エオティタノスクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エオティタノスクス
エオティタノスクス
地質時代
ペルム紀後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 四肢動物上綱 Tetrapoda
: 単弓綱 Synapsida
: 獣弓目 Therapsida
亜目 : ビアルモスクス亜目 Biarmosuchia
: エオティタノスクス科 Eotitanosuchidae
: エオティタノスクス属 Eotitanosuchus
学名
Eotitanosuchus
Tchudinov, 1960
  • E. olsoni

 

エオティタノスクス (Eotitanosuchus) は、ペルム紀後期に生息した、大型肉食単弓類絶滅した。単弓綱 - 獣弓目 - 獣歯類 - エオティタノスクス科に属する。学名は、「夜明けの巨大なワニ」。

特徴[編集]

発見された標本は頭骨のみであるので、その身体の特徴までは不明である。がっちりした作りの頭骨は縦に長く、鼻孔の位置は高い。これにより、半水性であったという説もある。顎には長い犬歯を持っていた。水中に潜み、この犬歯で水辺に近づく生物を不意打ちし、捕食していたといわれる。

大きさに関しては、復元された頭蓋は33cm。ただしこれは若い個体のものであったともいわれる。ロシアイシューボから発見された断片的な上顎には20cm以上の巨大な犬歯がついており、頭蓋長は推定で1mにもなるという。全長に関しては、もしその体型がゴルゴノプス型であるのならば約6m、ビアルモスクスの様に長い尾を持つのならば7~8mといわれている。だが、これは推測の域を出るものではない。

分布[編集]

ヨーロッパ・ロシアなどから化石が出土。

参考文献[編集]