ウイニングチケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウイニングチケット
Winning Ticket 20070422P1.jpg
2007年4月22日 東京競馬場
品種 サラブレッド
性別 (現在は
毛色 黒鹿毛
生誕 1990年3月21日
死没 -
トニービン
パワフルレディ
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 藤原牧場
馬主 太田美實
調教師 伊藤雄二栗東
調教助手 笹田和秀
厩務員 島明広
競走成績
生涯成績 14戦6勝
獲得賞金 3億7177万4000円
テンプレートを表示

ウイニングチケットとは日本競走馬である。1993年東京優駿(日本ダービー)弥生賞京都新聞杯などに勝利した。

戦績[編集]

※馬齢は旧表記に統一する。

3歳~4歳春[編集]

ウイニングチケットは1992年9月函館競馬場でデビューした。この新馬戦では5着に敗れたが、同開催の新馬戦を連闘で勝利すると、続く葉牡丹賞(500万下)、ホープフルステークスと3連勝し、クラシックの有力候補の1頭に数えられるようになった。

年が明けて4歳、ウイニングチケットは皐月賞トライアルの弥生賞に出走。弥生賞ではナリタタイシン以下を抑えて優勝し、皐月賞を迎える事になった。しかし、1番人気になった皐月賞では、直線で伸びを欠き、ナリタタイシンに約2馬身離れた4着[1]に敗れた。

皐月賞でよもやの敗戦を喫したウイニングチケットだったが、日本ダービーでは再び1番人気に推された。レースでは道中は中団に位置し、4コーナーで5番手まで上がると、最後の直線で内で懸命に粘るビワハヤヒデ、外から追い込んできたナリタタイシンらを振り切り優勝した。実に19回目の挑戦にして悲願の日本ダービー制覇を果たした騎手柴田政人はその後の勝利騎手インタビューで「世界のホースマンに60回のダービーを勝った柴田ですと伝えたい。」と語っている。

4歳秋[編集]

ダービー馬となったウイニングチケットの秋初戦は菊花賞トライアルの京都新聞杯だった。レースでは最後の直線で逃げるマイヨジョンヌをゴール直前で差し切り優勝した[2]

続く菊花賞では、トライアルを人気に応えて優勝したにも関わらず、GⅠ未勝利のビワハヤヒデに人気で劣り、2番人気に甘んじた。レースでもウイニングチケットは道中で折り合いを欠き、直線で抜け出したビワハヤヒデを捉えられず、ステージチャンプにも競り負け、ビワハヤヒデから約5馬身離れた3着に敗れた。

菊花賞後、ウイニングチケットは中2週のローテーションで挑んだジャパンカップではレガシーワールドの3着に入ったが、有馬記念では道中折り合いを欠いたのが原因で直線で伸びあぐみ、11着に大敗した。

5歳[編集]

5歳になったウイニングチケットは菊花賞のレース内容から天皇賞(春)には出走せず、米国遠征が計画されたが、体調が伴わなかったため取りやめとなり、宝塚記念まで休養する事になった。

ところが、予定していた宝塚記念には間に合わず、復帰戦は高松宮杯(当時GII、中京芝2000m)までずれ込んだ。レースでは主戦の柴田政人が落馬事故で負傷していたため、(甥の)柴田善臣が騎乗したが、1番人気ながらナイスネイチャの5着と敗れた。

続くオールカマーでは武豊を鞍上に迎え、天皇賞(春)、宝塚記念と春のGIを2連勝したライバルのビワハヤヒデと対戦したが、ビワハヤヒデに1馬身4分の3の差を付けられて2着と完敗を喫した。そして、同じく武豊を背に天皇賞(秋)に挑んだが、レース中に屈腱炎を発症したのが原因で8着に敗れ、天皇賞の翌日に引退した[3]。また、落馬事故により負傷していた柴田政人も懸命のリハビリの甲斐もなく、ウイニングチケットが引退する約1ヶ月前に28年の騎手生活にピリオドを打っている。

競走成績[編集]

