ビオー呼吸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビオー呼吸(Biot's respiration)とは無換気状態から急に深大な呼吸を開始して換気状態になる呼吸の状態。髄膜炎性呼吸間欠髄膜炎性呼吸断絶髄膜炎性呼吸とも呼ばれる。チェーンストークス呼吸と同様に無換気と深呼吸の反復であるが、チェーンストークス呼吸とは異なり、一過性である。牛のワラビ中毒サクシニールコリンクロライド注射、髄膜炎などで認められる。フランス内科医カミーユ・ビオー(en:Camille Biot)により発見されたことから命名された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104