フォード・トランジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トランジットTransit )は、フォード・モーターヨーロッパで製造しているパネルバン(panel van)、ミニバス、ピックアップ・トラックである。

トランジットは40年以上に渡りヨーロッパで最も販売数の多い軽貨物自動車であり、幾つかの国では「トランジット」の用語はトランジット・クラスの軽商用車を指す一般的な用語となっている[要出典]

1953年以来、何度かのフェイスリフト・モデルを含めた基本的な3世代で総計500万台以上のトランジットが生産されている。

生産拠点[編集]

モデル世代[編集]

第1世代 (1953-1965)[編集]

フォード・タウヌス トランジット
フォード・タウヌス トランジット
Ford Taunus Transit 1964 1.JPG
Ford Taunus Transit 1964 2.JPG
エンジン L4
駆動方式 FR
生産工場 ケルン(ドイツ)
-自動車のスペック表-
西ドイツでは「"第1世代"」のトランジット

英国製のトランジット「"系列"」とは異なり、フォード社が最初に「トランジット」のバッジを付けた量産車は西ドイツケルン工場で製造していたバンであった。この車は1953年に「FK 1000」(フォード・ケルン:Ford Kölnの積載量1,000 kg)として市場に導入され、1961年から「フォード・タウヌス トランジットFord Taunus Transit)」と呼ばれた。このモデルの生産は1965年に終了した。

命名システム[編集]

西ドイツ製の車は広範囲には輸出されなかったために「"マーク1"("Mark 1")」の呼称は一般的には英国製の1965-78年モデル(下記参照)に与えられた。1965年以降のトランジットには3種類の基本モデルが存在するが、長い年月の間に様々なフェイスリフトや改良を施された結果、ある資料ではフェイスリフトされただけで新しい「マーク」番号を与えられその他の資料ではそうなっていないなど「マーク」番号の使用には混乱が見られる。1994年モデル発表のために出版されたフォード社自身の社史のトランジットの項では生産年度毎のトランジットに言及することでこの世代表記の混乱を避けている[1]。それ故、この記事内では全て一般的な命名システムを適用している。

名称の起源[編集]

フォードは1970年代半ばまでアイルランドコークに工場を保有していた。第二次世界大戦直後に現地のフォード・ガレージの「"トランジット・ガレージ"("The Transit Garage")」は、現地のコーク・20 ラリー(Cork 20 Rally)と競合する2座スポーツカーのフォード・スペシャル(Ford Special)を製造していた。この車はレースで活躍しフォード・トランジットとして知られ、この名称は現地工場の采配の下で確立され著名なものとなった。商用バン用の名称を探していたときに既に名声を確立していた「フォード・トランジット」の名を使用することが可能になっていた。元々のフォード・トランジットは2000年に修復が始まり、2007年時点でこの車は北アイルランドにある[要出典]

フォード・トランジット 1965-1978[編集]

フォード・トランジット
フォード・トランジット
Ford transit 2 v sst.jpg
Ford transit 2 h sst.jpg
エンジン V型4気筒 2.0L エセックス、L4V6
駆動方式 FR
生産工場 サウサンプトン(英国)、ヘンク(ベルギー)、コジャエリ(トルコ)
-自動車のスペック表-
英国では「"マーク1"」;西ドイツでは「"第2世代"」

最初の本来のフォード・トランジットは1965年10月に導入され、現在まで3種類の基本モデルが生産され続けている。バンは当初イングランドバークシャーにあるラングレー(Langley)工場(以前は第二次世界大戦中にホーカー ハリケーン戦闘機を生産していた航空機工場であった)で生産されていたが、工場の生産能力が限界に達したためサウサンプトンへ移され、それ以来生産はその地で続けられている。トランジットの生産はベルギーヘンクトルコの工場でも行われ、中国市場向けのトランジットの生産は中華人民共和国でも行われている。

トランジットはミッドシップエンジン、キャブオーバー式小型バンのフォード・テームズ 400E(Ford Thames 400E)の代替として導入された。テームズは狭いトレッド(左右輪の幅)で有名であり、似たような外観でより大型のBMC・J4J2バンやルーツ・グループのコマー(Commer)PBシリーズの競合車であった。その後の英国市場はテームズの積載面積が小さかったためにかなりの数の企業ユーザーの獲得に失敗し、競合車のベッドフォード・CABedford CA)に顧客を奪われてしまった。そこでフォード社は車の基本構成から考え直し、1950年代ベッドフォードBedford)社が好評のCAで先鞭をつけたフロントエンジン配置に変更することにした。ヘンリー・フォードII世(Henry Ford II)の革命的な処置は、英国・フォードとドイツ・フォードの技術開発を統合することで、両社はヨーロッパのフォードのために協力して試作車を造り上げた。これ以前はこの2つの子会社はお互いの国の市場で競合することを避けていたが、その他のヨーロッパ市場では互いの製品が直接競合関係にあった。

