ルーツ・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーツ・グループ (The Rootes Group) は、かつて存在したイギリス自動車会社である。

自動車ディーラーとして創業し、1930年代までに、ヒルマンハンバーサンビームタルボなどといった、いずれもイギリスの自動車メーカーを傘下におさめた。1960年代にはアメリカのクライスラーがその経営権を得、1967年には「クライスラー・ヨーロッパ社」として再組織した。同社は、1977年に経営破綻した。

概要[編集]

1919年にウィリアム・ルーツ (William Rootes) が、自動車ディーラーとしてイギリスのケントで創業した。ルーツ社は、1924年までには同国で最大の乗用車・トラック販売会社となった。

1929年、自動車会社ヒルマンハンバー等を買収することによって自動車メーカーとなった。さらに1935年には、サンビームタルボといった複数の自動車メーカーを買収し、傘下におさめた[1]

第二次世界大戦後には、自動車会社シンガーを1956年に買収した。1950年代後半、ルーツ・グループは、ブリティッシュ・モーター・コーポレーションに次ぐ、イギリスで第二の規模の自動車メーカーであった。

1960年代、アメリカの自動車会社クライスラーが段階的に資本参加して子会社化した。1967年、同じく子会社とした自動車会社シムカとルーツ・グループとを併せて、クライスラーの欧州法人「クライスラー・ヨーロッパ」とした。ルーツ・グループに由来するバンやトラックは、1976年までにすべてダッジ・ブランドとなった。ルーツ・グループに由来する自動車ブランドが冠される乗用車も、1977年までにはすべて消滅した。

クライスラー・ヨーロッパ社は1977年に倒産、翌1978年PSA・プジョーシトロエンが買収した。一時タルボのブランド名使用が復活したが、1987年には再び消滅した。

主なモデル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ いわゆる「バッジエンジニアリング」として、買収した後もそのメーカーのブランドを使い続けた。