バヤルド (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バヤルド
Bayardo.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1906年1月
死没 1917年6月4日
ベイロナルド
ガリカ
生国 イギリス
生産 Mr Fairie (Alfred W. Cox)
馬主 Mr Fairie (Alfred W. Cox)
調教師 Alec Taylor
競走成績
生涯成績 25戦22勝
獲得賞金 44,535ポンド
テンプレートを表示

バヤルドBayardo1906年 - 1917年)はイギリス競走馬種牡馬。馬名は「闇の馬バヤード」に由来する。孫のハイペリオンを通して大きな足跡を残した。

競走成績[編集]

2歳から4歳にかけて常に一戦級で活躍した。2歳時に重賞ニューステークスアスコット競馬場)でデビューし1馬身2分の1差で勝利。その後デューハースト・プレートまで7連勝しシーズンを終えた。

しかし、3歳になって仕上がりが遅れ一度も出走することなく2000ギニーを迎えたが、下痢気味の体調の中、ミノルの4着と敗れた。エプソムダービーでは直前走り落馬したサーマーティンに巻き込まれ10着に敗れている。

その後、3歳の夏から4歳に掛けて再び連勝を積み重る。2連勝で臨んだエクリプスステークスで古馬の一線級を相手に快勝。二冠馬ミノルが三冠を狙って出走してきたセントレジャーステークスでも優勝しミノルは4着と敗れた。その後ドンカスターステークスチャンピオンステークスなど11連勝し4歳のシーズンを終えた。

5歳になり2連勝の後アスコットゴールドカップで優勝した。その後1勝を追加して15連勝まで伸ばしグッドウッドカップに向かったが、36ポンド軽い3歳馬マジックにクビ差で敗れそのまま引退した。

性格は気難しく、人が何かをしようとすると先を読んでそれを妨害したりもした。桶を叩いて厩務員に飼い葉をねだるのが癖。これは「バヤルドのドラム」と呼ばれた。なおバヤルドが逃したダービーは翌年に弟レンバーグが優勝している。

種牡馬成績[編集]

引退後はマントン牧場で種牡馬として供用されたが、11歳の時早世。下半身の麻痺が原因での安楽死による。しかし死亡した年にゲイクルセイダーが、さらに翌年ゲインズバライギリスクラシック三冠馬となった。1917、1918年にはイギリスリーディングサイアーを獲得している。

年度別競走成績[編集]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

バヤルド血統ハンプトン系 / Galopin4×2=31.25% Sterling4×4=12.50% Rataplan(Stockwell)5×5.5 Volley (Voltigeur) 5×4)

Bay Ronald
1893 鹿毛
Hampton
1872 鹿毛
Lord Clifden Newminster
The Slave
Lady Langden Kettledrum
Haricot
Black Duchess
1886 黒鹿毛
Galliard Galopin
Mavis
Black Corrie Sterling
Wild Dayrell Mare

Galicia
1898 黒鹿毛
Galopin
1872 鹿毛
Vedette Voltigeur
Mrs.Ridgway
Flying Duchess The Flying Dutchman
Merope
Isoletta
1891 鹿毛
Isonomy Sterling
Isola Bella
Lady Muncaster Muncaster
Blue Light F-No.10-a

外部リンク[編集]