ガヴアナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガヴアナー
Governor1935color.jpg
ダービー優勝後のガヴアナー
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1932年3月9日
死没 1935年5月28日
シアンモア
アストラル
生国 日本の旗 日本岩手県雫石町
生産 小岩井農場
馬主 高橋錬逸
調教師 布施季三(福島
厩務員 茅島高平
競走成績
生涯成績 3戦3勝
獲得賞金 2万8230円
テンプレートを表示

ガヴアナー(発音はガヴァナー)は1930年代半ばに活躍した日本競走馬である。1935年の第4回東京優駿大競走(日本ダービー)に優勝したが、その約1か月後に調教中の事故が原因で安楽死となった。主戦騎手は井川為男。全兄に第2回東京優駿大競走の優勝馬カブトヤマ、全弟に第7回帝室御賞典の優勝馬ロッキーモアーがいる。

経歴[編集]

ダービー制覇の瞬間。独走するガヴアナー
馬房前での写真

母は帝室御賞典優勝馬アストラル。父シアンモア小岩井農場が擁した戦前の大種牡馬で、カブトヤマ、フレーモアと連続して東京優駿大競走勝ち馬を送り出していた。

1935年3月にデビューすると2連勝を挙げ、東京優駿大競走に出走した。1番人気は3歳(旧4歳)にして帝室御賞典に優勝していた牝馬クレオパトラトマスだったが、同馬は不良馬場の中を9着に沈んだ。一方のガヴアナーは2着アカイシダケに6馬身差、レコードタイムで優勝[注 1]。全兄カブトヤマと共に史上初の兄弟ダービー馬となった。

「どこまで連勝を伸ばすか」とその前途を大いに期待されたが、競走13日後の5月15日、ガヴァナーは調教中に左後脚の種子骨を骨折。治療の甲斐なく、同月28日に安楽死の処置が執られた。遺体は東京競馬場近くの馬霊塔に葬られ、「三戦三勝」と刻まれた石碑が建てられている。

ガヴァナーの死に際して、担当馬手(厩務員)であった茅島高平の悲嘆が殊のほか深く、その様子を見かねた調教師の布施季三がヘルムートという馬を新たに担当させて励ました。しかし数日後の朝、雨の中で茅島が雨合羽を着ようとした際、驚いたヘルムートがその腹部を蹴り、腸破裂で病院に運ばれた茅島は間もなく死去した。ガヴァナー、茅島と続いた死に、厩舎では「ガヴァナーが呼び寄せたのだ」と嘆いたという。

競走成績[編集]

年月日 開催場 競走名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1935 3. 30 中山 新呼 3 1 1着 芝2000m(不) 2:14.3 4身 井川為男 55 (フソウ)
4. 14 中山 優勝 6 1 1着 芝2200m(良) 2:23.4 4身 井川為男 55 (タマナギ)
4. 29 東京 東京優駿大競走 11 2 1着 芝2400m(不) R2.42.1 6身 井川為男 55 (アカイシダケ)

評価[編集]

血統表[編集]

ガヴアナー血統キングファーガス系 / Angelica (St.Simon) 5.5×5=9.38%、Sierra (Sainfoin) 5×4=9.38%、他)

* シアンモア
Shian Mor
1924 黒鹿毛
Buchan
1916 鹿毛
Sunstar Sundridge
Doris
Hamoaze Torpoint
Maid of the Mist
Orlass
1914 鹿毛
Orby Orme
Rhoda B.
Simon Lass Simmontault
Kilkenny Lass

アストラル
1921 栗毛
* チヤペルブラムプトン
Chapel Brampton
1912 栗毛
Beppo Marco
Pitti
Mesquite Sainfoin
St.Silave
種義
1912 栗毛
* ダイヤモンドウエツデイング
Diamond Wedding
Diamond Jubilee
Wedlock
* ビユーチフルドリーマー
Beautiful Dreamer
Euthusiast
Reposo F-No.12

脚注[編集]

  1. ^ 「不良馬場で施行されたダービー」のレコードタイム。当時は馬場状態に応じてレコードタイムも別々に扱われていた。なお、第4回までの最速はカブトヤマが記録した2分41秒0(稍重)。

参考文献[編集]

  • 『日本ダービー50年史』 日本中央競馬会、1983年
  • 今井昭雄 『ダービー馬の履歴書』 保育資料社、1987年ISBN 978-4829302170
  • 『忘れられない名馬100』 学習研究社、1996年ISBN 978-4056013924

関連項目[編集]