ゴルゴノプス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴノプス
ゴルゴノプスの復元図
ゴルゴノプスの復元想像図
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
階級なし : 獣歯類 Theriodontia
亜目 : ゴルゴノプス亜目 Gorgonopsia
: ゴルゴノプス科 Gorgonopsidae
: ゴルゴノプス属 Gorgonops
学名
Gorgonops
Owen1878
  • G. torvus模式種
  • G. longifrons
  • G. whaitsi
  • ?G. dixeyi
  • ?G. kaiseri
  • ?G. eupachygnathus

ゴルゴノプス (Gorgonops) は古生代ペルム紀後期の約2億4,800万年前に現在の南アフリカに生存していた単弓類絶滅した属名の由来は、ギリシア神話ゴルゴーンから。1876年、リチャード・オーウェンによって命名された。模式種は G.torvus。当時としては極めて強力な捕食者であったが、ペルム紀末(P-T境界)の大絶滅を生き延びる事は出来なかった。

特徴[編集]

全長2メートル程の大型の捕食者。ペルム紀に繁栄した捕食者、ゴルゴノプス亜目の代表的なである。同グループには、最大種イノストランケビアの様に、4メートル以上に達するものも存在した。

下顎下端に達する程の長い犬歯と発達した切歯を持ち、顎関節は90度近く開いた。また、筋突起も発達し、咬む力も大きかったと思われる。彼らはこれで、ディノケファルス類ディキノドン類パレイアサウルス類などを捕食していたと思われる。特にパレイアサウルス類は皆、皮骨性の装甲をまとっていた為、長大な犬歯はそれを貫く為のものだったのではないかと言われる。

顎骨に多数の小さな窪みがあり、これは洞毛の痕跡ではないかといわれる。この事から、既に体毛を持ち体温の保持が出来たとも考えられる。

分布[編集]

南アフリカカルー盆地などから化石が出土している。

関連項目[編集]