タイムクライシス2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイムクライシス2
ジャンル ガンシューティング
対応機種 アーケード[AC]
PlayStation 2[PS2]
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1〜2人(協力プレイ可)
メディア [AC]:SYSTEM23
[PS2]:CD-ROM
[欧州版PS2]:DVD-ROM
発売日 [AC]:1998年
[PS2]:2001年10月4日(ガンコン2同梱版)
[PS2]:2001年11月18日(通常版)
[PS2]:2003年2月13日廉価版
デバイス [日本版PS2]:ガンコン2
[北米、欧州版PS2]:ガンコン、ガンコン2
テンプレートを表示

タイムクライシス2』 (TIME CRISIS2) は、1998年ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)によって製作されたアーケードガンシューティングゲームである。タイムクライシスシリーズの第2弾。通称は『タイクラ2』『タイム2』タイトルの頭文字を取った『TC2』である。

家庭用として「ガンコン2対応ソフト第1弾」としてグラフィックが改善され、PlayStation 2に移植・発売されている。

システム[編集]

システムはシリーズでお馴染みの『撃って隠れる』が採用されている。制限時間が設けられており、制限時間が無くなると前作ではゲームオーバーとなっていたが、今作ではダメージを受ける(ライフをひとつ失う)よう変更されている。武器はハンドガンのみ。だがステージの分岐方向によってはサブマシンガンを使う場面がある。 前作の時間制に替わり今作から得点制が導入され、連続ヒットを狙うと入手できる得点が増えるようになった。 また、今作からプレイヤーに命中する弾が発射された時は、マズルフラッシュ(銃口の火花)などが赤く光るようになっている。

ストーリー[編集]

1998年の報道で、アーネスト・ディアズ会長を筆頭とする『ネオダイン・インダストリー(NDI)社』は、次世代通信を担う新事業として、『スターライン・ネットワーク』計画の発足を表明。 来月にも、その事業に供用する64基の通信衛星の打ち上げを行うと発表した。

だがしばらくして、「その実態が通信衛星ではなく、NDI社が世界征服のために用いる核兵器搭載軍事衛星である。」との報せが国際特殊諜報機関『VSSE』の元に届いた。

『VSSE』は急遽、同社にクリスティー・ライアンスパイとして潜入させ、この件に関する情報収集を行わせる。クリスティーは見事その情報を入手したのだが、リークしている現場を同社の私兵部隊に発見され、拘束されてしまう。

VSSEは現地に凄腕工作員キース・マーティンロバート・バクスターのコンビを派遣。彼女の保護と情報の受け取りを指示した…。

ステージ紹介[編集]

ステージ1
  • エリア1…VSSEエージェントのキースとロバートは、クリスティー・ライアンが所持していた、軍事衛星についての情報が入っているノートパソコンを確保せんと、NDI社幹部:ヤコフ・キニスキーを追って、街中で大規模な銃撃戦を展開する。終盤では、大型輸送トレーラーに乗っている大量のNDI兵士達と戦う。
  • エリア2…引き続き、ヤコフ・キニスキーを裏通りで追跡。序盤ではNDI兵士達が坂道を利用しを大量に投げつけてくる。(コンシューマ版では樽を撃つと中から林檎等の果物が飛び出て散らかる演出が追加されている。この果物に当たり判定は無い)終盤では、ヤコフ・キニスキーが投げ捨てたマシンガンを使い、NDI社お抱えの装甲車と一戦を交える。
  • エリア3…武装クルーザーに乗って逃げるヤコフ・キニスキーと、運河でボートチェイスを繰り広げる。
ステージ2
  • エリア1…VSSEは、軍事衛星を運搬する鉄道を阻止すべく、森林地帯にあるに向かう。森林部を経て、装甲車による襲撃を受けるが、駅に辿り着くことが出来た。
  • エリア2…列車が発車してしまい、VSSEエージェントの二人は急いで最後尾の列車に乗り込み、列車客室、貨物車両でNDI社の私設軍兵士達と戦う。
  • エリア3…列車の先頭に到着するも、衛星はヘリコプターで直接メガフロートへ運ばれてしまう。その後、NDI社幹部であり、アーネスト・ディアズ会長の忠実な部下であるバフ・ブライアントと決戦。
ステージ3
  • エリア1…NDI社の本拠地でもあり、ロケット発射基地があるメガフロートに突入したVSSEは、かなり多くのNDI社私設軍兵士を相手に孤軍奮闘する。その刹那、NDI社に雇われた伝説の殺し屋:ワイルド・ドッグが立ちはだかる。
  • エリア2…ワイルド・ドッグとの戦闘中に、NDI社会長:アーネスト・ディアズも参戦し、戦闘は激化する。
  • エリア3…アーネスト・ディアズは、クリスティー・ライアンを人質に取り、ロケット発射台の最上階に通じるエレベーターでVSSE達と戦う。終盤でアーネスト・ディアズが試作の軍事衛星に乗り込み、VSSE達との最終決戦に持ち込む。