トランジットは当時のヨーロッパ製商用車にとり大きな出発点であった。その幅広いトレッドと米国風のスタイリングは当時の競合車よりも搭載量で大きな優位性を持ち小さな物品の輸送に革命を起こした。トランジットの機械部品のほとんどは当時の各種フォード車からの流用であった。トランジットが成功したもう一つの要因は様々なボディ形式を取り揃えていたことでパネルバンには長短ホイールベースがあったがピックアップ・トラック、ミニバス、クルーキャブといったモデルは極く僅かであった。英国では1.7 L と 2.0 LのエセックスV4ガソリン・エンジンとパーキンス社(Perkins)製の43 bhp (32 kW) ディーゼルエンジンも提供された。このエンジンはトランジットの短い鼻先に搭載するには長すぎたのでディーゼルエンジン版は長いボンネットにスタイリングを変更された。劇的に低馬力であったパーキンス社製エンジンは不人気であることが分かり、1974年にフォード社は自社製の"ヨーク"("York")エンジンに換装した。ヨーロッパ本土ではトランジットはケルンで生産される1.7 Lのドイツ製タウナス用V4エンジン(Ford Taunus V4 engine)か2.0 LのエセックスV4エンジンを搭載していた。

3.0 LのV型6気筒(V6)エンジンを搭載するためにディーゼル版の鼻先の長いバンが警察と救急車用に供給された。

オーストラリアではフォード・ファルコンに使用されていた直列6気筒エンジンを搭載するためにディーゼル版の鼻先を延ばした顔を持ったモデルがあった。

英国の警察によると1970年代に発生した全ての強盗事件の95%にこのモデルのトランジットが関わっていた[要出典]

フォード・トランジット 1978-1986[編集]

フォード・トランジット
フォード・トランジット
Ford transit 4 v sst.jpg
Ford transit 4 h sst.jpg
エンジン L4 ピント
V6 エセックス
駆動方式 FR
-自動車のスペック表-
英国では「"マーク2"」;西ドイツでは「"第3世代"」

1978年3月に顔付きが変更され、新しい内装とエセックスV4・エンジンの替わりにコーティナのピント・エンジン(Pinto)を搭載したフェイスリフトを施されたモデル(幾つかの市場では「"マーク2"」の名で知られる)が発表された。しかし多くの企業ユーザーは初期のピント・エンジンに発生したカムシャフトの早期磨耗という問題を経験し、2年の間トランジット 75には1600ccのフォード・ケント 「"ゼクスフロー"("Xflo")」エンジンが提供された。警察車両や救急車向けには3.0 L V6のエセックス・エンジン(Essex engine)搭載の高性能版も提供された。1984年にヨーク・ディーゼルエンジンは2.5 Lの「"DI"」(ダイレクト・イグニッション)エンジンに再設計された。この世代のモデル末期には、以前はボディと同色だったヘッドライト周りをラジエターグリルと共に黒いゴム製にすることを含めた僅かなフェイスリフトを受けた。このフェイスリフトは一般的には新しい「マーク」番号を与えられて呼ばれない。

フォード・トランジット 1986-1991 (VE6) &フェイスリフト後1991-1994 (VE64)[編集]

フォード・トランジット
フォード・トランジット
Ford transit 5 v sst.jpg
Ford transit 5 h sst.jpg
エンジン L4
駆動方式 FR
-自動車のスペック表-
英国では「"マーク3"」とフェイスリフト後「"マーク4"」;西ドイツでは「"第4世代"」

1986年1月に第2世代のトランジット・プラットフォームという物が発表された。これは「"ワンボックス"」デザイン(フロントウインドシールドとボンネットが同一の角度をなす、いわゆる「ワンモーション」スタイル。)の全く新しいボディと、キャブ・シャシ運転台とシャシのみの状態)とロングホイールベース(LWB)版以外の前輪は完全な独立懸架に改められた。
駆動方式はFRのままで、搭載されるエンジンのほとんども先代(1978年 - 1985年)の最終モデルからそのまま引き継がれたが、1989年に高性能版の3.0 L ガソリンエンジンはケルン製2.9 L 燃料噴射装置付きV6に置き換えられた。
1992年に僅かなフェイスリフトが施され、全てのモデルの前輪が完全独立懸架化される一方で、床構造が再設計され、ホイールハウスを縮小するためLWB版の後輪がシングル・タイヤとなった。これらの後期型は、より丸みを帯びたヘッドランプで識別できる。

