切歯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤い部分がヒトの切歯

切歯(せっし、Incisor)は異歯型哺乳類中の1番目のである。ヒトでは切歯と呼び、動物では門歯(もんし、英語は同じ Incisor)と呼ぶことが多い。ヒトの場合、前歯を構成する歯である。ヒトウマのような多くの草食性雑食性の哺乳類は、この切歯によって食物をかみ切ることに適応している。一方、ネコイヌのような肉食性の動物では、切歯が小さく、かみ切る力は比較的弱く、肉をかみ切るには主に犬歯裂肉歯を使う。かれらはこの小さな切歯を毛繕いに用いている。ゾウは、上顎切歯が変化したものである。ネズミ目の切歯は生涯成長し続け、物を齧る事で磨り減っていく。 ヒトは、上下の中切歯4本、上下の側切歯4本の計8本(上下各左右2対)の切歯をもっている。他の霊長類、ネコ、ウマ等は12本(上下各左右3対)の切歯をもっている。ネズミ目の切歯は4本(上下各左右1対)である。ウサギ目の動物はかつてネズミ目に含まれると考えられていたが、切歯を8本(上下各左右2対)持っていることにより識別された。

なお、ヒトの切歯もかつては上下各左右3対がにあったが、進化の途上で1対が失われた。失われたのはもっとも近心側の切歯であると考えられており、上顎中切歯間の口蓋側にまれに萌出する正中過剰歯は、その名残であるとされる。

ヒトの切歯[編集]

名称[編集]

現在、最も使われているのは、dens incisivus,Incisorの訳語として作られた切歯であるが、この他にもいくつかの名称がある。和名類聚抄には板齒との記載があり、この名称は解体新書でも使われている[1]。明治の初期の解剖学の書籍では、「門齒」という言葉が出てくる他、「前齒」という表記を犬歯と区別して切歯を示す言葉として使用している[1]。(現在では前歯という言葉は切歯と犬歯の両方を指す言葉である。)切歯という言葉が出てくるのは明治10年頃からである[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 本間邦則「歯の名称の変遷について」、『日本歯科医史学会会誌』第10巻第1号、日本歯科医史学会1983年8月1日、 14-15頁、 ISSN 0287-2919NAID 110007155372