クライシスミッション紹介[編集]

本作から家庭版オリジナルステージとして、クライシスミッションというモードが追加されている。今回の事件をあらゆる角度で分析し、今回と同様の場所及び施設内で、VSSEによる演習が6日間に渡り行われる。プレイヤーはキース・マーティンとして、VSSEの士官を相手に、特殊な演習弾(殺傷能力はほとんどなし)を用いる。 演習の内容は、敵を一定人数倒す、一発で敵を倒す、一定の得点以上を稼ぐといった内容に分かれており、半数以上達成しないと次の日に進めない。また、アーケードモードには存在しない“撃ってはいけない対象”(=民間人)も居る。なお、内容に関しては単なる攻略情報になるため省略させていただく。

登場人物[編集]

VSSE[編集]

あらゆる問題に対処する国際特殊諜報機関で、正式名称は、『Vital Situation,Swift Elimination』である。今回は『スターライン・ネットワーク計画(NDI社による核軍事衛星打ち上げ)』阻止に出動する。

VSSEエージェント(主人公)[編集]

キース・マーティン/Keith Martin(1P側主人公)
金色の髪のイギリス人。27歳[1]
SASイギリス陸軍特殊部隊)出身で、爆発物取り扱いに長けている。
暗号名(コードネーム)はケルブ(Cherub)。
表の職業は映画特殊効果担当スタッフ。
クライシスミッションの主人公でもある。
ロバート(2P側)が彼を誤射すると、1000点減点となる。
ロバート・バクスター/Robert Baxter(2P側主人公)
黒髪のアメリカ人。29歳[2]
Navy SEALsアメリカ海軍特殊部隊)出身。あらゆる乗り物の操縦技能を持っている。
暗号名(コードネーム)はグリフォン(Griffon)。
表職業は通学バスドライバー
キース(1P側)が彼を誤射すると、1000点減点となる。
リチャード・ミラー/Richard Miller
VSSE最強のエージェントでVSSE特殊工作員の中の切り札。寡黙な男だが、部下からの信頼は厚い。タイムクライシスプロジェクトタイタンの主人公。
今回はPS2版のクライシスミッション最終日の相手として、キースの前に立ちはだかる。

VSSEスパイ[編集]

クリスティー・ライアン/Christy Ryan(ヒロイン)
アメリカ人。24歳。
わずか17歳でハーバード大学を卒業する秀才。VSSE特殊諜報員で、ディアズの秘書としてNDI(ネオダイン・インダストリー)社に潜入していた。その事がNDI社に発覚し、逃亡を余儀なくされるが、情報をVSSE本部に報告していた所をヤコフ・キニスキー率いる、NDI社私設軍部隊に拉致されてしまう。
キース、ロバートの二人には信頼をおいている。
ステージ3-3の前半部で、NDI社会長:アーネスト・ディアズの『盾』にされ、彼女を誤射すると、5000点減点となる上に一定時間ディアスを攻撃出来なくなる。終盤ではディアスによりロケット発射台に突き落とされそうになるがキースとロバートが引き上げた為に何とか助かった。その後、NDI社の1人乗りボートで脱出。キースとロバートと合流し、最終的にはVSSEが派遣したタンデムローターにより引き上げられる。
因んでおくと、彼女の容姿や服装はアーケード版とPS2版を比べるとかなり違う。また、PS2版に限りステージ1開始前にメガフロートに設置されていたライトを自動式拳銃で破壊してジャンプして逃げる場面が有る。

