カルー超層群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルー超層群
年代: 後期石炭紀 - 前期ジュラ紀
種別 地層
岩質
主な岩石 頁岩砂岩
所在地
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
ザンビアの旗 ザンビア
ジンバブエの旗 ジンバブエ
マラウイの旗 マラウイ
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学
テンプレートを表示

カルー超層群(カルーちょうそうぐん、: Karoo Supergroup)は、南部アフリカの面積の3分の2を覆い、南アフリカからザンビアジンバブエマラウィに広がる超層群[1]頁岩砂岩から成る、後期石炭紀から前期ジュラ紀に及ぶ地層である。下位から上位にかけて、ドゥワイカ層群英語版エッカ層群英語版ボーフォート層群英語版ストームバーグ層群英語版などに分けられる。

パンゲア超大陸の形成と分裂を通じて形成され、ゴンドワナ大陸パンタラッサ海の境界に堆積したと考えられる。南アフリカ・カルー盆地では厚さは12kmになり、その上に厚さ1.4kmの玄武岩溶岩が被さる。

化石としては、植物昆虫爬虫類が見られ、ペルム紀からジュラ紀の非海成地層の世界標準として使われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 超層群とは、地層区分で最も大きい単位で、を超えた長い地質時代に亘る。

関連項目[編集]