フォード・Eシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1997-2000 フォードエコノライン

フォードEシリーズは主にコマーシャル用途として使用されるバンである。 1961年にファルコンエコノラインとして登場、VWのバンを参考に開発された、フルサイズバンの元祖である。 (GMシボレークライスラーも同時期に開発されている。) 当初はVWバン同様のサイズ(ホイールベース2300mm程度)で作られたが、平均的な北米家庭には小さすぎるため、 68年,75年とモデルチェンジを繰り返す毎に拡大され、いつしかフルサイズバンと呼ばれるようになった。

標準的なE150シャシとヘビーデューティー向けのE350シャシなどが存在する。(旧モデルでは更にヘビーデューティー向けのE450シャシが存在)

エンジンリンカーンフォード・エクスプローラーと同様のV8 4.6L SOHC24バルブが標準搭載され、 オプションでフォード・エクスペディション同様のV8 5.4L SOHC24バルブを搭載する事が可能である。E350シャシベースであれば、V10の6800CC SOHC 24バルブも存在する。

1961 - 1967[編集]

フォード エコノライン

初代モデル。小型車であるフォード・ファルコン1961年に登場したシボレー・コルベア・サポートバンフォルクスワーゲン・タイプⅡと競合していた。

エンジンがフロントシート直下に搭載され、前車軸が運転席直下に配置されるフルキャブオーバー方式となっていた。

後に、3列シートの8名が乗車できるカーゴバンが追加されている。

このモデルはAT&T社の社用車として大量に採用されていた。

1968 - 1974[編集]

2代目モデル

1968年に 2代目モデルのフォード E-シリーズへフルモデルチェンジ。 エンジンがフロント下に移された。デザインは、ヨーロッパ仕様であるフォード・トランジットに似せたものであった。 "Twin I-Beam"と呼ばれるフロント・サスペンションのV8エンジンが搭載された。

1971年にグリルデザインが変更された。

1972年にはスライド式の後部ドアが装着された車型を発売。

1975 - 1991[編集]

1983-1991 Ford Club Wagon

1975年にフルモデルチェンジし、新型の販売を開始。人間工学に基づいたモデルとフル・フレーム構造でシャシトラックのものを使用した。商用モデルがエコノライン、乗用モデルがクラブワゴンという名前になった。

1979年に一部改良。フロント・グリル、ヘッドライトが変更され、正方形の規格型ヘッドライトに改良された。

1983年にフォードの"Blue Oval" ロゴがフロント・グリルに装着された。

なお、フロントデザインは、後に登場したフォード・レンジャーとSUVモデルであるフォード・ブロンコⅡと似たものになっている。

1992 -[編集]

1992-95 クラブ ワゴン

1992年に登場したEシリーズは、4.0、5.0、5.8、V8 7.5リッターの各排気量のガソリンエンジンと、7.3リットルのフォード・パワーストロークV8ディーゼルエンジンを搭載している。Chateau Club Wagon仕様は、モータートレンドマガジンの同年のトラック・オブ・ザ・イヤーに選出された。開発にあたっては、空気抵抗を低減する空力を考慮したデザインが採用された。

1995年モデルはオレンジ色のリアウインカーに変更されたが、後に赤一色に戻されている。

1997年モデル[編集]

1997年に一部改良を実施し、前のグリルデザインが変更された他には、バンパー形状、ダッシュボードのレイアウトが改良され、助手席にもエアバッグが装着可能になった。また、V8フォード・トリトン・エンジンが搭載された。

2001年モデル(これ以降はEシリーズ)[編集]

2001年に一部改良と同時に北米の一般家族向けのE-150 トラベーター(Traveler)を発売。

同時に車名がエコノラインからEシリーズに変更となった。

2003年モデル[編集]

2003-2005 E-350

2003年に一部改良を実施。フロントグリルのデザインが変更され、フォードのロゴ・マークが装着され、新しいエンジンカバー、カップホルダー、グローブボックスが装備された。

2004年には、 新型6.0Lパワー・ストローク(Power Strok)ディーゼルエンジンが7.3Lディーゼルエンジンの代替として搭載され、エンジン出力は7.3Lと揃えられた。

2006年には、V10の6.8Lエンジンが搭載された。

2008年モデル[編集]

2008 E-シリーズ・ワゴン

2007年3月に、フォードはニューヨーク・オート・ショーで新型Eシリーズを発表した。新しいEシリーズバンは、2008年型のスーパーデューティートラックに似せたデザインとなった。 新型車は車両前後の外装デザインが変更され、ヘッドライトの大型化と大型グリルへの変更が行われた。エンジンは6.0Lディーゼルターボをスーパーデューティー(Super Duty) Eシリーズに搭載し、スーパーデューティーFシリーズには、新開発の6.4Lツインターボディーゼルエンジンが搭載された。また、ブレーキ系統、サスペンション、ステアリングシステムにも改良が加えられた。

2009年モデル[編集]

2009年型のEシリーズはダッシュボードが改良され、ナビゲーションシステムが装着可能となった。スイッチ類はスーパーデューティー・トラックと共通となった。

09年モデルにはバックカメラがオプションで装備が可能になった。これはフォードのフルサイズバンの純正オプションとしては史上初の設定であった。

エンジンは、4.6Lガソリンと5.4Lディーゼルエンジンが搭載されている。

後継車[編集]

フォード社は、2014年に次期モデルを発表するとしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]