閉塞性肺疾患

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
閉塞性肺疾患
分類及び外部参照情報
MeSH D008173
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

閉塞性肺疾患(へいそくせいはいしっかん、英語: Obstructive lung disease)とは、呼吸器疾患の一つで、気道の狭窄症状との過膨張を主徴候とするものを指す。共通の所見として呼気延長1秒率の低下、喘鳴残気量の増加、%肺活量には変化がないことなどが挙げられ、気管支喘息慢性気管支炎肺気腫びまん性汎細気管支炎が含まれるとする。

また最近では慢性気管支炎と肺気腫の2つを合わせて慢性閉塞性肺疾患(COPD)という呼び方もされている。なお、慢性閉塞性肺疾患に対する根治的治療法は現時点ではない。主な発生起因は喫煙といわれており、COPD患者の90%は喫煙者である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]