NDI(ネオダイン・インダストリー)社[編集]

NDI社幹部 (ボスキャラクター)[編集]

ヤコフ・キニスキー/Jacob Kinisky
ロシア白人。35歳。ステージ1のボス。タイムクライシスシリーズで唯一のスラヴ民族の登場人物。
KGB(ソ連国家保安委員会)の元工作員ソ連の崩壊を機に西側へ渡り、NDI社の幹部社員となった。クリスティー・ライアンによる情報リークを発見したのも彼である。紺の帽子とスーツ、白いカッターシャツ、赤いネクタイを着用。甲高い声で笑う。
45口径タイプのイングラムM10を加工したと思われるサブマシンガン(公式設定ではネオダイン社開発の45口径サブマシンガンとなっている)を使い、VSSE達に攻撃してくる。射撃の腕は優秀で、連続して命中弾を発射してくることもある。
クリスティー・ライアンを追跡して拉致し、兵士が多数乗っていた大型輸送トレーラー装甲車も使ってまで、VSSE達の足止めしながら逃走。クルーザーに乗り込み、VSSE達と水路でボートチェイスを繰り広げる。最後は、VSSE達に追いつめられ、部下達は全滅させられ、本人もVSSE達の銃撃で止めを刺される。そしてクルーザーは川の上の建造物に激突して爆発。
ステージ1-2で、彼の帽子を4回撃ち落とすと得点兵のみが登場し、なおかつ装甲車との戦闘を回避できるボーナス面へ行ける。
PS2版では、ムービーシーンでの彼の動きはモーションキャプチャし直されているため、アーケード版より大きな身振り手振りをする。
また、PS2版で追加されたステージ1開始前にクリスティー・ライアンがメガフロートに設置されていたライトを自動式拳銃で破壊してジャンプして逃げる場面にも登場し、ライトの爆発で倒れている。
バフ・ブライアント/Buff Bryant
アメリカ黒人。33歳。ステージ2のボス。
NDI社会長アーネスト・ディアズの腹心で、彼の軍在籍時代からの部下。白のカッターシャツ、サスペンダー付き紺ズボン、赤いネクタイを着用。
ステージ2-2のVSSEの乗車する鉄道の窓硝子が割れる場面でも一瞬姿を見せ、『ハンドバルカン』と呼ばれる軽量のガトリングガンでガラスを割る。その後、軍事衛星を運んでいた2両の列車の先頭車両の上でVSSE達に挑む。人間離れした怪力を持って大型のミサイルを持ち上げて武器に使い、殴り振り回しを行う。その後は、ヘリコプターのキャビンからハンドバルカンでの掃射を行う。最後は、VSSE達に反撃されハンドバルカンを連射したまま大きく仰け反った事で、ヘリコプターに弾が当たりそれもろとも爆散した。ところが、ヘリコプターが鉄道橋に墜落して破壊し、2両の軍用列車も谷底に落下してしまうがVSSE達は間一髪で脱出。2人は様子見に着陸したもう1機のヘリコプターを奪い、NDI社のメガフロートに直接向かう事となる。
PS2版のステージ2-1のイントロダクションデモでは、ヤコフがしくじったせいでVSSE達に軍事衛星を積んだ列車の場所を特定された事に怒り、無線機を素手で叩き潰すシーンが追加されている。
ワイルド・ドッグ/Wild Dog
