スミロドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スミロドン
スミロドン
スミロドン(Smilodon fatalis)骨格。国立科学博物館の展示。
地質時代
鮮新世後期 - 更新世末期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
: ネコ目 Carnivora
亜目 : ネコ亜目 Feliformia
: ネコ科 Felidae
亜科 : マカイロドゥス亜科 Machairodontinae
: スミロドン属 Smilodon
学名
Smilodon
Lund1842
  • S. californicus
  • S. fatalis
  • S. gracilis
  • S. populator

スミロドン(Smilodon は、新生代新第三紀鮮新世後期から第四紀更新世末期[1]の約300万 - 10万年前の南北アメリカ大陸に生息していたサーベルタイガーの一種[2]。サーベルタイガーの中でも最後期に現れたである。アメリカ大陸間大交差によって北アメリカから南アメリカに渡った一種。

形態・生態[編集]

スミロドンの頭骨と大型の犬歯
人間との大きさの比較

体長1.9 - 2.1メートル、体高1 - 1.2メートル[3]。南アメリカに進出したグループの方がより大型であった[1]。「サーベルタイガー」の名の元となる、24センチメートルに及ぶ状の長大な上顎犬歯を持つ[3]。この犬歯の断面形状は楕円であり、後縁は薄く鋸歯状になっていた[2]。これは強度と鋭利さを兼ね備えた構造であり、獲物にこれを食い込ませる際の抵抗は小さくなっている。また下顎は120度まで開き、犬歯を効率よく獲物に打ち込むことができた[1]。しかし、この犬歯は現生のネコ科の様に骨を噛み砕ける強度は持っておらず、硬い骨にぶつかるなどして折損する危険を回避するため、喉元の気管など柔らかい部位を狙ったと推定される[4]。前肢と肩は非常に発達しており、獲物を押さえ込んだ上で牙を打ち込むのに適した形態であった。また発達した肩は、牙を打ち込む際の下向きの強い力を生み出す事が出来たとされる[2]

しかし一方、発達した前肢に比べて後肢が短く、ヒョウ属の様な現代のネコ科の大型捕食者ほど素早く走ることは出来なかったとされる。そのためマンモスのような動きの遅い大型動物やマクラウケニアなどの弱った個体や幼体を群れで襲い、捕食していたと考えられている。群れを形成していた事の傍証としては、怪我をして動けない個体が暫く生きながらえていたという例が挙げられる。これは、他の個体から餌を分け与えられていたものと推測されている[4]

スミロドンの食性については、大きく発達した犬歯をもつため、柔らかい肉や内臓のみを食べたとする説のほか、上下の顎を噛み合わせる事が困難であるから獲物の血を啜ったとする説[5]、スカベンジャー(腐肉食者)とする説もある[6]。しかし、スミロドンの骨格には獲物と戦った際についたとおぼしき損傷の跡が見られるものも多いことから、プレデター(捕食者)であったとする説が主流である[3][7]

絶滅[編集]

大型の犬歯と発達した前肢は、確かに大型獣を捕殺するのに極めて適応した形態であった。しかしながら走行という面においては、走行と捕殺の機能を高次に兼ね備えた新しいタイプの捕食者に大きく水をあけられてしまう事を意味した。地球が寒冷化し、大型草食獣が減少しつつある時代においては、かれらは時代遅れの存在となっていた[8]。またジャガーオオカミなど新しい捕食者に比べて脳が小さく、知能に劣ったことも要因の一つとされる。タールピットに嵌った獲物を狙い、自らも沼に脚を取られて死んだとおぼしき化石も発見されている[3]。絶滅時期にはヒトはまだアメリカ大陸に進出していないので、間接的にヒトの影響があったとする説には根拠がない[4]

分布[編集]

南北アメリカ大陸に生息。カリフォルニア州ランチョ・ラ・ブレアのタールピット(La Brea Tar Pits)においてダイアウルフテラトルニスなどとともに多数の化石が発見されている[1][3]。数は2,000体以上[2]で、これはダイアウルフに次いで多い[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『絶滅哺乳類図鑑』 94頁
  2. ^ a b c d 『恐竜博物図鑑』 192頁
  3. ^ a b c d e 『絶滅巨大獣の百科』 129頁
  4. ^ a b c 『よみがえる恐竜・古生物』 188頁
  5. ^ SF作家H.G.ウェルズによるもの
  6. ^ 『サーベルタイガーとマンモスはどちらが強かったか』109頁。
  7. ^ 現生のライオンなどは獲物の頸椎脊椎の破壊、喉や鼻先を咬んでの窒息死、あるいは発達した顎での噛み砕きなどの手段で獲物を仕留めるのに対し、剣歯虎は喉元の気管や動脈を切り裂いて致命傷を与えたとされる。ゾウなどの大型の獲物は失血死を狙ったと推定されている。また犬歯に比べれば小さいとはいえ切歯裂肉歯も健在であり、獲物の肉や骨を十分に咬みちぎり、砕いて飲み込む事は可能であった『サーベルタイガーとマンモスはどちらが強かったか』 109 - 110頁
  8. ^ 『脊椎動物の進化』 386頁

関連項目[編集]

同時代の生物
巨大な犬歯をもつ他の化石生物

参考文献[編集]