ゴルゴノプス亜目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴルゴノプス亜目
イノストランケビアの復元図
イノストランケビアの復元想像図
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
( 階級なし) 獣歯類 Theriodontia
亜目 : ゴルゴノプス亜目 Gorgonopsia
学名
Gorgonopsia
Seeley, 1895
本文参照

ゴルゴノプス亜目(Gorgonopsia または、ゴルゴノプス類・Gorgonopsid)は、四肢動物上綱 - 単弓綱 - 獣弓目絶滅分類群の一つ。古生代ペルム紀後期に繁栄し、大型の捕食者を輩出した。

進化史[編集]

ゴルゴノプス亜目は、中期ペルム紀に現れたとされる。初期のグループは、イヌ程の大きさであった。しかし後期初頭、アンテオサウルスなど肉食ディノケファルス類の衰退に乗じて大型捕食者のニッチを埋めた。身体のサイズはリカエノプスなど大型犬程のものからイノストランケビアの様にサイ並に大型化したものもある。こうしてペルム紀後期に繁栄の頂点を迎えたものの、ペルム紀末期の大量絶滅P-T境界)は生き延びる事が出来なかった。

特徴[編集]

ゴルゴノプス亜目の特徴としてはまず第一に、大型のものでは20センチメートル近くになるその長大な犬歯が挙げられる。この犬歯を納めるために吻部は上下に高さがあるが、それでも大半の属の上顎犬歯は下顎下端近くまで達し、また一部の属では下顎から先が飛び出してしまっている。これを効率的に獲物に打ち込むために顎関節は90度近く開き、筋突起も発達していた。また、もう一方の付着部である側頭窓も眼窩よりも大きくなっていた。更には切歯も発達し、効率よく肉を引き千切ることができた。かれらはこので、ディノケファルス類ディキノドン類パレイアサウルス類などを襲い、捕食していたと思われる。

四肢は比較的走行に適した形状となっていたが、上腕骨は水平に近い位置にあり、ワニに似た形態。爬行あるいは中腰での歩行を行っていたと推定される。

体表に関しては、軟組織であるので化石からの推定は難しい。ただし、より古い形質を持つディノケファルス類のエステメノスクスの化石に残されていた皮膚表面にはは存在しなかった。また、ゴルゴノプス類の一部の属(レオントケファルスなど)では部骨格表面に小さな窪みが多数確認されている。これは、洞毛の痕跡と見られている。しかし、ヒトなど洞毛を持たないものを除く全ての哺乳類は発生段階において、洞毛の後に体毛が生じている事から、この段階において体毛を獲得していたとは断定出来ない。が、ペルム紀の獣弓類が「原毛」というべき構造を備えていた可能性が指摘されている。

分布[編集]

南アフリカから多数の化石が出土。イノストランケビアなど一部のグループはロシアにも分布をひろげていた。

系統[編集]

以下の分類は、一例に過ぎない事に注意。

下位分類[編集]

参考文献[編集]