この世代のトランジットはテレビ番組のトップ・ギア内の「バン対決(Van Challenge)」でジェレミー・クラークソンに使われ2位を獲得した。(対決相手は小さなスズキ・スーパーキャリー:Suzuki Super Carryと巨大なLDV・コンヴォイ:LDV Convoy)この対決では1,000UKポンド以下で購入でき、典型的なバンの使用用途を想定した1/4マイル・ドラッグレース(街中での走行);家具の積み込み、運搬(積載性、積み込み性);テールゲート(視認性);"破損した"ドアの交換(補修性);カーチェイス(操縦性)等の項目が試された。トランジットは敏捷さに関する評判、特に最終項目のカーチェースで、鈍重なLDVや、最初のカーブで横転した、安定性に欠けるスズキよりも遥かに高いその性能を証明した。

フォード・トランジット 1994-2003 (VE83)[編集]

フォード・トランジット
フォード・トランジット
Ford Transit front 20080222.jpg
Ford Transit rear 20080222.jpg
エンジン L4
駆動方式 FR
-自動車のスペック表-
英国では「"マーク5"」;西ドイツでは「"第5世代"」

1994/5年に大掛かりなフェイスリフトが行われ、新しい顔付きとダッシュボードが1994 - 98年のフォード・スコーピオに使用されていた2.0 L DOHC 8バルブ エンジンと共に採用された。このエンジンは初期のシエラ(Sierra)のDOHCエンジンと似ていたが、ディストリビューターを使用せず、EEC-V並みに改良されたOBD II(自己故障診断)エンジン制御部品を使用していた(スコーピオ、エスコート RS2000:Escort RS2000ギャラクシーに使用されたフォード社製16バルブエンジンの幾つかはこのエンジンのブロックを基にしていた)。これと同時にエアコンパワーウィンドウ、セントラルロック、電動ミラーが全てオプションで装着できるようになった。

このモデルのあだ名は「"スマイリー"("Smiley")」というもので、ラジエターグリルの形状が笑顔を連想させることから付けられた。

ターボ・ディーゼル版は85 PS (63 kW)、100 PS (74 kW)と燃料噴射装置付は115 PS (85 kW)であった。

1995年にトランジットの30周年を記念してフォード社はトランジット ホールマーク(Transit Hallmark)と呼ばれる限定モデルを発売した。3色のボディ色が各200台、合計600台が生産された。

フォード・トランジット 2000-2006 (V184/5)[編集]

フォード・トランジット
フォード・トランジット
Ford Transit front 20071231.jpg
Ford Transit rear 20071231.jpg
エンジン L4
駆動方式 FF又はFR
-自動車のスペック表-
英国では「"マーク6"」;西ドイツでは「"第6世代"」

2000年7月に導入された次のトランジットは、フォーカスKaの様な「"ニューエッジ"("New Edge")デザイン」からスタイリング上の特徴を取り入れた全く新しい設計としては3代目の車であった。開発は英国のフォード社で行われ、革新的な点は前輪駆動(FWD)か後輪駆動(RWD)のどちらかが選べることであった。フォード社の社内呼称ではFWD:V185とRWD:V184であった。このモデルには2000年モデルのモンデオジャガー・Xタイプにも使用された「"ピューマ"("Puma")」タイプのデュラトルク(Duratorq)・ターボディーゼルと2.3 L 16バルブ直列4気筒ガソリンエンジンが搭載された。このエンジンによりトランジットは60 mph (97 km/h)の加速に21秒、最高速度は93 mph (150 km/h)に達し、最初期のモデルでは乗用車並みの性能を持つことを示した。2005年トップ・ギアドイツのレーサーのサビーネ・シュミッツジェレミー・クラークソンの運転するターボディーゼルのジャガー・Sタイプと対決しニュルブルクリンクを10分8秒で走りこのモデルのスピードをデモンストレーションした。対決で彼女はクラークソンに負けはしたが僅か数秒差であった。

このモデルは2001年度のインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤー(International Van of the Year)を獲得した。

デュラシフト(Durashift)EST オートマチックトランスミッション(AT)(後輪駆動の全モデルにはオプション)はダッシュボード上にシフトレバーと手動モード、牽引モード、エコノミーモード、冬季モードの各種モードを備えていた。

2年後にフォード社は、旧態化したエスコートフィエスタのパネルバンの代替を目的としてC170(フォーカス)プラットフォームを使用した小型パネルバンのトランジット コネクト(Transit Connect)を導入した。この車はフルサイズのトランジットとは技術的な共通点はほとんど無いが、トルコに新しく建設された工場でトランジットのバンと並行して生産されている。

