デービッド・コルテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デービッド・コルテス
David Cortés
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 バハ・カリフォルニア州メヒカリ
生年月日 1973年10月15日(41歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1999年8月30日
KBO / 2008年8月29日
最終出場 MLB / 2006年7月13日
KBO / 2008年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2006年2009年

デービッド・コルテスDavid Cárdenas Cortés, 1973年10月15日 - )は、メキシコ出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1996年アトランタ・ブレーブスと契約。1999年8月30日の対シンシナティ・レッズ戦(シナジー・フィールド)で、7回表から3番手として登板しメジャーデビュー。敗戦処理としての登板であったが、2イニングを投げて3失点と散々なデビューとなってしまった。

なかなかメジャーに定着できずにいたが、2003年にはクリーブランド・インディアンスで4年ぶりのメジャー復帰を果たす。

コロラド・ロッキーズに所属していた2005年にはリリーフとして50試合に登板、2006年は30試合に登板した。また、2006年の第1回WBCではメキシコ代表に選出され3試合に登板。2次リーグの対アメリカ戦でセーブを挙げている。

2008年メキシカンリーグのレッドデビルスでメキシカンシリーズ優勝に貢献すると、8月に韓国プロ野球(KBO)のロッテ・ジャイアンツに移籍し、抑えとして活躍しチームの8年ぶりのポストシーズン進出に一役買ったが、公式戦終盤や準プレーオフではリリーフに失敗する場面も目立ち、信頼を得られずこの年限りでロッテを退団となった。

2009年第2回WBCでもメキシコ代表に選出された。

その後は、メキシカンリーグでプレーし、2010年限りで現役を引退。

プレースタイル[編集]

速球スライダーチェンジアップが主な球種で、ロングリリーフもこなすリリーバー。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 ATL 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 18 3.2 3 0 4 0 0 2 2 0 3 2 4.91 1.91
2003 CLE 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 3.0 8 1 0 0 0 1 0 0 5 4 12.00 2.67
2005 COL 50 0 0 0 0 2 0 2 4 1.000 213 52.2 50 9 10 2 1 36 3 0 24 24 4.10 1.14
2006 30 0 0 0 0 3 1 0 3 .750 124 29.1 35 3 6 1 1 14 0 0 14 14 4.30 1.40
2008 ロッテ 13 0 0 0 0 2 1 8 .667 51 12.2 14 1 3 0 0 10 1 0 4 4 2.84 1.34
MLB:4年 86 0 0 0 0 5 1 2 7 .833 373 88.2 96 13 20 3 2 53 5 0 46 44 4.47 1.31
KBO:1年 13 0 0 0 0 2 1 8 .667 51 12.2 14 1 3 0 0 10 1 0 4 4 2.84 1.34

背番号[編集]

  • 51 (1999年)
  • 47 (2003年)
  • 50 (2005年 - 2006年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]