アドマイヤベガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドマイヤベガ
Admirevega.jpg
2000年11月25日 東京競馬場
英字表記 Admire Vega
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1996年3月12日
死没 2004年10月29日(8歳没)
サンデーサイレンス
ベガ
母の父 トニービン
生国 日本の旗 日本北海道早来町
生産 ノーザンファーム
馬主 近藤利一
調教師 橋田満栗東
厩務員 児玉武大
競走成績
生涯成績 8戦4勝
獲得賞金 2億9060万2000円
テンプレートを表示

アドマイヤベガ (Admire Vega) とは、日本競走馬種牡馬である。1999年東京優駿(日本ダービー)に優勝した。母ベガは桜花賞優駿牝馬(オークス)を勝った名牝。全弟にセントライト記念を勝ったアドマイヤボス、半弟に朝日杯フューチュリティステークス帝王賞などGI7勝をあげたアドマイヤドンがいる。

来歴[編集]

ベガはサンデーサイレンスとの初めての仔を受胎したが双子だった。双子は競走馬として大成しないと言われているため、片方の胎子がつぶされ、もう片方が残された。そして、残された方の胎子から生まれたのがアドマイヤベガだった。生まれたとき、母ベガと同様に左前脚が内側に曲がっていた。

競走馬時代[編集]

1998年11月7日の新馬戦でデビューし1位に入線したが、最後の直線走路で斜行したために4着降着の処分を受けた。次走には未勝利戦ではなく、形の上で格上挑戦となる500万下特別のエリカ賞を選び、スリリングサンデーらを相手に勝利した。3戦目は、ラジオたんぱ杯3歳ステークス(GIII)に出走し、これも優勝し2歳を終えた。

1999年、3歳となったアドマイヤベガはクラシック戦線へ向かった。初戦は、皐月賞トライアル弥生賞(GII)に出走、単勝オッズ1.5倍と断然の1番人気に推されるが、ナリタトップロードに敗れた。しかし、上がり3ハロンのタイムは出走メンバー中最も速かった。次に皐月賞GI)に向かうが、直前に体調不良を起こし、馬体重を-12kgと大幅に減らして出走した。それでも1番人気に推されたが、テイエムオペラオーの6着に終わった。

その後、東京優駿(GI)に出走した。ここで初めて2番人気になるが、馬体重を+10kgと体調を戻してきた。道中は後方に控え、最後の直線で先に抜け出したテイエムオペラオー・ナリタトップロードの二頭を大外から後方一気の末脚でかわし、当時アイネスフウジンが持っていたレースレコードタイ記録(2:25.3)で優勝した。このレースで(前年スペシャルウィークに続いて)武豊は史上初のダービー連覇を達成した。

その後、3歳秋初戦として菊花賞トライアルの京都新聞杯(GII)に出走し、再びナリタトップロードを差し切って優勝した。しかしクラシック第3戦菊花賞(GI)ではナリタトップロードの6着に敗れた。その後休養に入り、翌年の宝塚記念(GI)を目標に調整が進められたが、左前脚の繋靭帯炎が発覚し、2000年に引退した。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 馬番 倍率 (人気) 着順 距離 タイム 3F 騎手 勝ち馬/(2着馬)
1998. 11. 7 京都 3歳新馬 14 1 1.7 (1人) *4着 芝1600m(良) 1:35.1 (34.9) 武豊 マヤノマタドール
12. 5 阪神 エリカ賞 8 6 1.2 (1人) 1着 芝2000m(稍) 2:06.1 (35.9) 武豊 スリリングサンデー
12. 26 阪神 ラジオたんぱ杯3歳S GIII 11 4 2.1 (1人) 1着 芝2000m(良) 2:04.1 (34.8) 武豊 マチカネキンノホシ
1999. 3. 8 中山 弥生賞 GII 15 6 1.5 (1人) 2着 芝2000m(稍) 2:03.7 (35.0) 武豊 ナリタトップロード
4. 18 中山 皐月賞 GI 17 2 2.7 (1人) 6着 芝2000m(良) 2:01.3 (35.9) 武豊 テイエムオペラオー
6. 6 東京 東京優駿 GI 18 2 3.9 (2人) 1着 芝2400m(良) 2:25.3 (34.4) 武豊 (ナリタトップロード)
10. 17 京都 京都新聞杯 GII 18 11 3.0 (2人) 1着 芝2200m(良) 2:12.3 (34.6) 武豊 (ナリタトップロード)
11. 7 京都 菊花賞 GI 15 14 2.3 (1人) 6着 芝3000m(良) 3:08.2 (34.4) 武豊 ナリタトップロード

※(*)1位入線後、降着。

種牡馬時代[編集]

引退後は、早来町の社台スタリオンステーション種牡馬となり、2004年には初年度産駒が走り出し好成績を収めた。しかしその年の10月29日に偶発性破裂の為死亡。残した産駒は4世代のみで、2005年産の産駒がラストクロップとなった。2006年にキストゥヘヴンが桜花賞を制し、産駒の平地GI初勝利をあげた。2007年度リーディングサイアーは10位となっている。 障害競走に秀でた産駒も多く、メルシーモンサンが2010年のJ・GI中山グランドジャンプを制すなど、障害においても優秀な産駒を輩出している。

主な産駒[編集]

太字はGI級競走

母の父としての主な産駒[編集]

血統表[編集]

アドマイヤベガ血統サンデーサイレンス系ヘイルトゥリーズン系)/(Almahmoud4×5=9.38%)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason 1958 Turn-to
Nothirdchance
Cosmah 1953 Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding 1963 Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower 1964 Montparnasse
Edelweiss

ベガ 1990
鹿毛 北海道早来町
*トニービン
Tony Bin 1983
鹿毛 アイルランド
*カンパラ
Kampala 1976
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge 1965 Hornbeam
Priddy Fair
*アンティックヴァリュー
Antique Value 1979
鹿毛 アメリカ
Northern Dancer 1961 Nearctic
Natalma
Moonscape 1967 Tom Fool
Brazen F-No.9-f

外部リンク[編集]