トクマサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トクマサ(得正)
Tokumasa1936.jpg
根岸御賞典を拝受したトクマサ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1933年
死没 1943年以降不明
トウルヌソル
種正
生国 日本の旗 日本千葉県
生産 下総御料牧場
馬主 山中清兵衛
調教師 尾形景造東京
競走成績
生涯成績 27戦9勝
獲得賞金 6万3602円75銭
テンプレートを表示

トクマサ(得正)は日本競走馬1936年に行われた第5回東京優駿大競走(日本ダービー)優勝馬である。血統は父が戦前の大種牡馬トウルヌソル、母も輸入繁殖牝馬種正 (Young Man's Fancy) という良血で、全兄帝室御賞典(阪神)で勝ったキンチヤンがいる。

戦歴[編集]

第五回東京優駿大競走(外4番がトクマサ)

東京優駿大競走は6走目。1勝馬の身ながら挑み、最後の直線で騎手の伊藤正四郎(伊藤正徳調教師の実父、伊藤雄二元調教師の義父)がが折れるほどの気合の騎乗を見せ、2分42秒1のタイムで優勝した。5番人気で勝利した結果、競走後に特払い特別給付金)が出る大穴であった。このとき重馬場(実際は稍不)を見越してトクマサにスパイクを履かせていたという。

ほかに東京優駿大競走の翌月横浜で行われた帝室御賞典1937年目黒記念(春)、中山記念(秋)などの勝ち鞍がある。全成績は27戦9勝、獲得賞金は6万3602円75銭。

引退後は朝鮮の蘭谷牧場で種牡馬として供用されたが、終戦の混乱期に行方不明となり、1943年以降の消息は資料散在もあり不明である。なお、東京優駿大競走で伊藤正四郎が使用した鞭は、トクマサを生産した下総御料牧場(御料牧場は栃木県塩谷郡高根沢町に移転、現在は三里塚御料牧場記念館となっている)に保存されている。

競走成績[編集]

評価[編集]

血統表[編集]

トクマサ血統ゲインズバラ系5号族(5-h) / Hampton5.5×5=9.38% St.Simon5.5×5)

*トウルヌソル
Tournesol
1922 鹿毛
Gainsborough
1915 鹿毛
Bayardo Bay Ronald
Galicia
Rosedrop St.Frusquin
Rosaline
Soliste
1910
Prince William Bill of Portland
La Vierge
Sees Chesterfield
La Goulue

種正
*Young Man's Fancy
1920 鹿毛
Junior
1909 黒鹿毛
Symington Ayrshire
Siphonia
Scylla Eager
Sirenia
Enthusiast's Last
1909
Enthusiast Sterling
Cherry Duchess
Myrrha Baliol
Hetty F-No.5-h

参考文献[編集]

  • 『日本ダービー50年史』 日本中央競馬会、1983年
  • 今井昭雄 『ダービー馬の履歴書』 保育資料社、1987年ISBN 978-4829302170

外部リンク[編集]