ホセ・タバタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・タバタ
José Tábata
ピッツバーグ・パイレーツ(マイナー)
José Tábata on June 14, 2012.jpg
パイレーツ時代(2012年6月14日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 アンソアテギ州エル・ティグレ
生年月日 1988年8月12日(26歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2005年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・ヤンキースと契約
初出場 2010年6月9日
年俸 $1,166,667(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホセ・ニコラス・タバタ(José Nicolas Tábata, 1988年8月12日 - )はベネズエラアンソアテギ州エル・ティグレ出身のプロ野球選手外野手)。現在は、MLBピッツバーグ・パイレーツの傘下に所属している。

公式発表では1988年8月12日生まれとなっているが、実際には3~4歳ほど年長なのではないかという噂が絶えない[2]

経歴[編集]

プロ入りとヤンキース傘下時代[編集]

17歳でニューヨーク・ヤンキースとプロ契約し、初年度の2005年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで打率.314を記録。

2006年はA級のチャールストン・リバードッグスで打率.298を記録、若手有望選手を集めたオールスター・フューチャーズゲームの一員に選出された。ピッツバーグで行われたこの試合で世界選抜チームの中堅手として出場、3打数1安打を記録した。

2007年はA+級のタンパ・ヤンキースでプレー。

パイレーツ時代[編集]

2008年7月26日ロス・オーレンドルフジェフ・カーステンスダニエル・マカッチェンと共に、ゼイビア・ネイディダマソ・マルテの交換要員としてピッツバーグ・パイレーツトレードされた。

2010年6月9日ワシントン・ナショナルズ戦でメジャーデビューを果たし、いきなり2安打を放つ活躍を見せた。

2014年6月24日に、ロースター外となった[3]。8月25日に、再度ロースターに登録された。オフの10月25日に、DFAとなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2010 PIT 102 441 405 61 121 21 4 4 162 35 19 7 5 1 28 0 2 57 7 .299 .346 .400 .746
2011 91 382 334 53 89 18 1 4 121 21 16 7 1 3 40 1 4 61 8 .266 .349 .362 .711
2012 103 374 333 43 81 20 3 3 116 16 8 12 6 0 29 0 6 58 7 .243 .315 .348 .664
2013 106 341 308 35 87 17 5 6 132 33 3 1 5 0 23 0 5 45 6 .282 .342 .429 .771
通算:4年 402 1538 1380 192 378 76 13 17 531 105 46 27 17 4 120 1 17 221 28 .274 .339 .385 .723
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 31 (2010年 - )

脚注[編集]

外部リンク[編集]