC
2012年 ノルウェーの旗 マッズ・オストベルグ ノルウェーの旗 ヨナス・アンダーソン フォード・フィエスタWRC
2013年 フランスの旗 セバスチャン・オジェ フランスの旗 ジュリアン・イングラシア フォルクスワーゲン・ポロR WRC
2014年 フランスの旗 セバスチャン・オジェ フランスの旗 ジュリアン・イングラシア フォルクスワーゲン・ポロR WRC
  • 1986年は観客死傷事故によりワークスチームが途中撤退。
  • 1994 - 1995年はWRCと2リッターワールドカップ (W2L) が併催。1996年はW2Lとして開催。
  • 2008年はインターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ (IRC) シリーズとして開催。

脚注[編集]

  1. ^ "<直前情報>WRC第5戦 ラリー・ポルトガル ". Car@nifty.(2007年3月30日)2013年12月11日閲覧。
  2. ^ "<直前情報>WRC 第3戦 ラリー・ポルトガル". Car@nifty.(2011年3月21日)2013年12月11日閲覧。
  3. ^ 福井敏雄 "2013年WRC第4戦ポルトガル". J SPORT.(2013年4月2日)2013年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]