タイムクライシスからシリーズを通して登場するボス。巨大犯罪組織『ワイルド・ドッグ』の元締めだった人物で『山犬』と言う意味のコードネーム(公式サイトではなぜか本名になっている)を持つ国籍不明で年齢不明の伝説の殺し屋(詳細はタイムクライシスシリーズのワイルド・ドッグの項を参照)。
リチャードとの戦いに敗北し、左腕を失い顔に傷痕ができている。茶色のコート、紺のカッターシャツ、サスペンダー付き茶色のズボン、赤いネクタイを着用。戦闘の前にコートを脱ぎ捨てるシーンも健在。
NDI社に雇われ、ステージ3-1、ステージ3-2のボスとして登場。改造手術でサイボーグになり、左腕の義手に仕込まれているガトリングガンとモーゼルC96でVSSEに挑んでくる。最後はVSSE達に追い詰められて自爆。ワイルド・ドッグの自爆はこの作品から『伝統』となる。
ステージ3-1で彼に約25発以上撃ち込むと最後の銃撃ポイントで登場する敵兵が全て得点兵になる。また、この時はワイルド・ドッグの攻撃は全く当たらない。
アーネスト・ディアズ/Ernesto Diaz
アメリカ人。64歳。ステージ3のボス。
ネオダイン・インダストリー社の会長にして元軍人。世界征服の野望に燃え、今回の事件を企てた。『スターライン・ネットワーク』計画についての演説も自ら行う(この際VSSEエージェント達からは“そうかな”“違うな”と否定されている)。白髪交じりで額左側に軍在籍時代に受けたと思われる大きな傷跡がある。部下であるワイルド・ドッグやVSSEスパイのクリスティに対し敬語を使ったり、試作機の軍事衛星でVSSEエージェント達に挑むことを詫びたりと極めて紳士的で知的な振舞いをみせる。また、因んでおくと、ステージ3-1のイントロダクションデモで、NDI社私設軍兵士が報告に来た際、『ディアズ将軍と呼称していたことから、軍を退役する前の最終階級は、准将以上大将以下であった可能性もある(この台詞からNDI社の私設軍には、バフ・ブライアント以外にも軍在籍時代からの部下も多く居る模様。部下達からは信頼されているようである)。
64歳という年齢にもかかわらず、4連装ロケットランチャーを装備し、なおかつ凄まじい跳躍力でVSSEエージェント達と戦う。3-3で戦う時は拳銃で攻撃してくるのだが、弾が全部赤弾であることから銃の腕もかなりのものである事が伺える。
ステージ3-2で登場し、ワイルド・ドッグと共闘。ステージ3-3では、卑怯にも捕らえたクリスティーを盾にして銃撃する。
ステージ3-3の終盤でクリスティーを捨て、試作型の軍事衛星に乗り込み抵抗を続ける。この際に再びとてつもない跳躍力を披露しているが、最終的には衛星が破壊されたあげく本人も銃撃で倒れ、本物の核軍事衛星を積んだロケット発射台に衛星ごと転落し散った。更に試作型の軍事衛星の残骸がロケットの燃料タンクに当たって大爆発を起こし、NDI社お抱えのロケット発射用のメガフロートは大炎上した。
因んでおくと、PS2版ではアーケード版よりも若くハンサムな外見に作られている。

