ラ・ブレア・タールピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯34度3分46.18秒 西経118度21分21.57秒 / 北緯34.0628278度 西経118.3559917度 / 34.0628278; -118.3559917

2008年の地下タールピット発見現場
メタンガスがアスファルトの泡をつくる
1910年当時のラ・ブレア、遠くに油田の採掘櫓が見える
Hydrophilus sp.

ラ・ブレア・タールピット(La Brea Tar Pits)はアメリカカリフォルニア州ロサンゼルス市内にある天然アスファルトの池である。その数は100に上り、1915年以降にハンコック公園として保存され、保存に貢献した実業家ジョージ・C・ペイジを記念した博物館にタールピットで発見された動植物や人骨が陳列されている。1963年、National Natural Landmarkに登録された。

概要[編集]

この地は、1828年、メキシコ政府の払い下げ地ランチョ・ラ・ブレア(タールの牧場の意)の一部となった[1]

ブレアとはスペイン語タールのことで、同じ地名がトリニダード・トバゴにあり、ピッチ湖と呼ばれる世界最大のアスファルト湖がある。現在タールは石炭乾留で出来るコールタールを指し、石油から天然に、あるいは人工的に出来るものをアスファルトと呼ぶ。ラ・ブレアの場合、近くのソルトレイク油田から地下の断層を伝って地表に到達した石油の軽質分が蒸発し、一緒に出てきた水の作用で重質のアスファルトに変化したものである。メタンガスも出るため、ぶくぶくと泉のように湧き出ているのが観察される。カリフォルニア大学の調査でメタンは数百種のバクテリアが石油を分解した結果であるという。

化石の発見[編集]

最初の発見記録は1769年のスペイン人探検家によるもので[2]、多数の池からタールと水が泉のように噴き出ていた。タールピットの表面は水に覆われ、この水を求めて太古の動物たちが集まり溺れてタールに閉じ込められた。科学的年代測定で最古の動物は38千年前、人骨は9千年前のものと分かった。1875年、Henry Hancock(ランチョの所有者)が剣歯虎の歯をボストン自然教会のWillian Dentonに寄贈したことから化石と判明した。Dentonがこの地を訪れ、ウマや鳥の化石を発見している[1]

昔、タールを船の水漏れ防止に使ったという。 最近でも建物の地盤工事や地下鉄工事で地下のタールピットが発見される。

脚注[編集]

  1. ^ a b P.A.セルデン・J.R.ナッズ著、鎮西清高訳『世界の化石遺産 -化石生態系の進化-』 朝倉書店 2009年 144ページ
  2. ^ 広大なタールの沼地

参考文献[編集]

関連項目[編集]