ボルボ・XC90

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルボ・XC90
前期型(2002年-2007年)
Volvo XC90 front-1.JPG
後期型(2007年-)
Volvo XC90 Międzyzdroje2.JPG
乗車定員 5/7人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン DOHC水冷直列5気筒2.5L、209馬力/32.6kgm(2.5T)
DOHC水冷直列6気筒3.2L、238馬力/32.6kgm(T-6、3.2、3.2スポーツ、3.2R-DESIGN)
DOHC水冷V型8気筒4.4L、315馬力/44.9kgm(V8TE)
変速機 電子制御前進4速AT(T-6)
電子制御前進5速AT(2.5T)
電子制御前進6速AT(V8TE、3.2、3.2スポーツ、3.2R-DESIGN)
駆動方式 AWD(電子制御式)
サスペンション 前: マクファーソンストラット
後: マルチリンク式
全長 4.800-4,810mm
全幅 1,910-1,935mm
全高 1,685-1,695mm
ホイールベース 2,855mm
車両重量 2,150-2,210kg
-自動車のスペック表-

XC90は、フォード・モーターの1ブランドであるボルボ・カーズが製造、販売するクロスオーバーSUV型の中型高級乗用車である。

プラットフォームS80や他の大型のボルボ車に使われているボルボ・P2プラットフォームであり、S80と同じくエンジンは直列5気筒直列6気筒ガソリンエンジンを横置きする。直5はシングルターボ、直6はツインターボとなる。 その後、2005年にヤマハ製V8を搭載したV8TEを追加。 2006年にはエンジン展開を見直し、ボルボエンジンの代表であった直5を廃止。直6とV8エンジンで展開するが、ついに2010年からは直6のみとなる。

アメリカで最も売れているボルボ車であり、販売は売上の約25%を占める。

2003年から2014年までマイナーチェンジのみ。

歴史[編集]

2003年、北米トラック・オブ・ザ・イヤーおよびモータートレンド誌のスポーツ・ユーティリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞。

2005年、新型V8 4.4Lエンジンを追加。このエンジンはヤマハ製で、最大出力315馬力 (232kW) 、最大トルク44.9kg·m (440N·m) となる。年間目標販売台数は15,000台で、V8エンジン搭載モデルは当初、エンジン搭載位置の関係で、日本仕様では左ハンドルのみの設定だったが(ボルボの日本仕様で左ハンドルのみは大変珍しかった)。2006年11月より右ハンドルが追加設定され、ほぼ同時期にV8エンジン搭載モデルがイギリスオーストラリアなどでも販売された。

2006年AWDシステムにも改良がくわえられ、プレチャージ式電子制御AWDシステムを搭載。停止状態から発進する際、あらかじめ80Nmのトルクが後輪に配分される新技術で、これによりホイールスピンを軽減、従来以上に発進時のレスポンスを素早くする。エクステリアの変更点は、右ハンドル車の場合、左フェンダーミラーが装備され、死角対策が講じられた。

2007年、マイナーチェンジ。フロントグリルのデザインなどが変更された。また、特別限定車「XC90 3.2スポーツ」を設定。XC90 3.2(7人乗り仕様)をベースに、XC90シリーズ初の専用スポーツサスペンションと速度感応式パワーステアリング、強化アンチロールバー、通常よりも固めのセッティングのショックアブソーバーを採用した専用スポーツサスペンションを採用する。逆に装備をシンプルにし、価格を抑えた「ノルディック」も限定販売した。

2008年特別仕様車「3.2 R-DESIGN」を設定。専用スポーツサスペンションに、個性的で洗練されたボルボのスタイリング・コンセプト「R-DESIGN」の専用装備を施した限定車。19インチスペシャルデザイン・アルミホイール、デュアル・スポーツテールパイプ、フロントグリル、本革スポーツシート&スポーツステアリングホイールなどR-DESIGN専用仕様となる。限定80台、ハンドル位置は右。また、V8 TE AWDのフロントシートに「ベンチレーション機能」と「マッサージ機能」を、2列目シートに「シートヒーター」を新たに標準装備した。右ハンドル仕様、V8 TE AWDは左ハンドルが選択可能。

2009年限定車として設定されていた「Nordic(ノルディック)」と、スペシャリティ限定車として設定されていた「3.2 R-DESIGN(Rデザイン)」の2モデルを新たにカタログモデルとして設定し、ラインアップを一新した。「ノルディック」では、バイ・キセノンヘッドライト、本革シート、助手席パワーシート、ボディ同色ホイールアーチ、パークアシスト・リアを新たに標準装備化。新たにシリーズのトップレンジモデルとなる、「3.2 Rデザイン」は、電動ガラス・サンルーフを標準装備し、ボルボ初の20インチアルミホイールが装備される。右ハンドルのみの設定。

2010年この年からラインアップは標準的な「SE」と、専用サスペンションや本革スポーツシートなど、スポーティな「R-DESIGN(デザイン)」の2グレードに設定する。今回の改良では、大型フロントエンブレム採用したほか、全車にサイドビューカメラを標準装備とした。加えて、クロームトリム付フロントバンパーエアインテークを採用している。SEには、シルバーカラーのルーフレール、速度感応式パワーステアリング、18インチアルミホイールを標準装備とした。右ハンドルのみの設定。

2011年一部改良。シートは最大64通り、自由自在なシートアレンジが可能となった。また、サイドビューカメラ、ハイパフォーマンス・オーディオシステム(160W、8スピーカー/CDプレーヤー)、USBポートなどを装備。RSC(ロール・スタビリティ・コントロール)などのセーフティ機能を採用する。今回、モデル名を「3.2 SE AWD」から「3.2 AWD SE」に変更を行うとともに、R-DESIGNパッケージが追加設定された。右ハンドルのみの設定。

2012年モデル名を「3.2 AWD SE」から「3.2 AWD」へ変更を行った。右ハンドルのみの設定。

2013年マイナーチェンジ。ラインアップは、「3.2 AWD」と「3.2 AWD エグゼクティブ(3.2 AWD EXECUTIVE)」を設定。R-DESIGNを「3.2 AWD Rデザイン」としてラインアップ。全グレード、3.2L 直列6気筒エンジンを搭載、最高出力243馬力。トランスミッションは、6速ギアトロニック付きオートマチック。「3.2 AWD エグゼクティブ(3.2 AWD EXECUTIVE)」には、専用エンブレム、パーフォレーテッド・ソフト・レザー・シート(フロント:ベンチレーション機能およびマッサージ機能付)、リア・シートヒーター(2列目)を装備。また、全グレードに盗難防止システム「ボルボ・ガードシステム(インテリア・ムーブメント・センサー付)」を標準装備。右ハンドルのみ設定。

関連項目[編集]

リンク[編集]