NDI社私設軍兵士(一般兵)[編集]

ここでは、登場する敵兵を紹介する。また、ここでは命中する攻撃のことを『命中弾』と表現する。なお、今作でキースとロバートが対峙するのはネオダイン・インダストリー社(NDI社)の私設軍兵士である。

兵士の呼称は、タイムクライシス2の公式サイトで発表されたものを用いる。

一般兵(青)
一般兵の中でもっとも多く登場する兵士。青い軍服を着用している。命中率は低い。グラフィックバリエーションとして粉塵マスクやゴーグルを装備した兵、黒人の兵も登場する。
武装は、(隊長兵含む)何れの一般兵も拳銃である。
隊長兵
一般兵を統率する兵士。アーケード版ではステージ1〜2では都市迷彩の白の、ステージ3では夜中であるため紺色のミリタリースーツを着用している。命中率がすこし高い。各エリア間に1〜3人登場する。ちなみに背中に装備しているのは通信衛星キット。家庭用では隊長兵のデザインが変更されており、全ステージ白色のミリタリースーツに粉塵マスクを装備しヘルメットの形状も異なる。
一般兵(赤)
とても銃撃の命中率が高い兵士。通称『赤兵』初弾は必ず命中弾である。急に画面横から現れたりすることも多い。
赤い服の兵士は命中率が高いのはシリーズではお馴染みである。
一般兵(黄)
得点兵。倒すと、5000点もの高得点が得られる。直接戦闘には加わらず、はるか遠くに出現したり、画面端に一瞬登場したりと意表をついたパターンが多く、倒すのは結構シビアである。また、ステージ2では特定の黄色兵を倒すと、黄色兵士しか出ない隠しルートへ進むことができる。(隠しルートの黄兵は2人プレイでプレイすると普通の青兵などになっている)命中率は低い。
一般兵(茶)
常に二人一組で行動する兵士。この二人のうちどちらを最初に倒したかによって、次のルートが決まる。命中率は低い。1人プレイ時にしか出てこない。(2人プレイ時は青兵または隊長兵になる)
ナイフ
トリッキーな動きでプレイヤーを翻弄し、大振りのサバイバルナイフでダメージを与えてくる。
遠距離からナイフを投げてくるかと思えば、いきなり目の前に現れて斬りつけたりもする。
命中率は高め、ナイフは撃ち落せない。
手榴弾
その名のとおり手榴弾を投げてくる兵士。手榴弾を1個投げた後は拳銃で撃ってくる。ステージ2-1に登場する1名のみ拳銃を使わず手榴弾を投げ続けてくる。
手榴弾は必ずダメージを受けるが破壊可能で、拳銃で攻撃してきた時の命中率は低い。
『3』にも手榴弾を投げる敵が居るが、こちらは倒されるまで只管手榴弾を投げ続ける。
水中兵
独特のヘルメットが特徴的な兵士。背中の水中ジェットを使って水中から飛び上がり、両腕のカッターで攻撃してくる。ステージ1-3のみ登場。
ロケットランチャー兵
迷彩服を着用し4連装ロケットランチャーを装備した兵士。命中率が高く連続で命中弾を発射してくることが多いが、動きがやや鈍い。
また、ステージ1-1の最後の銃撃ポイントに登場する、大型トレーラーの上から攻撃してくるロケットランチャー兵(緑の迷彩服でなく、隊長兵と同じものと思われる戦闘服を着用している。アーケードでは昼間にもかかわらず都市迷彩の白色ではなく、ステージ3で登場する紺色のミリタリースーツを着用)達は、2発撃ち込まなければ、倒せないようになっている。
マシンガン
迷彩服を着用、サブマシンガンを装備した兵士。あたりかまわず連射してくる為命中率が高め。使用しているのは、ヤコフ・キニスキーのものと同じモデルのようである。
また、1-2,2-1のそれぞれの最後で装甲車と対決する場面では、マシンガン兵が持っていたサブマシンガンを奪取し、それをVSSEエージェント達が使用する(装弾数無限)。

登場兵器[編集]