2002年に最初の高圧コモンレール(High Pressure Common Rail:HPCR)・ディーゼルエンジンが125 PS (92 kW)のHPCR 2.0 Lエンジン搭載のFWD車の発表と共にトランジットに導入された。

2004年に135 PS (99 kW) の2.4 Lエンジンが最初のRWDのHPCR車がRWD車用のMT-82型6速MTと同時に導入された。

500万台目のトランジットが2005年7月18日月曜日にサウサンプトン工場の生産ラインを離れ、英国のチャリティーに寄付された。

フォード・トランジット 2006-現在 (V347/8)[編集]

フォード・トランジット
フォード・トランジット
Ford Transit front 20071124.jpg
Ford Transit rear 20071124.jpg
エンジン L4 2.2L デュラトルクTDCi
L4 2.4L デュラトルクTDCi
L5 3.2L デュラトルクTDCi
L4 2.3L デュラテック[2]
変速機 5速MT、6速MT
駆動方式 FF又はFR
全幅 77.7 in (1974 mm)
ホイールベース 147.6 in (3749 mm)
車両重量 1800 kg (3968 lb) [3]
(2.2L デュラトルク、中間ホイールベース、ミィディアムルーフ、パネルバン)
-自動車のスペック表-
英国では「"マーク7"」;西ドイツでは「"第7世代"」

2006年8月のトランジットは、新しいヘッドライト、テールライト、新しい顔付きとダッシュボードから突き出したシフトレバーと新しいフォード社独自デザインのカーオーディオを備えた新しい内装といった内容のフェイスリフトを受けた。外観が変更されると共にエンジンも全て一新された。古いガソリンエンジンはフォード・レンジャーに搭載されている物に替えられ、FWDのディーゼルは2.0 Lから2.2 Lへ排気量が上げられ、全てのディーゼルエンジンは高圧コモンレール・システム(TDCi)が採用された。動力系は新しい環境規制に合致するように変更された。この新しいトランジット(フォード社の社内呼称ではFWD:V347とRWD:V348)は、全く新規モデルの競合車が何台かあったにも関わらず2007年度のインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2006年半ばに130 PS (96 kW)エンジンと「"ルマン"("Le Mans")」ストライプ、18inアルミホイールなどの外装品を装備した限定生産車の「"スポーツバン"("Sport Van")」が発表された。

2007年遅くに130 PS 版に代えて140 PS (103 kW) のFWD用エンジンが大出力に対応した6速MTのVMT6型トランスアクスルを装着して発表された。

2008年遅くに110 PS (81 kW) エンジンが115 PS (85 kW)に増強されたときに中馬力のFWD用に6速MTが導入された。

2008年遅くに、現在のユーロIV(Euro IV)規制より厳しい排気ガス規制に合致するように設計された「("coated Diesel Particulate Filter":cDPF)」が全てのディーゼルエンジン車にオプションとして導入された。

2010年3月16日、ベトナムにて2007年モデルが、運転者の操作によらず加速する現象が把握され、交通運輸相兼国家交通安全委員長の支持により自動車登録検査局が緊急調査を開始した。フォード・ベトナムは、翌17日、製品に欠陥はなくエンジンの特性であるという見解を示した[4]

フォード・トランジット XXL[編集]

フォード・トランジット XXL

トランジットがインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤーを獲得したことを記念してフォード社はこのストレッチ・リムジン(stretch limo)スタイルのトランジット XXLを製造した。この車は1台のみの特製で現在までで最高価格のトランジットである。

北アメリカ[編集]

2007年9月10日アメリカ大陸メキシコでフォード・トランジットが発売され9つの異なるモデルが提供されている。メキシコはアメリカ大陸でトランジットが販売されている唯一の国である。フォード社のCEOのアラン・ムラリー(Alan Mulally)は最近その他の北米地域でもトランジットを販売すると決定した。

直列4気筒のディーゼルエンジン、MT、軽量、空力的に優れたデザインによりトランジットは、北米でのフォード社のもう1つの持ち駒であるV型8気筒エンジン、ATのEシリーズよりも燃費性能が優れていると考えられる。

出典[編集]

  1. ^ "Van World" marketing periodical; in article "1965-1995: 30 years and 3,000,000 Transits later"; pub. Ford Motor Company Ltd., Brentwood, UK; Autumn 1994
  2. ^ Ford Transit Powertrain
  3. ^ Ford Panel Vans specifications brochure
  4. ^ http://news.nna.jp/free/news/20100318icn001A.html

外部リンク[編集]