年月日 開催 競走名(グレード 枠&馬番 オッズ(人気) 着順 距離(馬場) タイム(上り3F) 着差 騎手 勝ち馬/(2着馬)
1992. 9. 6 函館 新馬 5枠7番 13.8(7人) 5着 T1200(不良) 1.16.4(40.1) -0.5 柴田政人 マルチ
9.13 函館 新馬 6枠7番 4.0(1人) 1着 T1700(重) 1.48.8(39.4) 1 1/4身 横山典弘 (ヒノデクロスオー)
12. 6 中山 葉牡丹賞 8枠9番 4.0(2人) 1着 T2000(良) 2.02.1(35.7) 4 3/4身 田中勝春 (メジャーウィナー)
12.27 中山 ホープフルS 4枠4番 1.3(1人) 1着 T2000(良) 2.02.3(34.7) 3身 柴田政人 マイヨジョンヌ
1993. 3. 7 中山 弥生賞(GII) 8枠10番 3.3(1人) 1着 T2000(良) 2.00.1(35.0) 2身 柴田政人 ナリタタイシン
4.18 中山 皐月賞(GI) 2枠4番 2.0(1人) 4着 T2000(良) 2.00.6(35.4) -0.4 柴田政人 ナリタタイシン
5.30 東京 東京優駿(GI) 5枠10番 3.6(1人) 1着 T2400(良) 2.25.5(36.2) 1/2 柴田政人 ビワハヤヒデ)
10.17 京都 京都新聞杯(GII) 4枠4番 1.2(1人) 1着 T2200(良) 2.13.3(34.4) クビ 柴田政人 (マイヨジョンヌ)
11. 7 京都 菊花賞(GI) 5枠9番 2.8(2人) 3着 T3000(良) 3.05.7(35.3) -1.0 柴田政人 ビワハヤヒデ
11.28 東京 ジャパンC(GI) 1枠2番 9.1(4人) 3着 T2400(良) 2.24.6(35.9) -0.2 柴田政人 レガシーワールド
12.26 中山 有馬記念(GI) 7枠11番 5.4(3人) 11着 T2500(良) 2.32.6(36.7) -1.7 柴田政人 トウカイテイオー
1994. 7.10 中京 高松宮杯(GII) 4枠5番 2.1(1人) 5着 T2000(良) 2.01.7(36.8) -1.0 柴田善臣 ナイスネイチャ
9.18 中山 オールカマー(GIII) 3枠3番 2.8(2人) 2着 T2200(重) 2.14.8(35.5) -0.3 武豊 ビワハヤヒデ
10.30 東京 天皇賞(秋)(GI) 6枠9番 5.0(2人) 8着 T2000(良) 1.59.2(35.0) -0.6 武豊 ネーハイシーザー

引退後[編集]

引退後は、静内スタリオンステーションで種牡馬となった。産駒成績は三強のなかで唯一中央重賞勝ち馬を出すなどでビワハヤヒデ、ナリタタイシンを上回ったものの、中央重賞勝利数は1勝にとどまり、期待に応えたとは言いがたい。母の父としては、スマートオリオンがオーシャンステークスを勝ち、ブラックシェルNHKマイルカップで2着になるなど、少ないながらも活躍馬を出している。

2005年に種牡馬を引退。現在は去勢手術を受けて、うらかわ優駿ビレッジAERUで引退名馬けい養展示事業助成対象馬として余生を送っている。

2010年7月25日函館競馬場でお披露目され、ビワハヤヒデと16年ぶりに再会した。

2013年5月26日には、東京競馬場で開催された第80回日本ダービーの記念イベントに2000年の日本ダービーで優勝したアグネスフライトとともに来場している。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

ウイニングチケット血統グレイソヴリン系ナスルーラ系)/Hyperion4×5=9.38%

*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ
Kampala
1976 黒鹿毛
Kalamoun *ゼダーン
Khairunissa
State Pension *オンリーフォーライフ
Lorelei
Severn Bridge
1965 栗毛
Hornbeam Hyperion
Thicket
Priddy Fair Preciptic
Campanette

パワフルレディ
1981 黒鹿毛
マルゼンスキー
1974 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
*シル
Shill
Buckpasser
Quill
ロッチテスコ
1975 鹿毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
スターロツチ *ハロウェー
コロナ F-No.11-c

脚注[編集]

  1. ^ 5位で入線したが、ガレオンステージチャンプの進路を妨害し8着に降着したため、着順が繰り上がった。
  2. ^ この京都新聞杯での勝利がウイニングチケットにとって、現役最後の勝利となっている。
  3. ^ 5着に敗れたライバルのビワハヤヒデもこのレース中に屈腱炎を発症しており、2頭とも奇しくも同じレースのレース中に故障し、同じ怪我で引退する事になった。

外部リンク[編集]