巨大企業のNDI社の私設軍には、様々な兵器を装備している。また、VSSEの方も、専用の特殊車両が登場する。

軍用トラック
NDI社が長距離用大型トレーラートラックを改造したもの。装甲面等の改造が施されている。武器類は一切装備していないが、一度に大量の兵士を運べる。
ステージ1-1の最後に登場し、橋を体当たりで壊した後横転し、停止する。登場する敵を全員倒すと、運転席が爆発する。
装甲車
NDI社所有の3×3輪の装輪装甲車。機銃と、対戦車ミサイルを装備している。機銃を撃てば早く壊せる。
ステージ1-2の終盤、ステージ2-1の中盤の2回戦うことになり、直前に敵が落としたマシンガンを使って戦う。
前者は一人プレイの場合ボーナス面に入ることで回避できる。二人プレイの場合は片方がヤコフ・キニスキーが投げ捨てたマシンガンを持って装甲車と戦い、もう片方はボーナス面で通常の兵と戦う。どちらかが素早く敵を全滅させると、もう片方の援護に入る。
後者は直前のマシンガン兵が落とした2丁のマシンガンをそれぞれが持って戦う。
攻撃用ヘリコプター
ミサイルを装備した攻撃ヘリ。ステージ3-2では3機同時に登場してVSSEに襲撃するが、前作に登場したヘリと比較すると耐久力が弱い上、特に脆弱なコクピット部分に連続して撃ち込めば少ない弾数で撃墜出来る。
なお、ステージ2-3の終盤、バフ・ブライアントが列車からこのヘリに乗り換えてハンドバルガンを乱射するがこのヘリに何発撃ち込んでもステージ進行に影響はない。
クライシスミッションの中にこれに乗り込んで列車上の敵と戦うステージがある。
軍用ボート
NDI社の一人乗りボート。武器は一切装備していないものの、船体にケプラーを混入してあり、ある程度防弾できる。
ステージ1-3で放置されている3隻の内2隻を使用してクルーザーに乗って逃げるヤコフ・キニスキーを追う。
エンディングでクリスが脱出の為乗るボートもこれ。
クルーザー
ステージ1ボスのヤコフ·キニスキーが乗る、武装クルーザー。大型のガトリングガンを2門装備した高速クルーザー。命中率は恐ろしく高い。
ちなみに、クライシスミッションにはガトリングガンを装備していないものやガトリングガンを3門装備したものも登場する。
武装混合列車
NDI社が下記の軍事衛星輸送用に用意した2本の混合列車のうち、バフ・ブライアントが追跡に使用したFT型ディーゼル機関車(Fシリーズ)牽引の編成には砲台搭載の戦闘車両や貨車の1両にミサイルが積まれた武装列車仕様。
戦闘車両に搭載された砲台は特に攻撃しなくても敵兵を全滅し次のシーンに移る際に勝手に爆散するが、こちらから銃弾を撃ち込むことでも爆破可能でその際は10,000点のスコアボーナスが手に入る。なお、戦闘車両に乗っている兵は青兵でも比較的命中率が高い。
機関車も後部が改造され、屋根の高さを削ったうえバルカン砲を設置可能な砲台が備えられており、バフ・ブライアントはこの砲台にてVSSEを待ち構えていた。
軍事衛星
NDI社が極秘裏に開発した今回の事件の原因。NDI社によって開発された64基の低軌道周回通信衛星の中に数基紛れている。
核兵器が搭載されており、衛星軌道上から核兵器を発射する。
この衛星はVSSEが到着した時には打ち上げの為に既にロケットに搭載されており、ゲーム中では試作機と戦うことになる。衛星本体より、ディアズ将軍を撃った方が大きいダメージを与えられる。
試作機は核兵器の代わりに、レーザー兵器2門と3連ミサイルが4門装備されている。
クライシスミッションでは複数機登場する。
VSSE専用特殊車両
VSSEエージェントの搭乗する特殊車両。その見た目は、単なるスポーツカーだが、非常に高度な防弾処理がされており、爆発にも耐えうる。
見た目に反した重い車体に、それを動かすために強力な馬力を秘めたエンジンを搭載している為、生半可な運転技術で(技量の低いドライバーが)手に負える代物でなく、運転出来る者が限られてしまっている。
ステージ2-1のデモムービーに登場し、ステージ2-1の最初のアクションポイントで隠れる障害物代わりになる。
モデルはアルピーヌ・A310。エンジンは実車のGTモデルで193馬力を発生する水冷V型6気筒2,842ccから、420馬力を発生するV型6気筒ツインターボ2,500ccへ大幅なチューンアップが施されている。

トピックス[編集]

  • エンディングムービーのスタッフロールの最後に、『DERRICK LYNCH(デリック・リンチ)』という名前が出ているが、これはタイムクライシスシリーズの外伝的作品『クライシスゾーン』の最終ボス:デリック・リンチと全く同じ名前である。『〜ゾーン』はリリース順では本作の直後にあたるため、この時点で『〜ゾーン』の登場を匂わせていると取れなくも無いが、両ゲーム中や公式HP・プレスリリース等、特にその事に対しての言及は無いため、真相は不明。
  • 今作では前作のインドアステージからアウトドアステージに舞台を移し、その設定を生かすために水路でのボートチェイスや列車のシーンを採用した。しかし敵味方が動きながらの処理は複雑で、列車のシーンは1度、水路は2度、作り直したと言う逸話がナムコ広報誌の「ノワーズ」20号に記載されている。
  • 説明書には書かれていないが、PS2版ではガンコンを接続した状態でコントローラを接続すると、コントローラの全ボタンがペダル操作となる。これにより、コントローラを踏んでプレイすると一応アーケードと同じ感覚でプレイできる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]